ゴルフ豆辞典 トップ > ゴルフ用品メーカー > タイトリスト Pro V1 /V1x ゴルフボール レビュー サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約




タイトリスト Pro V1 /V1x ゴルフボール レビュー
Pro V1タイトリスト (Titleist) が製造、販売しているゴルフボールの最高峰とも言える Pro V1 シリーズは 最も多くのツアー・プロが使用するボールであると同時に、アマチュア上級者の多くが使っているか (価格が高いので使わないが) 使いたいと思っている 人気のゴルフボールである。端的に言って、その理由はショートゲームに重要な スピン性能と打感が良いのに 飛距離も出るボールだからである。

ゴルフ歴の長い人はご存知のように 2000年頃まではショートゲームに必要なスピン性能や打感を重視した糸巻きのバラタ・ボールのような 飛距離ではツーピース・ボールより明らかに飛ばないボールが 殆どのツアー・プロによって使用されていた。しかし、2000年 10月に 米国、ラスベガスで行われた PGA のトーナメントにおいて ソリッド・コアの ウレタン・カバー・ボールである Pro V1 が使われ、それを使用した選手の一人だった ビリー・アンドレード (Billy Andrade) が 優勝をさらって一躍注目を浴びた。そして、その後は状況が一変。殆どのツアー・プロが このタイプのボールを使用するようになった訳だが、そのターニング・ポイントを作ったのが Pro V1 で、その後も ハイ・パフォーマンスの高級ボールのカテゴリーでは 王者の地位を 堅持し続けている。

Pro V1 の性能を他社の類似製品と比較したテスト・データを良く目にするが、そうしたデータの殆どが、Pro V1 は ドライバーでは 高弾道でロー・スピンの打球になり距離が出るにも拘らず、ウェッジではハイ・スピン のボールが打てて 打感も柔らかく、飛ぶのに 止まって コントロールし易いボール だという 高評価のテスト結果を公表している。

Pro V1xタイトリストは、その後 2003年に Pro V1 より 少し硬めで スイング・スピードの速い人には より飛距離の出る Pro V1x を発売し、Pro V1 と V1x という二つのタイプのゴルフボールを 提供するようになった。ただし、ツアー・プロには アダム・スコットのように ヘッド・スピードが速いのに Pro V1 を好む人が居るように、どちらのボールが適していかはヘッド・スピードではなく、好みで決まると言うことだ。

そんな Pro V1/V1x は その後 何度かモデル・チェンジされ、その性能は向上したが、2014年のボールは 2013年に 2011年モデルからモデル・チェンジされた Pro V1 と V1x モデルで、それが最新モデルある。具体的に、近年の変更点は以下のとおりである。

モデル 構造 ディンプル数 コンプレッション その他
2009 Pro V1 3-piece 392 100 ウレタン・カバー
と表面塗装の
材質の順次改善
2011 Pro V1 3-piece 352 low 90s
2013 Pro V1 3-piece 352 high 80s
2009 Pro V1x 4-piece 392 110 ウレタン・カバー
と表面塗装の
材質の順次改善
2011 Pro V1x 4-piece 328 100
2013 Pro V1x 4-piece 328 100 (softer center)

大雑把に言えば、ディンプル数が減り、より柔らかなのに 耐久性に優れ、飛ぶボールに変身してきたと言うことである。ゴルフボールの良し悪しは 基本的に スピン性能、打感、正確さ、飛距離 (芯をはずした時の距離も含め)、直進性/コントロール性能、耐久性などで決まるが (» 詳細) その総合的なパフォーマンスという観点から 最高級なボールが Pro V1 である。 » 商品を見る

ただ、ボールを止めるためのスピン性能や打感と飛距離には二律背反的な関係があり、所謂、ディスタンス系と呼ばれるツーピースのボールには 低価格なのに 飛びだけで比べれば ピナクル・ゴールド FX ロングやテーラーメイド・バーナー EX のように飛ぶボールもある。また、打感という観点からはナイキ・カーマのように 多少飛距離を犠牲にした 非常に軟らかい打感の低価格なボールもある。そんな ツーピースのボールの多くが 1ダース 2,000円から 3,000円程度で購入できるのに対し、Pro V1/V1x の価格 (MSRP) は \6,000 / $62 で、ディスカウント・ストアでも ディスカウント率は 10% 前後と値崩れしないアイテムで、それは その性能と品質がなせる業だと言えよう。

なお、Pro V1 と類似のボールを多くのゴルフボール・メーカーが販売しているが、主な競合製品は以下のとおりである。(詳細は 以下のテーブル中のリンクを クリックで。)

主要ブランド 最新モデル 旧モデル
キャロウェイ SR1/SR2/SR3 Tour iS/iZ (HEX Black Tour)
スリクソン Z-STAR シリーズ -
ナイキ (NIKE) RZN Black/Platinum 20XI/ONE RZN
テーラーメイド TOUR PREFERRED LETHAL (Penta TP5)
ツアーステージ X01/X01x -
ゼクシオ (XXIO) AERO SPIN LX

上述主要ゴルフメーカーのゴルフボールは それぞれの所属ツアープロが競技で使用しており、それなりの成績を収めていることからも証明されているように ボールの性能や品質はどれも Pro V1 と大きな違いがあるとは言えないと思うが、その実勢価格では どれも Pro V1 の価格を上回るものはなく、そんなことからも Pro V1 の人気の高さと魅力の所以が窺える。» Pro V1 販売サイト


ゴルフ豆辞典トップ   トップに戻る


 
ゴルフボール週間売れ筋トップ20
 
ゴルフ・カフェ

www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意