ゴルフ入門 目次

1. ゴルフのススメ
☆ ゴルフ用語教室
2. ゴルフの学び方
☆ 練習場に行く前に
3. ゴルフ・スイング
☆ ボディターンの基本
4. ショート・ゲーム
5. ゴルフ道具
☆ ゴルフ用品購入前に
☆ 初心者用・セット
6. ルールとマナー
☆ ゴルフの服装
7. コース・デビュー
☆ ゴルフ場に行く前に
☆ スピード・プレー
☆ 初心者向けゴルフ場
ゴルフショップ

コンテンツ目次

ゴルフ入門 - ゴルフ道具 概論

ゴルフ道具コースに出るとなると ゴルフクラブのセット、ゴルフ・シューズ、ゴルフ・ボール、それに、ティーやマーカーなどの小物が必要になる。正式なゴルフ競技では 最大 14 本のゴルフクラブまで使用出来ることになっているが、最初は それよりも少ない数のクラブ(例えば、8 - 10 本程度)で プレーをしても構わない。

クラブの種類には (1) ドライバー、(2) フェアウェイウッド、(3) ユーティリティ、(4) アイアン、(5) ウェッジ、(6) パターがあり、打ちたいボールの距離や弾道などに応じて 競技者(ゴルファー)は それらを キャディー・バッグに入れて持ち運び、必要に応じて使い分けることになる。

ドライバー
(1) ドライバー
フェアウェイウッド
(2) フェアウェーウッド
ユーティリティー
(3) ユーティリティー
アイアン
(4) アイアン
ウェッジ
(5) ウェッジ
パター
(6) パター

全てのクラブの中で ドライバー (1) が一番遠くにボールを飛ばせるクラブだが シャフトが長く コントロールの最も難しいクラブとされている。次いで、3番ウッド(スプーンとも呼ばれる)などのフェアウェイウッド (2) があり、最近では、ハイブリッドとかユーティリティ・クラブと呼ばれるクラブ (3) も良く使われる。アイアン(4)は、3番から 9番と ピッチングウェッジまでの 8本セットとして売られているものが一般的だったが、最近はロング・アイアンがない 6本セットが多くなっている。それは 番手の高いフェアウェイウッドやハイブリッドのクラブが普及して来て 3番、4番アイアンなどを セットに入れない人が 増えたためである。 また、サンドウェッジ (5) は クラブフェースの傾き(ロフトと言う)が 最もある クラブで(56°前後)ボールを高く上げたい時に使ったり バンカーで使うクラブで、所謂、ショートゲームには 欠かせないクラブだ。 さらに、グリーン上でボールを転がしてホールに入れるために使うクラブが パター

ゴルフボール一方、ゴルフボールの直径は 約 4.3cm、重さが 約 45g、そして、ボールを最終的に入れるホールの大きさは 直径 4.25 インチ(10.8cm)だ。 » 詳細

ショットをする時は、通常、左手に グリップが 滑らぬようグローブを着用する。また、シューズの底に 滑りを防止するために(ソフト)スパイクが付いた ゴルフシューズを着用するのが 一般的だ。各ホールの最初に打つショットのことを ティーショット と呼び(ティーショットに限り)右の写真のように ティーペッグの上に ボールを乗せて(ティーアップすると言う)打つことが 許される。

ゴルフ場には ドレスコード といって服装に関する決まりがあり、襟の付いていないシャツやジーンズなどではプレーできないコースが多い。ゴルフが、紳士、淑女のゲームとして行われてきた由縁でもある。

なお、規定最大の 14本を使用しなくとも十分プレーは出来るし、クラブは高価なものなので 自分の好みが分かるまでは、中古のクラブや ハーフセット(ウッドとパターの他は ショートアイアンを中心に 4、5本)を使ってプレーをしても良いだろう。ただし、多少、お金を使っても 比較的 しっかりした(少し上手になってからも長く使える)初心者用・ゴルフセットに興味をお持ちの方は、こちらを参照下さい。» 初心者用・ゴルフセット

また、実際に市販されているクラブをご覧になりたい方は 左の ”ギア情報” の ”種類” をクリックして、いろいろな種類のクラブ中から興味のあるアイテムをクリックして下さい。どのようなクラブが どのくらいの値段で売られているのかが分かります。

ビギナー用のセット(一式すべてがセットで売られているもの)に興味のある方は こちらをクリックで。中上級者向けのゴルフ用具に係わる詳しい説明に興味のお持ちの方は » 詳細な道具の説明



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意