ゴルフ入門 目次

1. ゴルフのススメ
☆ ゴルフ用語教室
2. ゴルフの学び方
☆ 練習場に行く前に
3. ゴルフ・スイング
☆ ボディターンの基本
4. ショート・ゲーム
5. ゴルフ道具
☆ ゴルフ用品購入前に
☆ 初心者用・セット
6. ルールとマナー
☆ ゴルフの服装
7. コース・デビュー
☆ ゴルフ場に行く前に
☆ スピード・プレー
☆ 初心者向けゴルフ場
ゴルフショップ

コンテンツ目次

ゴルフ入門 - ショート・ゲーム

実際にコースに出て プレーをする時には 前ページで説明したようなフルショットだけでなく、短い距離のショットを コントロールして打つことが 多々出てくる。そうした時に使うショットのことを 総称して ショートゲームと言うが ショートゲームのショットには 下の絵のように ピッチ・ショット、チップ・ショット、バンカー・ショット、パッティングの 4種類がある。


ピッチ・ショットは ボールを フワッと 上げて打つショットで、落下地点までの距離の方が ボールの転がる距離より長いショットである。一方、チップ・ショットは 転がすショットで、ボールの落下地点までの距離より、その後ボールが転がる距離の方が長いようなショットである。バンカー・ショットは 直接ボールを打たない(砂のアクションを 利用する)ショットで、その打ち方は ちょっと 独特なものである。パターは 何種類ものスタイルがあり、最も個性が出るショットといった具合。

ピッチ・ショット:


距離をどのようにコントロールするかが一番のポイントで、バックスイングの大きさを(腕の位置を 時計の針に見立てて)8時、9時といったところで止めて距離と転がりを調整する方法などが良く用いられる。ここでも手打ちにならないよう、体(肩)の回転でボールを打つように注意しよう。(詳細)

チップ・ショット:


ボールを右足の前に置き、小さく クラブを引いて、そこから肩の回転が腕と手をリードするようにしてボールを打つ。バックスイングよりフィニッシュの方が少し高くなるようなイメージで打ち、フィニッシュでは クラブフェースと手の甲がターゲットを指すように。(詳細)

バンカー・ショット:


広めのスタンスでオープンに構え、クラブフェースを開いて アウトサイドインの軌道でボールの 5 - 10センチ手前の砂にクラブを落とすように打つ。早めに手首をコック(折る)させ、そのコックを解かないように打つのがコツ。バンカーはハザードの一種で クラブのソールを砂につけるとルール違反になる。(詳細)

パター:


主に グリーンの上でボールを柔らかく転がし、カップに入れるために使うもので、打ったボールの方向とスピード(距離)の調整を正確にすることが重要。その打ち方には、非常に多くのスタイルがある。(詳細)

ショート・ゲームの練習には サンド・ウェッジを 1本でも練習可能である。パッティングを除く 上述のショットは全て それで練習することが出来るはずだ。



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意