コンテンツ目次

ゴルフ用語辞典
   
       
A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z        
リカバリー ショット(Recovery shot)
ミス・ショット後のショット。リカバリーするためのショット。
関連リンク
• 林の中から打つ時の注意点
力積 (Impulse)
ゴルフでは、どの位の時間 クラブヘッドがボールに接して力を伝えたかということが 飛距離に大きな影響を与える。二つの物体がぶつかり合う時、その力、もしくは、運動量の伝達ということを考えると、その力がどの位の時間作用したかということを考える必要があり、その概念を 物理学の世界では力積 (Impulse) と呼んでいる。
関連リンク
• 力積という概念と飛距離との関係
リスト(Wrist)
手首のこと。バック・スウィングでリストを コックするなどと言う。
関連リンク
• 手首の使い方
リゾート コース(Resort course)
避暑地などの観光地にあるゴルフ場。日本では プリンス系が有名。
リップ(Lip)
カップの淵。リップをなめて外す (Lip out) などと言う。
リード(Lead)
導くという意味で、フォワード・スウィングは 腰の引きと回転のリードで始めるなどと言う使い方をする。
リーダーボード(Leader board)
トーナメントで上位のプレーヤーの名前とスコアを載せるボード。
リバース オーバーラップ グリップ(Reverse overlap grip)
左手の人差し指が(右利きの場合)右手の小指の上に乗る形のグリップで、パッティング・グリップのスタイルとしては、最も一般的なもの。
関連リンク
• パッティングの基本
リバース ハンド グリップ(Reverse hand grip) リバース・ハンド
左手が(右利きの場合)下にくるグリップ。パッティング・グリップの一種。
関連リンク
• パッティングの基本
リプレース(Replace)
マークしたボールを元の位置に置き直すこと。
リペア(Repair)
ボールマークを リペア(修理)するなどと言う。修理地は、ground under repair となる。
リペア・ツール(Repair Tool) グリーン・フォーク
ボールマーク・リペアラーなどとも言い、グリーン上のボールマーク(ピッチマークとも言う)を直すための小道具。グリーン・フォーク(和製英語)とも言う。また、英語では divot tool とも言う。
関連リンク
• ゴルフの小道具と アクセサリー • グリーン上での重要なルール
リリース(Release)
放つという意味で、ゴルフではクラブやリスト(手首)をリリースするなどという言い方をする。また、ボールがグリーンに落ちた後に(止まらずに)転がるという意味でも使われる。ピンを狙ったショットが、やや短いかと思った時などに リリースしろと言う気持ちを込めて 選手は 「リリース」 と言うことが多い。
リリーフ(Relief)
修理地、障害物、カート道、カジュアル・ウォーターなどでの救済(罰なしに ボールをニアレスト・ポイントから 1クラブレングス内にドロップ出来る)という意味で使われる言葉。ニアレスト・ポイントは 正確には Nearest Point of Relief である。スタンスの取り方やクラブの選択などで その妥当性については 判断が難しいケースも出るが、基本的に 妥当でないスタンスの取り方やクラブの選択で救済を受けることは出来ない。
関連リンク
• 救済のニアレスト・ポイント> • ボールのドロップの仕方
林間コース
ゴルフ・コースのタイプの一つで、ホールとホールの間が林でセパレートされているホールの多いコースのこと。ただし、コースが 全体的にフラットな レイアウトのものを林間コースと言い、林でホールとホールの間がセパレートされていても、アップ・ダウンの激しいコースは 丘陵コース、山にあるコースであれば山岳コースと呼ばれるのが一般的。
リンクス(Links)
海岸近くのフラットなコースで 木があまりなく、基本的には ウォーター・ハザード、バンカーとラフ(フェアウェイの両サイドにある 凹凸、砂地、フェスキュー、場合によってはポットバンカー)でプロテクトされているホールが中心のコース。スコットランドのコースに代表される。リンクス・スタイル・コースと言う表現があるが、リンクスの趣のあるデザインのコースという意味で使われるのが一般的。内陸でも、湖の近くに作られたコースはもとより、池や湖のほとんどない リンクス・スタイル・コースも 少なくない。



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意