コンテンツ目次

米国立公園地図
スライドショー

関連外部リンク


イエローストーン国立公園 (Yellowstone National Park)

クリックで地図をオープン イエローストーン国立公園は 1872年に創設された アメリカ最古の国立公園である。四国の約半分という大きさの広大な敷地(8,984 km²)には この国立公園のシンボルになっているガイザー(間欠泉)とホット・スプリング(温泉)が多数存在する。また、公園東部にはイエローストーン川が流れる大渓谷と滝の美しい景観を 色々なポイントから見て楽しむことが出来る。イエローストーンという名前は、この大渓谷の絶壁の岩の色が黄色いことに由来しているそうだ。一方、公園南東部には 大きなイエローストーン湖があり、その周辺には ハクトウ鷲、ムースなどが生息する。また、バレーには、グリズリーやブラック・ベアー、狼、そして、バイソン(バッファロー)やエルクのほか、珍しい動物が多数生息しており、そうした動物を見に アニマル・ウォッチャーが数多く訪れる場所でもある。(上の小さな地図をクリックでインターアクティブなグーグル・マップが開きます。)

見 所

スライドショー・ボタン広大な公園は 大きく 5つのエリア、即ち、1) ガイザー・カントリー(Old Faithful を中心とする一帯)、 2) マンモス・カントリー(Mommoth Hot Springs を中心とする一帯)、3) キャニオン・カントリー(イエローストーン大渓谷のある一帯)、4) ルーズベルト・カントリー(ラマー・バレーを中心とする一帯)、5) レイク・カントリー(Yellowstone Lake を中心とする一帯)に分けられる。 一日ですべての観光スポットをじっくり見て回ることはできないので、最低でも二日は観光のための時間を準備して欲しい。

(A) ガイザー・カントリー (Old Faithfull/Geyser Basin)

この公園の中を 8の字に走る周遊道路の南西側は ガイザー (間欠泉) とホット・スプリングが数多くある地域だ。中でも、オールド・フェイスフルの間欠泉は 噴出する湯の高さが 50m前後と高いだけでなく、それが噴出する頻度が約一時間と比較的短く (この傍には ビジターセンターやロッジなどもあることから) これを見に訪れる人の数は 非常に多い。(通常は 大きな間欠泉ほど噴出の間隔が長く、年に数回しか噴出しないものもある。) しかし、ガイザー・カントリーに点在する ガイザーとホット・スプリングは どれもそれぞれ特徴があり 魅力的で 訪れる価値が高い。 » More

(B) マンモス・カントリー (Mommoth Hot Springs)

北ゲートから入って 5 マイル程の所にあるビレッジがマンモス・ホット・スプリングだ。ここには 唯一冬の間でもオープンしている所で ビジターセンターやロッジなどがある。地下深くから湧き出てくる温泉に含まれる石灰分によって形成される巨大なテラス (右の写真参照) が広範囲に亘って見られるところだ。テラスによっては 多量の石灰が湧き出ているので その形や色は一週間単位で変わっているそうだ。テラスは 大きくローワー・テラスとアッパー・テラスに分けられるが、近年は ローワー・テラスの活動が 若干 弱まっているようだ。 » More

(C) キャニオン・カントリー (イエローストーン大渓谷)

Canyon
イエローストーン湖の北に流れ出るイエローストーン川がヘイデン・バレー (Hayden Valle) を抜けた先にあるのがイエローストーンのグランドキャニオン (Grand Canyon of Yellowstone) と呼ばれるイエローストーン大渓谷である。32km にわたって続く渓谷には 二つの大きな滝 (Upper Fall と Lower Fall) と黄色の岩の絶壁の渓谷があり、その景観は迫力満点。特に、4 km のノース・リム・ドライブ (North Rim Drive) には 滝のすぐ近くまで行くことの出来るトレイルもあるので、それらのトレイルを歩いて滝の水が足元から滝壺に落ちて行く迫力あるシーンを見てみよう。 » More

(D) ルーズベルト・カントリー (ラマー・バレー)

キャニオン・カントリーの北にある峠を抜けたところがルーズベルト・カントリーで、その中心となるルーズベルト・ビレッジには 素朴なレストランと宿泊設備がある。そして、その近くの タワー滝 (Tower Fall) は見所。また、ルーズベルト・ビレッジ (Tower Junction) から公園の北東のゲートに向かってラマー川沿いに走る道路沿いの一帯は ラマー・バレー (Lamar Valley) と呼ばれるところだ。この一帯は、これと言った見所がないと思われるかも知れないが、実は 様々な野生動物が生息しており、アニマル・ウォッチャーが好んで訪れる場所である。 » More

(E) イエローストーン・カントリー (Yellowstone Lake)

Yellowstone Lake
イエローストーン湖はカルデラ湖で その大きさは琵琶湖の約半分という大きな湖である。広々とした湖面とそれを取り囲む山々の景観が美しく、ボートに乗ったり、レイク・クルーズでそうした景色を楽しんで見るのも良いだろう。湖西のウエスト・サムと呼ばれるエリアや湖の北を走るイーストゲートへの道路沿いには 熱水と蒸気が噴出している湖畔の温泉なども見られる。なお、イエローストーン湖の北部に広がる森林は、1988年の大火災の爪あとを色濃く残しており、黒焦げになった木々の森林が 今でも そのまま広範囲にわたって残っている。 » More

(F) 野生動物 (Wild Life)

Wild Animal
アメリカの国立公園は 自然と野生動物の保護を 大きな目的の一つとしており、多くの国立公園で野生動物を身近に見ることが出来るが、どの国立公園よりもそれが出来るのがイエローストーンだ。至る所で 道路を我が物顔で 闊歩するバイソン(バッファロー)を見ることが出来る。その他にも、ハクトウ鷲、グリズリーやブラック・ベアー、エルク、プロングホーン、ムース、ミュールジカ、そして、狼なども生息している。主に、狼や熊を見る目的でアニマル・ウォッチャーが立派な望遠鏡を立てて道路の脇に並んでいる姿を見かけたら、立ち寄って話しを聞いてみよう。 » More

公園へのアクセス

交通機関公園には 東西南北 5 箇所にあるゲートからアクセス出来るが、北ゲート以外は 冬だけでなく晩秋から春まで クローズするので要注意。最寄の空港は 西ゲートの近くにあるウエスト・イエローストーン (West Yellowstone) 空港、また、南に隣接するグランド ティートン国立公園の南にあるジャクソン (Jackson) 空港がある。バスツアーで見学する場合は ウエスト・イエローストーンからのアクセスが便利だ。日本から直行便が飛んでいるソルトレイク・シティー (Salt Lake City) から車で行く場合は、I-15 を北上し アイダホ・フォールズ (Idaho Falls) で US-20 に乗るルート (390 Miles) が最も便利で 5-6時間。また、アイダホ・フォールズから US-26、US-89 経由でジャクソン (Jackson)、グランド ティートン国立公園経由でイエローストーンに入るルートもオススメ。(ソルトレイク・シティーからのバス・ツアーも多数ある。) なお、イエローストーンを訪れるのであれば、イエローストーンだけでなく 南に隣接する グランド ティートン国立公園も同時に訪れるような計画を立てて欲しい。(ツアーは、この二つの公園を巡る旅になっているものが多い。)

計画の立て方

カレンダーイエローストーンは 車がなくとも見学できる公園の一つであるが、見所が沢山あり そうした所を車でザーと見るだけでも 2-3日は必要と考えるべきで、加えて、南に隣接する グランド ティートン国立公園 も素晴らしい所だから、イエローストーンを訪れる際には 併せて 立ち寄るように計画するのが望ましく、計 5日以上滞在出来るスケジュールを組みたいものである。シーズンは、5月中旬から 10月上旬で 園内にある ロッジやキャビンなどの宿泊施設の予約は 早目に取るようにすることが望ましい。

西ゲートを出た所にあるウエスト・イエローストーンにある宿泊施設に泊まって見学することも可能であるが、公園内の施設に宿泊すれば、朝夕の景色を見たりすることが容易に出来るだけでなく、時間節約のメリットも大きい。また、山の天気は変化が早く、夏に雪が降ることもあるので、キャンプなどをしなくとも 冬の服装をある程度準備して行くと良いだろう。なお、車を運転して訪れる場合は、昼食などをピクニックにするのも楽しく、また、便利で経済的だからオススメであるが、園内には小さなジェネラル・ストアがあるだけだから、クーラー・ボックスに食料品を十分補給しておくと良いだろう。
∆ トップに戻る
∆ トップに戻る
∆ トップに戻る
www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意