コンテンツ目次
ゴルフ用語辞典
   
       
A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z        





ベア グラウンド(Bare ground)
地面がむき出しになって芝のないところ。
ペアリング (Pairing)
トーナメントなどの競技者の組み合わせ。全員のペアリングを書いたものをペアリング リスト、または、ペアリング シートなどと言う。
ペース (Pace)
パットのペース(速さ/強さ)やプレーのペース(速さ)といった表現で使われる言葉。また、歩測の一歩分の距離、即ち、1ヤード相当という意味もあり、two more paces と言ったら、あと 2ヤードと言うような意味になる。パットの距離を歩測し 10歩の距離であれば 10 paces という言い方ができる。
関連リンク
• パットのスピード • スピード・プレーについて
ベスグロ (Lowest gross)
ベスト グロス スコアのこと。コンペなどで ハンデなしの最も良いスコア。
ベストボール (Best ball)
2人、3人 もしくは 4人などで構成するチームのスコアを決める方法で 各ホールで構成メンバーの最も良いスコアになるボール。ベストボールのマッチ・プレーと言った場合は 各チームのベストボールのスコアをベースに勝敗を決めること。
関連リンク
• ゴルフの競技方法
ベースボール グリップ (Baseball grip) テン・フィンガー
テン・フィンガーグリップのことで、野球のバットを握り方に似ているのでそう呼ばれる。
関連リンク
• グリップの基礎知識
ベタピン
旗竿(ピン)に ボールが ピッタリ付いたショットのこと。ピッタリの代わりに語呂の良い ベッタリが使われた結果できた造語。英語では Gimmie (Inside the leather、即ち、OK の距離の意) が近い意味のゴルフ用語としてあるが、ベタピンは 場合によっては 1 ピン(旗竿の長さ)程度の距離でも使われるニュアンスのある言葉である。
ヘッド(Head)
クラブのシャフトの先端についている部分。
ベット(Bet)
賭けのこと。
関連リンク
• ゴルフの 「握り」 に負けない秘訣
ヘッド アップ(Head up)
スイングの途中で 頭が上がってしまうことで ミスの原因にもなる。英語では Look up という言い方をするのが一般的。
ヘッド カバー(Head cover)
ウッドやパターのヘッドの上に かぶせるカバー。 アイアン用 ヘッドカバーがない訳ではないが それを利用する人は 極めて稀。
関連リンク
• ゴルフクラブのヘッドカバー
ヘッド スピード(Head speed)
クラブを振った時のヘッド速さ。日本では 40 m/s など、メートル/秒 の単位で表示する。米国では MPH (mile per hour) が用いられる。
関連リンク
• シャフト(ゴルフクラブ選びの知識)
• ローリー・マキロイ (Rory McIlroy) 飛ばしの秘密
ペナルティー(Penalty / Penalty Stroke)
ルール上のペナルティーは ストロークプレーでは 1打 もしくは 2打の罰、マッチプレーでは そのホールの負け 、さらに、重大なルール違反には 失格というペナルティー(罰)が、その措置の仕方と共に 状況によって定められている。ルールとは 別に ペナルティーという言葉を使う場合は 失敗に対して代償を負うという概念で使われる。
関連リンク
• ペナルティー(ルール解説)
ペナルティー エリア (Penalty Area)
2019年のルール改定で ウォーター ハザードに係わるルールが大幅に改定される。それに伴って ハザードと言う言葉は 使われなくなり それに取って代わる ペナルティー エリアという新用語が使われることになる。新ルールの下で ペナルティー エリアは 原則 赤杭と赤線で示されるが 境界線が 黄色杭と黄色いラインで示されることもあり、前者は レッド ペナルティー エリア、後者は イエロー ペナルティー エリア となる。ペナルティー エリアに ボールが入った場合は 規則に従って 1打罰で 救済を受けられるが そのボールを無罰で そのまま プレーすることを選択することも プレーヤーは 出来る。
関連リンク
• ペナルティ エリア / ジェネラル エリア (用語解説)
• 新・ゴルフルール(要約版)
• 新時代のゴルフルール(2019年ルール改定概要)
ヘビー ラフ(Heavy rough)
芝が極端に長く伸びているラフ。Deep rough とも言う。
ベリー パター(Belly Putter) ベリーパター
標準的なパターより シャフトの長い中尺パター。ベリー (Belly)、即ち、おへそ もしくは その少し上くらいにグリップ・エンドが来るように構え、そこを基点にパターを 振り子のようにストロークするのに都合が良いようデザインされたパター。構えた時に 顎の下辺りにグリップ・エンドが来る 長尺パターとは異なる。
関連リンク
• パター(ゴルフクラブ選びの知識)
• アンカリング - 禁止行為(ルール解説)
ぺリア方式 (Peoria System)
ハンデのないコンペでハンデを決める方法の一つ。OUT と IN のパー 3、パー 4、パー5 から 任意にそれぞれ一つずつホールを選び、それを公表しないでおいて、各競技者のそのホールのスコアを足して 3倍した数字からパー(例えば、72)を引いた数字に 80% を掛けたものをハンディキャップにするという方法。 日本では、ホールの長さに関係なく パーの合計が 24 になるホールを任意に 6つ選ぶ方法が一般的になっている。また、日本だけで 一般的に 採用されるシステムで、隠しホールの数を倍の 12 ホールにしたものを新ぺリア方式と言う。なお、正しい英語は ぺオリア・システム (Peoria System) である。
関連リンク
• ゴルフの競技方法
ぺリメター・デザイン (Perimeter Design) ピン・アイ 2
アイアンのヘッドのデザインでクラブフェースの周辺(ぺリメター)に重量を配分したもの。ピンのヒット商品 ピン・アイ II のヘッドのデザインが その典型的なもの。キャビティー・バックは、ぺリメター・デザインだが、最近のハイブリッド・アイアンなど、キャビティー・バックでないものもある。
関連リンク
• アイアン(ゴルフクラブ選びの知識)
ベン・ホーガン (Ben Hogan) ベン・ホーガン
グランドスラマーの一人で 1940 ~ 50年代に活躍した。ティーからグリーンまで フェアウェイ経由 パーオンすることを称して ベン・ホーガン言うことがあるほど そのショット力で知られる選手でもあった。
関連リンク
• ベン・ホーガン(偉大なゴルファー)
• ベン・ホーガンのゴルフ・スイング
• ホーガン流 スイングの秘密(レッスン動画)
ベント グリーン (Bent Green / Bentgrass Green)
メジャーのトーナメントは ほとんどが ベント グリーンで行われる。早くて スムースなグリーンができ、バーミューダや高麗芝のグリーンより 質の高いグリーンと考えられている。一方、望ましくないポアナ (Poa Annua) 芝(ケンタッキーブルーグラスの一種)が入ってしまう場合もあり、その侵入を防止する目的などで ライ芝 (Ryegrass) を(オーバーシードして)混在させることも珍しくない。ぺブルビーチをはじめ 南カリフォルニアのゴルフコースは ポアナ芝の混じったコースが多い。
関連リンク
• 芝目のお話



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意