コンテンツ目次

ゴルフ用語辞典
   
       
A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z        

回内 (Pronation) / 回外 (Supination)
スーピネーションベンホーガンが その著書で(右利きの)左前腕の(ドアのノブを回す時のような)運動のことをプロネーション、スーピネーションという言葉を使って説明したが、それを日本語では回内、回外と言う。バック・スウィングで左手甲がねじられて上を向く動きのことを回内、それに対して、フォロースルーで左手の甲が下を向く動きは回外と言う。
関連リンク
• ベン・ホーガン著 モダン・ゴルフ
カウント・バック (Count-back)
ゴルフ競技(主に アマチュアのコンペなど)で同スコアの人が出た場合の順位の決め方の一つで、トータル・スコアが同じ場合に 18番ホールのスコアの良い人が上位になるというものだが、18番ホールのスコアが同じ場合は、17番ホール、16番ホール ... の順で(カウント・バックして)決着が付くところまで スコアを比較して行く方法。英語では match of cards という言い方で、わざわざ、カウント・バックと言う言葉を使わないことの方が多いが、最も、良く採用されているタイ・ブレーカーの方法である。
関連リンク
• タイ・ブレーカー(ゴルフルール解説)
角溝 (U-groove) 角溝
アイアンのクラブフェースにあるスコア・ラインの溝の形状が 四角(U 字型)になっているもの。溝の体積が大きく、エッジが立っているものの方がスピンが良くかかるが、その仕様は スピンの量が制限されるように ルールで定められている。プロの競技では、2010年から角溝に係わるルールが変更され、スピンがかかり難くいものになった。
関連リンク
• バックスピンとスコアライン • クラブフェースの溝に係わる新ルール
カジュアル ウォーター(Casual water)
雨の後などにコースにできる一時的な水溜りで、そこにボールが止まったり、スタンスがかかった場合、ノーペナルティーで二アレスト・ドロップ・ポイントにドロップすることが出来る。水溜りになっていなくとも、スタンスを取って 水が出てくるようならカジュアル ウオーターである。
関連リンク
• カジュアル・ウォーター(ルール詳細説明)
• 救済の二アレスト・ポイント
ガッタ パルチャー (Gutta Percha) ガッタ・パルチャー
19世紀の中ごろから20世紀のはじめにかけて使われたゴルフボールのタイプで、ゴム製のボールに取って代わられるまで使われた。
関連リンク
• ゴルフ・ボールの進化
カット(Cut)
トーナメントの途中で(4日間のトーナメントでは 2日目の終り)成績の悪い選手を 落とすこと。(ボールをアウトサイドインの軌道で打つことの意味もある。カット ショット参照。)
カット ショット(Cut shot)
スライスボールを打つショットで、 アウトサイドインの軌道でボールを切るように打つ。
関連リンク
• ショット・メイキング(カットショットの打ち方)
カット ロブ ショット(Cut lob shot)
サンド・ウェッジのフェースを大きく開いて カットに打つ ロブショット。
関連リンク
• カット ロブ ショットの使い方
カップ(Cup) カップ
グリーン上にある ゴルフボールを入れるための(直径 4.25 インチの)穴を ホールとも カップとも言う。内部には プラスチック製か メタル製のライナーが埋め込まれており、中心には ピンが立てられるような構造なっている。また、プレジデント・カップなど、何々杯 の 「杯」 という意味合いで使われる言葉でもある。
カデット(Cadet)
グローブのサイズで、小さい手(短い指)の人向け。
ガード バンカー (Guard bunker)
グリーンをガードするように配置されているバンカー(和製英語)。英語では Green Side Bunker などと言う。
関連リンク
• コースの基礎知識
• バンカー・ショットの打ち方
カーボン シャフト(Carbon Shaft) カーボン・シャフト
グラファイト・シャフトともカーボン・グラファイト・シャフトとも言われる。(英語では、グラファイト・シャフトと言い、カーボン・シャフトとは 通常 言わない。)カーボン繊維とエポキシ樹脂(ボロンなどの素材が加えられることもある)の複合材で スチールシャフトに比べて軽く、様々な仕様のシャフトが出来るので 最近のドライバーのシャフトは ほとんど カーボン・シャフトになっている。また、振動を吸収する性質などもスチール・シャフトとの違いである。もちろん、フェアウェイウッドやアイアンなどドライバー以外のクラブにも広く利用されている。なお、製造方法には シート・ラッピング法(比較的安価)とフィラメント・ワインディング法(比較的高価)の2種類がある。
関連リンク
• シャフト(仕様と特性の解説) • クラブの選び方
カマボコ型 パター (Mallet putter) (英語) マレット
マレット型パターの一種であるが、ヘッドがカマボコのような形をしているものを カマボコ型パターと言うこともある。
関連リンク
• パッティング: グリーン上での技 • ダウンヒル・パットの打ち方
• パットのスピード • パットの理論
噛む(かむ)
ややダフリ気味にクラブが入ること。一種の fat shot である。(ダフったショットを英語ではこう呼ぶ。)
関連リンク
• クラブの芯でボールを捕らえろ • ダフり難い ゴルフ・スイング
カラー(Collar) エプロン
グリーン周りでフェアウェイ同様に芝が短く刈ってある部分。エプロン(apron)、また、フリンジ(fringe)とも言う。
関連リンク
• パット・チップ
慣性モーメント (Moment of inertia)
回転運動において回転を始める、もしくは、回転を止めるのに必要な力の量を示したもの。回転運動体の重さと回転の中心からの距離の二乗に比例する。ゴルフは 回転運動が多いので 様々な物理現象を理解する上で重要な概念である。
関連リンク
• 慣性モーメントとは • 重心(ゴルフクラブ選びの知識)
• ボディーターンの慣性モーメント • 正しいボディーターンのメカニズム
完全な救済(Complete rerief)
障害物や異常なグラウンド状態などを理由に救済を受ける場合は、その救済を受ける理由になったものの影響が完全になくなる救済、即ち、「完全な救済」 を受けなければならない。例えば、有利なショット・アングルを考えて、少しスタンスがカート道路にかかるが、ボールを 取り敢えず 道路の外にドロップするというような 中途半端な 救済は受けられない。この考え方の下に救済のニヤレスト・ポイントは 決められなければならない。
関連リンク
• 救済のニヤレスト・ポイント




www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意