コンテンツ目次

米国立公園地図
スライドショー

関連外部リンク


ヨセミテ国立公園 (Yosemite National Park)

クリックで地図をオープンヨセミテ国立公園 (1890年創設) は カリフォルニア州東部を縦貫するシエラ・ネバダ山脈の一角にあって その面積が 東京都の約 1.5倍 (3,045 km²) という中規模の公園だが、見所は とても多い。サンフランシスコから 車で約 5 時間 (ロスアンゼルスからは 約 7 時間) の距離にあり 日本からのアクセスも比較的良く 大変人気の高い国立公園の一つだ。氷河によって作られた ヨセミテ・バレーが公園の中心で、そこから見上げる岩峰(エル・キャピタン、ハーフドームなど)と滝(ヨセミテ・フォール、ブライダルベール・フォールなど)、そして、山頂(グレーシャー・ポイント)から見るシエラ・ネバダ連峰の尾根と眼下に見えるヨセミテ・バレーや幾つもの滝の景観は、当に 「神々が遊ぶ庭園」 と言うに相応しい。また、公園の南ゲートの近くにある樹齢 2000年を超える巨木セコイアの森(マリポサ・グローブ)も一見の価値がある。(上の小さな地図をクリックでインターアクティブなグーグル・マップが開きます。)

見所

スライドショー・ボタン公園の中心は ヨセミテ・バレーで、そこから見える周りの岩峰(エル・キャピタン、ハーフ・ドーム、センチネル・ロックなど)や滝(ヨセミテ滝、ブライダルベール滝)の眺めは なかなかのものである。また、バレーとその周りの山や滝を眺めることのできる ビュー・ポイント(トンネル・ビュー、グレーシャー・ポイントなど)からの景色は この世のものとは思えないような美しさだ。

(A) バレーとその周辺

クリックで拡大写真を開く
バレーに入って まず始めに目に入るのが 世界最大の花崗岩の一枚岩といわれるエル・キャピタン、そして、その向かいにある滝、ブライダルベール・フォール。その両者を見ることが出来るのが バレー・ビューだ。さらに、バレーを入った所が バレーの中心で、ビジター・センター、ミュージアム、大きなホテル (Ahwanee Hotel) などがある。その近くにある大きな滝が、ヨセミテのシンボルである滝、ヨセミテ・フォールと その奥に見える 丸いドームを半分に切り落としたような岩、ハーフ・ドームである。バレーの奥にひっそりとたたずむミラー・レイクへのトレイルを歩いて見るのもオススメ。

(B) バレーを見下ろすビュー・ポイント

クリックで拡大写真を開く
バレーから公園の南に向かって走る道路 (CA-41) が トンネルに差し掛かる手前にあるのが トンネル・ビュー (Tunnel View) で ここからの眺めは (このページのトップの写真にもなっているが) 絶景だ。そして、ビレッジの南の絶壁の頂上にあるのが グレーシャー・ポイント (Glacier Point) の展望ポイントで、ここからの眺めも素晴らしい。この展望台からは、勿論、バレーを眼下に見下ろすことができるが、ハーフ・ドームが正面に大きく見え、その周りの滝や森を見下ろすように見ることが出来る。夕日の時に訪れて、暗くなるまで ここで景色を楽しむというのもオススメ。

(C) マリポサ・グローブ (巨木セコイアの森)

クリックで拡大写真を開く
公園の南の端にあるマリポサ・グローブ (Mariposa Grove) へは、バレーから 1時間半ほどかかるが、時間が許す限り訪ねて見よう。世界一大きな植物といわれるセコイアの木の森が そこにはある。樹齢 2000年を越すセコイアの木が 林立する森は、歩いて回ることもできるが、トラムというトラックが台車を引っ張る観光用の乗り物に乗って (一時間程度で 日本語のテープの説明を聞きながら) 見ると興味深い説明を聞きながら見ることが出来るからオススメだ。セコイア国立公園のセコイアの木に見劣りしない巨木を 沢山 見ることが出来る。

(D) その他の見所

クリックで拡大写真を開く
ヨセミテ・バレーの北を東に走って、シエラネバダ山脈の東側に抜ける道が タイオガ・ロード (Tioga Road) で、その道路沿いには、ロッジや幾つかの見所 (オルムステッド・ポイント、テナヤ・レイクなど) がある。また、さらに北のヘッチ・ヘッチーには、ダムとそのダムによって作られた貯水湖がある。どちらもバレーからは、遠いので、時間に余裕のない人にはオススメのポイントではない。なお、マリポサ・ポイントの少し北にあるワウォナ・ホテル (Wawona Hotel) は 1879年建造のビクトリア調の木造ホテルで 国立公園には珍しい ゴルフコースもある。

公園へのアクセス

公園には 西に 2 つ、南に 1 つ、そして、東に 1つあるゲートからアクセス出来るが、東ゲート (Tioga Pass) は 冬の間 クローズするので要注意。日本から行く場合は サンフランシスコ経由で行くことが 最も一般的で、その場合は ベイブリッジを渡り I-580 を 東に、さらに I-205、I-5、CA-120 と乗り継いで マンテカへ。そこから、さらに CA-120 を東に 115 マイル走ったところにあるゲート (Big Oak Flat Entrance) から入園するのがベスト。また、フレスノ (Fresno) まで飛行機で移動し、南のゲートから入るルートでも良いだろう。南ゲートまでは、車で 2時間程度で、そこからバレーまでは、さらに、1時間半ほどのドライブになる。ロスアンゼルスからドライブする場合は、フレスノ経由となる。

計画の立て方

ヨセミテは 車がなくとも見学できる公園の一つである。公園の大きさや見所を考えると二泊三日くらいのスケジュールで、ハイキング・トレイルを歩いたりして自然を肌で感じることの出来るアクティビティーに積極的に参加して欲しい。そのためにも 園内の宿泊施設に泊まることが理想ではあるが Yosemite West や Mariposa など近隣にあるモーテルなどを利用しても良いだろう。なお、朝早くに公園に入り、夕方までの時間で (A) (B) (C) の見所をサーっと見て回ることは 道路状況が悪くなければ 可能だろう。ただ、車をドライブしていく場合は道路の状況を事前に良くチェックすると良いだろう。(近年は道路工事も多く、道路がクローズされたり、長い間待たされたりすることも少なくない。)
∆ トップに戻る
www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意