アメリカ国立公園 豆辞典 トップ > メサ ヴェルデ 国立公園 (Mesa Verde National Park)

他の豆辞典
メサ ヴェルデ 国立公園 (Mesa Verde National Park)
コンテンツ目次
 
6) カナディアン・ロッキー
7) 北米旅行の基礎知識
8) 厳選旅行リンク集
9) 海外旅行 ショップ
 
米国立公園地図
スライドショー
NPS - メサ・ヴェルデ
メサ ヴェルデ 国立公園 (Mesa Verde National Park)
メサ・ヴェルデ国立公園 (1906年創設) は コロラド州南西部に位置するプエブロ・インディアンのアナサジ族が残した 岩の洞穴に作られた 岩窟住居 (写真上参照) の集落遺跡群がある所で 世界遺産にも登録されている。メサ・ヴェルデ (Mesa Verde) とは スペイン語で 緑の台地という意味だが、その岩窟住居は 12世紀頃に作られたものだと推定されている。それぞれの岩窟住居には名前が付けられているが、クリフ・パレス (Cliff Palace) と呼ばれるものが公園内最大で、その部屋数は 200 室にも上り、最も高い建屋は 4階建てに相当するものだ。なお、クリフ・パレスや ロング・ハウスなど主要な岩窟住居遺跡への立入りは (有料の) 公園・レンジャーが引率するツアーのみで可能になるが、その申し込みは 公園入り口にあるビジター・センターでのみ受け付けているので 公園に入る前に それを済ませる必要がある。公園入り口から遺跡群のあるエリアまでは 車で 30分近く掛かるので 要注意。なお、この公園の近くには大きな都市がないので 日本から訪問するのは比較的大変な場所である。公園入口は コルテツ (Cortez) という町から US 160 を 東に約 9マイル (15 km) 行った所で、コルテツにはモーテル、レストラン、各種ストアなどが多数ある。(写真撮影: 2014/06/10)
www.mamejiten.com - all rights reserved Expedia - 最低価格保証 世界最大の旅行サイト 本 HP 利用上の注意