コンテンツ目次

ゴルフ用語辞典
   
       
A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z        
チェック (Check)
グリーン上でバックスピンによってボールが止まる、もしくは、急に減速することを言う。
関連リンク
• バックスピンとスコアライン • バックスピンで止まるチップショット
チタン (Titanium)
最近のドライバーのヘッドに合金として良く使われる硬くて軽い(比重4.42)金属。鉄の比重は、7.86。主に、ニ種類の合金が使用される。鋳造用の 6-4 チタン (6% Al, 4% Va) と鍛造用のベータチタン (15% Va, 3% Cr, 3% Al, 3% Ni) である。
関連リンク
• 素材のお話(ゴルフ用具に良く使われている素材について)
チッパー(Chipper)
チップショット専用のパターに似た形をしたクラブで 35°から 45°のロフトのあるものが多く、ルール上はアイアンと考えられる。近年はルールに違反しないデザインのものが多いが、公式競技では違反になるデザインのクラブもあるから要注意。パター用のグリップとしてのみ許される形状の(例えば、円筒状でない)グリップが装着されているもの、打面が2つあるもの、また、照準用の付属物が付いているものなどは ルール不適合なクラブとなる。同様のデザインのクラブをジガーと言うこともある。 チッパー
関連リンク
• チッパー / ジガー(ゴルフクラブ選びの知識)
• ゴルフ用具(クラブとボール)に係わるルール
チップ イン (Chip in)
チップ・ショットが カップインすること。ノンズロなどとも言う。
チップ・ショット(Chip shot) チップ・ショット
グリーン周りからウェッジやショート・アイアンで転がしてホールに寄せるためのショット。所謂、アプローチ・ショットの一種で、ボールを上げて打つピッチ・ショットと共に、ゴルフをする上で覚えるべき基本的なショットの一つである。なお、両者の打ち方には 共通点も多く 中間的な ショットもあるので その境目は はっきりしない面もある。
関連リンク
• アプローチ・ショットの基本 • バックスピンで止まるチップショット
• チップ・ショットの基本と応用 • ラフからのデリケートなチップショット
• チップショットの距離の出し方 • チップ・ショットの練習法
チップ・パット (Chip-Putt)
パターを使ってチップ・ショットのようなストロークで打つショット。ホールまでの距離の非常にある時に用いるテクニック。
関連リンク
• 長い距離のパットに有効なチップ・パットの打ち方
チーピン
右利きの人が(左利きの人は)左(右)に引っ掛ける ダック・フックのこと。
チャックリ
アプローチ・ショットでダフり 大幅にショートする様。
チャンピオン コース (Championship course)
公式のトーナメントを行なうのにふさわしい立派なコース。
関連リンク
• TPC、スタジアムコースの意味
鋳造(ちゅうぞう)
鉄を熱して鋳型に流し込んで成型すること。アイアンヘッドの作り方で、現在はロストワックス製法という鋳造方で精密鋳造が可能になっている。鋳造アイアンのことを英語では cast iron、そして、鍛造アイアンのことを forged iron と言う。
関連リンク
• アイアン(ゴルフクラブ選びの知識)
• 素材のお話(軟鉄とステンレス鋼について)
チョーク アップ(Choke Up)
グリップを短く握ること。距離を少し短めに打ちたい時の調整の目的でチョーク・アップすることが最も一般的。
関連リンク
• クラブを短く持つことの意味-
長尺ドライバー
長いシャフトのドライバー。昔は 43インチが標準であったが、最近は 44-46インチが標準になっている。50インチの長尺というようなものもあるが、ルール(最長 48インチ)違反。
関連リンク
• ドライバー(ゴルフクラブ選びの知識)
• ゴルフ用具(クラブとボール)に係わるルール
長尺パター 長尺パター
長いシャフトが装着されたパター。通常は 胸 または 顎の下にグリップ・エンドを 固定する形で そこを支点に(アンカーリング)して振り子のように パターをストロークする方法で使用する。しかし、アンカーリングをするパッティング・スタイルが 2016年からは全て禁止されることになった。
関連リンク
• パター(ゴルフクラブ選びの知識)
• ゴルフ用具(クラブとボール)に係わるルール
• 2016年から 禁止される パッティング・スタイル




www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意