コンテンツ目次

ゴルフ用語辞典
   
       
A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z        


アイアン (Iron)
アイアン元来、鉄製のヘッド(打撃面のある部品)が装着されたゴルフ・クラブで、木製の ウッドと呼ばれる クラブに比べ、相対的に 近距離のターゲットを狙うのに適したデザインのクラブである。フル・ショットで 概ね 100ヤードから 200ヤードほどボールを飛ばせるクラブだが、遠距離用は ロング・アイアン、近距離用が ショート・アイアン、また、中間的な距離用のものはミドル・アイアンと呼ばれる。6本から 8本のセットで売られるのが一般的で、5、6、7、8、9、P など、それぞれのクラブには番号(番手と言う)が刻印され、6本セットであれば 5番 - 9番アイアン、ピッチング・ウェッジ (P) のセットで販売される。なお、近年は各種スチール以外にもチタンやタングステンほか、様々な素材が(複合的に)使われることもある。また、ウッドのヘッドは 木製ではなく、主に、軽量金属で作られるようになっている。
関連リンク
• 道具の基礎知識 • アイアン(クラブ選びの知識)
• アイアン ショットの打ち方 • ウェッジ(クラブの選び方)
アウェイ (Away)
ホールからの距離が遠い球をアウェイと言うが、ゴルフでは特別なケースを除きアウェイのボールのプレーヤーから先にプレーをするのが原則。所謂、遠球先打である。特に、マッチプレーのルールでアウェイの概念は重要な意味を持ち、ルールブックには 「ホールとの位置関係が決めにくい時は、先にプレーする球をくじ引きなどで決めるべきである」 とも書いてある。
関連リンク
• マッチプレーのルール • プレーの順番
アウト (Out)
18ホールの最初の 9ホール(1番から 9番ホールまで)をアウト、残り 9ホール(10番から 18番ホールまで)を インと言う。
関連リンク
• コースの基礎知識
アウト オブ バウンズ (Out of bounds / OB) OB
略して OB と言われるが、プレーできる区域外のことを意味する。その境界線は白杭、または、白線で表示される。白線がある場合は 白線が、また、それがない場合は杭と杭を結ぶ仮想の線が OB ライン となる。OB をした場合は、1打罰でプレーした所から打ち直すことになるが、ティーショットで OB を出すと3打目を打ち直すことになる。OB したか どうか 定かでない場合は暫定球を打つのが一般的。
関連リンク
• アウト オブ バウンズ(ルールの詳細説明
• 暫定球について(ルールの詳細説明)
アウト オブ ポジション (Out of position)
前のグループとの間が開いてスロープレーになっている状態。通常、PGA や LPGA などでは 前の組と 1ホール以上開いた時点で アウト・オブ・ポジションの状態になったと定義されており、スロープレーに対する警告がなされる。
関連リンク
• 不当の遅延、スロープレー(ルールの詳細説明)
• スピード・プレーについて
• スロープレーのペナルティー(LPGA のルール裁定)
アウトサイド イン (Outside in)
ゴルフ・スイングの軌道が アウトサイド イン ならば スライス・ボール、即ち、右利きの場合は進行方向に対して右に大きく曲がる弾道のボールがでる原因になる。
関連リンク
• スライス対処法
アウト ドライブ (Out drive)
ドライバー・ショットなどで相手よりも遠くに飛ばすこと。良く over drive(和製英語)と言うが、英語は out drive が正しい。
関連リンク
• 飛ばす秘訣
赤杭(線) 赤杭
ラテラル・ウォーター・ハザードの区域を示す杭。写真のような赤線がある場合は 赤線が、また、それがない場合は杭と杭を結ぶ仮想の線が ハザード ライン となる。 黄色杭のウォーター・ハザードのペナルティーとの違いに注意
関連リンク
• ウォーター・ハザード(ルールの詳細説明)
アクセラレート (Accelerate)
加速する。減速は decelerate。ゴルフのショットは、通常、クラブヘッドが加速されている状態でボールを打つことが望ましい。
関連リンク
• 2 レバーシステム(クラブヘッドが加速されるメカニズムの説明)
アゲている
風がアゲインスト(向かい風)の意味で使われる。ただし、ゴルファーの英語では into the wind または headwind と言うのが普通で against the wind とは 言わない。また、追い風の場合は、フォロっているなどとも言うが、英語の表現で follow とは言わず、downwind または wind with us などと言う。
関連リンク
• 風が強い日のゴルフ
アゲインスト (Against)
風や芝目がボールのスピードを落とすような状況になる時にアゲインストという。ただし、和製英語で、英語で正しくは into the grain、into the wind、head wind (headwind) などと言う。
関連リンク
• 風が強い日のゴルフ • 芝目のお話
• プレーイングコンディションに係わる和製英語
アゲインスト・パー/ボギー (Against par/bogie)
パー競技、ボギー競技のことを アゲインスト・パー、アゲインスト・ボギー(競技)と言うことがある。パー競技は、それぞれのホールの基準スコアを パーに、また、ボギー競技は、それぞれのホールの基準スコアを ボギーに設定し、それより良いホールは +1、同スコアであれば 0、悪ければ -1 として、最終的なトータルスコアで競う競技。各ホールのスコアは、アップ (up)、ハーフ (halve)、ダウン (down) の三種類しかなく、マッチプレー的な感覚でプレーすることになるが、ルールはストローク・プレーのルールが適用される。
関連リンク
• ゴルフの競技方法
アタック・アングル (Attack Angle)
Spin Loftゴルフのショットで クラブが どれだけ ダウン・ブロー または アッパー・ブローに振られているかを示す数値で クラブのフェース面とボールが 衝突する角度(スピン・ロフト)は この角度とインパクト時のフェース面の向き(ダイナミック・ロフト)によって決まる。理想的な ゴルフ・スイングを追求する上で この数値に 着目することは 極めて 有用である。
関連リンク
• スマッシュ・ファクターとアタック・アングル
アップライト (Upright)
スイングの孤(プレーン)が立っていること。逆であれば、フラット(Flat) となる。
関連リンク
• ゴルフ・スイング(二つのタイプのゴルフ・スイングについての解説)
アテスト (Attest)
ストロークプレーの競技の後でスコアを記録するよう委員会によって指名された同伴競技者(マーカーという)にスコアが正しいかを確認してもらうこと。正式競技では、常に 義務付けられているプロセス。
関連リンク
• ゴルフの競技方法(代表的な競技方法と用語の解説)
アテンド (Attend) アテンド
グリーン上でパットをする時、特に、ロングパットでホールが良く見えない時などにフラッグスティックを キャディーや同伴競技者に持ってもらうこと。英語では attend とも言うし tend とも言う。
関連リンク
• フラッグへのアテンダンス(ルールの解説)
• チップショットで ピンはイン or アウト
アドバイス (Advice)
助言であるが、ゴルフのルール上、ルール違反のアドバイスについて正しい理解を持つ必要がある。キャディー以外の人に プレー上の決断、クラブの選択、ストロークの方法に影響を与えるような助言を求めたり、与えたりすると 正式競技では ルール違反となり、マッチ・プレーでは そのホールの負け、また、ストローク・プレーでは 2 打罰のペナルティが科される。ただし、マーカーの位置や距離に係わる情報、ハザードがあるかないかなど コースの状況に関する事実やルールの確認に係わる質問や説明を 同伴競技者にしても 違反にはならない。
関連リンク
• 競技中のアドバイス(ルールの詳細説明)
アドレス (Address) アドレス
ボールを打つために構えに入ること。ルール上は、スタンスをとっていたかどうかにかかわらず、球の直前、または直後の地面にクラブを置いた時にそのプレーヤーは球にアドレスしたことになる と定義されている。
関連リンク
• セットアップの基本 青葉マーク • ボールにアドレス
• プリショット・ルーティーン • アドレス時のフィーリング
• セットアップの仕方についての考察
• ボールが動いてしまった時の処置(ルールの詳細説明)
アプローチ (Approach)
ピンを狙えるようなところからボールをピンに近づけること。チップショットとピッチショットが最も代表的なアプローチ・ショットのスタイルである。ただし、100ヤード位のショットでもアプローチ・ショットと言うこともある。
関連リンク
• アプローチ・ショット • アプローチ上達のツボ
• チップ & ピッチ • チップショットの基本と応用
• ウェッジ・ショット • 柔らかく上げる ピッチ・ショット
• ロブ・ショット • ウェッジ・ショットの打ち方
• バンカー・ショット • ロブ・ショットの打ち方
アマチュア サイド (Amateur side) ハイ・サイド
曲がるラインのパッティングで ホールに対してローサイドのこと。逆は、プロサイド(ハイサイド)。外した時の返しのパットを考えて、確り打ち切れない時などに パットを外すサイドである。
関連リンク
• パッティング(グリーンの読み方とターゲットの決め方)青葉マーク
• パッティングのターゲット設定 • 大きく曲がるラインのパット
アーメン コーナー (Amen Corner) (英語)
英語ではエィメンと発音することが多い。ゴルフのメジャー・トーナメントの一つであるマスターズの行われるオーガスタ・ナショナル (Augusta National Golf Club) の 11, 12, 13番の 3 ホールを言う。風を読むのが難しく、ゲームの行方の鍵を握るコーナー(場所)という意味のニックネームとしてスポーツ・イラストレイテッド誌の記者 ハーバート・ウィンドによって 1958年、アーノルド・パーマーが優勝した年に命名された。
関連リンク
• アーメン・コーナーのお話 • マスターズのお話
アリソン バンカー(Alison Bunker)
あごの出た深いバンカーのこと。日本の名門コースである廣野や川奈などを設計したチャールズ・アリソン (Charles Hugh Alison) が このタイプのバンカーを配したことで 日本では そう呼ばれる。日本独特の呼び名で、同じようなものを 英国では ミュアフィールド・バンカー (Muirfield Bunker) と呼ぶ。
関連リンク
• アリソン・バンカーのお話し
R&A
Royal and Ancient Golf Club of Saint Andrews の略で全英ゴルフ協会のこと。USGA(全米ゴルフ協会)と共に 最も 権威のあるゴルフの協会である。
関連リンク
• R&A オフィシャル・サイト • USGA オフィシャル・サイト
アルバトロス (Albatross)
パー 5 の 2打目、もしくは、パー 4 の 1打目が入ること。英語では ダブルイーグル(Double eagle)という言い方の方が一般的。
関連リンク
• アルバトロスが出る確率、信じ難い記録、プロとアマチュアの差など
アンカーリング (Anchoring) アンカリーング
長尺パターや中尺(ベリー)パターなどを使ったパッティングで、グリップ・エンドを 右の写真のように 胸や腹に固定することを言う。2016年 1月のルール改正では このパッティング・スタイルの禁止が盛り込まれる予定。
関連リンク
• 2016年から 禁止される パッティング・スタイル
アンコック (Uncock)
手首を折ることをコックというが、折られた手首が元に戻ることをアンコックと言う。
関連リンク
• 手首の使い方 / リスト・ターンの仕方
• コック・アンド・ポップというテクニック
アンダー (Under)
アンダー・パーと言った場合は パーよりも良いスコアという意味で、例えば、2 アンダー(パー)であれば(イーブン)パーよりも 2 ストローク良いスコアになる。逆の場合は オーバー・パーで、2 オーバー(パー)とか 3 オーバーという言い方をする。
関連リンク
• ゴルフ・スコアの基礎知識
アンダーカット キャビティ (Undercut cavity) アンダーカット・キャビティ
アイアンのヘッド裏側のへこみ部分に隙間があるキャビティ形状のことで、そうしたアイアンのことを アンダーカット キャビティ アイアンと言う。アイアン・ヘッドの深重心化を目的にした工夫の一つである。
関連リンク
• アイアン(ゴルフクラブ選びの知識)
アンダークラブ (Under club)
本来必要な飛距離を打つことが出来ないクラブを使うこと。飛び過ぎるクラブの場合は、オーバークラブ。例えば、7番アイアンで打つべき向かい風の状況で 8番アイアンでショットをして ショートした場合は アンダークラブだったと言うことになる。
関連リンク
• プレイング・コンディションに係わる英語表現
アンダー スペック(和製英語)
ゴルフクラブが アンダースペックと言った場合は、通常、クラブが適正と思われる総重量やスイング・ウェートより軽かったり、シャフトが柔らか過ぎること。その逆は、オーバースペックである。
関連リンク
• クラブの重量(クラブの選び方) • シャフト(クラブの選び方)
アンジュレーション(Undulation)
フェアウェイやグリーンなどコース上にある起伏のこと。
関連リンク
• パッティング(グリーンの読み方とターゲットの決め方)
• パッティングのターゲット設定
• 大きく曲がるラインのパット
• 傾斜になっているライからのショット
アンプレヤブル / アンプレ (Unplayable)
プレー(ショット)が物理的に出来ない、もしくは、しない方が ルール上 有利と考えられる状態。アンプレと短縮して言うこともあるが、アンプレヤブルを宣言すると 1 打罰で 2 クラブレングス以内、または、ボールとピンを結んだ線上後方にドロップしてプレーを続行できる。 バンカー内の場合は 同じバンカーの中に落とさなければならず、それを怠ると、さらに、1 打の罰が科される。
関連リンク
• アンプレイアブルの球(ルールの詳細説明)















www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意