アメリカ国立公園 豆辞典 トップ > その他のアメリカ国立公園 (U.S. National Parks - Others)

他の豆辞典
オリンピック ノース・カスケード クレーター・レイク ラッセン火山 キングス・キャニオン デス・バレー アーチーズ キャニオンランズ キャピトル・リーフ ブラック・キャニオン メサ・ベルデ 化石の森 バッドランズ デビルズ・タワー マウント・ラッシュモア
コンテンツ目次
 
6) カナディアン・ロッキー
7) 北米旅行の基礎知識
8) 厳選旅行リンク集
9) 海外旅行 ショップ
 
米国立公園地図
スライドショー
関連外部リンク
アメリカ国立公園局 (NPS)
オリンピック
ノース・カスケード
クレーター・レイク
ラッセン火山
セコイア・キングス・キャニオン
デス・バレー
アーチーズ
キャニオンランズ
キャピトル・リーフ
ブラック・キャニオン
メサ・ヴェルデ
化石の森
バッドランズ
デビルズ・タワー
マウント・ラッシュモア

Wikitravel (Nat'l Parks)
National Geographic


Google
Web Mamejiten.com
 
豆辞典ドットコムが選んだ
アメリカ国立公園 トップ 10
その他のアメリカ国立公園
オリンピック   オリンピック (Olympic) 国立公園  (オススメ度)
ワシントン州の シアトル (Seattle) から タコマ (Tacoma) にまで伸びる湾を隔てて 東の対岸にあるオリンピック半島 (Olympic Peninsula) にあって、その面積が 神奈川県の約 1.5倍 (3,734 km²) という比較的大きな国立公園だ。1981年に世界遺産に登録された。その見所は、1) オリンピック山脈、2) 温帯雨林、3) 太平洋の海岸線 とバラエティーに富んでいる。
ノース・カスケード   ノース・カスケード (North Cascade) 国立公園 
ワシントン州北部のカスケード山脈 (Cascade Range) にある国立公園で、その北端はカナダのブリティッシュ・コロンビア州に接し、公園内には 300 以上とも言われる 多数の氷河がある。公園は起伏に富んだ山の峰と氷河が特徴であるが、その中心にある ロス・レイク (Ross Lake) 周辺には多数のハイキング・トレイル、ピクニック・エリア、キャンピング・グラウンドなどがあり、バック・パッカーに人気のある所だ。
クレーターレイク   クレーター・レイク (Crater Lake) 国立公園 
オレゴン州南部にある国立公園で、その中心にある湖の美しさで知られる国立公園である、そのカルデラ湖は、そこへ流入する川も、そこから流出する川も持たず、また、湖水が 極めて 青く澄んでいるのが特徴だ。その湖の周縁部は 2,100 から 2,400 m の高さがあり、湖面の標高は 1,883 m とされているから、湖の周りを一周する周遊道路の各所にある ビュー・ポイントから その美しい湖を 見下ろして楽しむことが出来る。
ラッセン火山   ラッセン火山 (Lassen Volcanic) 国立公園 
カリフォルニア州北中央部のサクラメント・ヴァレー北端にあり、1916年と早くに国立公園に指定された。公園の中心はラッセン山 (Lassen Peak - 3187m) で、公園西部には溶岩流によって生み出された 大きな溶岩尖塔、ギザギザの噴火口、湯気を出す硫黄の噴気孔などがある。公園へはカリフォルニア州道 89号線で行くことができ、89号線は そのメイン・パーク・ロード (Main Park Road) として、公園を南北に走っている。
キングス・キャニオン   キングス・キャニオン (Kings Canyon) 国立公園 
シエラネバダ山脈南部の東側、ヨセミテ国立公園の南、車で約 3時間の距離にある公園で 南側に隣接するセコイア国立公園と一緒に 国立公園局によって一つの単位として管理されており、セコイア・キングズキャニオン国立公園とも呼ばれる。セコイア国立公園ヨセミテ国立公園と共に 1890年設立されており、イエローストーンに次いで古い国立公園であるが、キングズ・キャニオンは その 50年後の 1940年に国立公園に指定されている。
デス・バレー   デス・バレー (Death Valley) 国立公園 
その大部分は、カリフォルニア州であるが、一部をネバダ州が占めており、総面積は 13,158 km² (長野県とほぼ同じ) で、アラスカを除く全米の国立公園中、最も大きな公園である。アメリカの国立公園の中で最も暑く、最も乾燥したところだが、公園内には、過酷な砂漠環境に適応した多くの種の動植物が生息している。また、バッドウォーターは 西半球で最も海抜の低い (-86 m) ところとして有名だ。
アーチーズ  

アーチーズ (Arches) 国立公園 
1929年創立のこの公園は、ユタ州、モアブ (Moab) のすぐ近くに位置し、総面積が 309 km² とアメリカの国立公園としては 比較的 規模が小さい。しかし、公園内には 自然の力によって出来た 2,000以上の砂岩のアーチと カラフルでユニークな形状をした奇岩が多数見られ 岩の博物館と言った観がある。US-191 を挟んで 南西には 1時間とかからない距離に キャニオンランズ国立公園がある。

  キャニオンランズ (Canyonlands) 国立公園 
アーチーズ国立公園 同様、ユタ州南東部、モアブ (Moab) の近くにある国立公園である。その面積は 1,366 km² とアーチーズ 3倍以上の面積を有する。コロラド川とグリーン川によって浸食された峡谷で、二つの川が公園内で合流しているため、公園は 川によって隔てられた 三つの地区 1) アイランド・イン・ザ・スカイ (Island in the Sky)、2) ニードルズ (Needles)、3) メイズ (Maze) に分けられる。
キャピトル・リーフ   キャピトル・リーフ (Capitol Reef) 国立公園 
ブライス・キャニオンから UT-12 でアクセスすることも出来るが、キャニオンを抜ける曲がりくねった細い道のドライブは大変だ。むしろ、I-70 から UT-24 でアクセスするの方が道は良く 一般的だが、いずれにしてもアクセスは悪い。6.500万年前の地殻変動によって創造されたというこの地形は、その後、風雨にさらされ、浸食を受け 現在の鮮やかな色をした砂岩の崖と様々な色の土の層で満ちている。
ブラック・キャニオン   ブラック・キャニオン (Black Canyon) 国立公園 
コロラド州西部を流れるガニソン川の侵食によって造られた急勾配の渓谷を見下ろすことの出来る公園だが、その面積は 122 km2 と 比較的 小規模な国立公園である。渓谷南側のサウス・リムと北側のノース・リムに それぞれ険しい渓谷を見下ろせる ビュー・ポイントが多数作られているが、アクセスが良く、モントローズ (Montrose) という 少し大きな町の近くに位置するサウス・リムに より多くの観光客が訪れる。
メサ・ベルデ   メサ・ベルデ (Mesa Verde) 国立公園 
コロラド州南西部に位置する プエブロ・インディアンのアナサジ族が残した 岩の洞穴に作られた 岩窟住居の集落遺跡群がある所で 世界遺産にも登録されている。メサ・ヴェルデ (Mesa Verde) とは スペイン語で 緑の台地という意味だが、その岩窟住居は 12世紀頃に作られたとされており、それぞれの岩窟住居には名前が付けられているが、クリフ・パレス (Cliff Palace) と呼ばれるものが公園内最大で、その部屋数は 200 室にも上る。
化石の森   化石の森 (Pertified Forest) 国立公園 
アリゾナ州 北東部のアパッチとナバホ・カウンティの境界線を またいだエリアにあり、色彩豊かな 珪化木、即ち、化石化した樹木が大量にあることで知られる公園である。珪化木は古代に何らかの理由で地中に埋もれた木にケイ酸を含有した地下水が入り込み、それが長い年月の間に地層の圧力を受けて樹木の原型を留めたまま シリカ (SiO2) に変化したもので、石英や水晶などの様に固くなり 化石化したものである。
バッドランズ   バッドランズ (Badlands) 国立公園 
サウスダコタ州の南西部のプレーリーと呼ばれる大平原地帯の中にある岩山と草原の不思議の国のワンダーランドだ。ラピッドシティ (Rapid City) から I-90 を東に車で 150 km ほど行ったウォール (Wall) という小さな町の近くにある。化石の道 (Fossile Exhibit Trail) では 3400万年から 2500万年前の化石が見られる。また、バイソン、プレイリードッグ、マウンテン・ゴートなどが生息している。
ウィンド・ケーブ   ウィンド・ケーブ (Wind Cave) 国立公園 
1903年に設立されたとアメリカで 7番目に古い国立公園で、その名のとおり 風の洞穴 (cave) が トレードマークになっているが、その洞穴は 総延長が 214km という巨大なものである。しかし、その巨大な洞窟が外気と通じる穴は極めて小さなものがあるだけで、そこには洞穴内部の気圧と外気圧との気圧差によって起こる かなりのスピードの風 (barometric winds) が吹くという珍しい現象が見られる。
セオドア・ルーズベルト   セオドア・ルーズベルト (Theodore Roosevelt) 国立公園 
ノースダコタ州西部の悪地 (Badland) にある国立公園で、第 26代・合衆国大統領のセオドア・ルーズベルト (Theodore Roosevelt) が 数年間を過ごした牧場のあった地であることに因み、その名称が付けられた。この辺り一帯には大草原が広がるが、痩せた土地で 農地としては勿論のこと、牧場を運営するのも大変な所だ。公園は そんな土地に残っている大自然を見ることの出来る場所だが、その光景は決して絶景と言えるものではない。
デビルス・タワー  

デビルス・タワー (Devils Tower National Monument) 
ワイオミング州 北東部、サウスダコタ州との州境に近い所にある。1906年に 米国初のナショナル・モニュメントだ。広大な平原に忽然と現れたように見えるタワーの形 (高さ 386m)、垂直方向の割れ目、そして、岩の色は 極めて神秘的で 昔から信仰のシンボルの役割を果たしてきたようだ。1977年のスティーブン・スピルバーグ監督の映画 「未知との遭遇」 の宇宙船が降りるシーンで 一躍有名になった。

マウント・ラッシュモア  

マウント・ラッシュモア (Mount Rushmore National Memorial Park) 
サウスダコタ州、ラピッドシティーの南に位置し、アメリカを代表する四人の大統領 (ジョージ・ワシントン、トーマス・ジェファーソン、セオドア・ルーズベルトとエイブラハム・リンカーン) の顔が ラッシュモア山の岩に彫刻されている。1927年から 1941年まで 14年間をかけて、400人の作業員を使って 彫ったものだが、近年は、再開発事業がおこなわれ、新ビジターセンターほか、周辺の施設が整備された。

アメリカ現地ツアー
www.mamejiten.com - all rights reserved Expedia - 最低価格保証 世界最大の旅行サイト 本 HP 利用上の注意