ゴルフ用語辞典(に)

ニー アクション (Knee action)

knee action
ショットに際しての膝の動き。スイングを通して 回転軸が ブレないように バック スイングでは 右利きの人の場合 左足の膝が そして フォワード スウィングで 右足の膝が内側に入る動きのこと。下半身の動きの要とも考えられる。

関連リンク

ニア ピン (Greenie)

ショートホールのティーショットで ピンの 一番近く止まった ショット/ボールのこと。(和製英語)コンペでは ニアピンの人に商品(ニアピン賞と呼ばれる)が用意されることもある。なお、英語では Greenie もしくは Closest to the pin と言う。
GDO

二アレスト ポイント (Nearest Point of Relief)

正確には Nearest Point of Relief で 救済の二ヤレスト ポイントであるが 慣用的に 単に 二アレスト / ニヤレスト ポイント とも言われる。修理地や カジュアル ウォターにあるボールは そのボールを拾い上げて「ニヤレスト ポイント」から 1クラブの範囲内で ホールに近づかない所に ドロップ出来る などといった使われ方をする言葉。

関連リンク

握り (Bets)

ゴルフの 二者間の 賭けのこと。

二度打ち (Double-hit)

一回のストロークで 二度ボールを打ってしまうことで 一打罰のペナルティーが科される。仮に、一回のストロークで 三度ボールを打ってしまっても ペナルティーは 一打と同じである。つまり、ルール上の ショットは 1打とし、ペナルティの 1打を付けて 2打プレーしたことになる。かつて、陳選手 (T. C. Chen) が リードしていた 全米オープンの最終日にやってしまったのは 有名。なお、新 ルールでは 二度打ちに対する ペナルティがなくなる。詳細は 以下のリンクを クリックで。

関連リンク

ニブリック (Niblic)

ショート アイアンの 昔の呼び名。例えば、マッシ― 二ブリック (Mashie Niblick) で 現在の ほぼ 8 番アイアン、ピッチング 二ブリックで 9 番アイアン、二ブリックで ピッチング ウェッジ になる。

日本オープン選手権 (Japan Open Golf Championship)

日本のナショナル オープン選手権で 1927年に 第一回大会が開催された。途中、戦争などの影響で開催されない年が何年かあるが 2015年の大会が第 80回大会になる。一方、女子のナショナル オープンである 日本女子オープン選手権は 1968年に 第一回が行われており その後は 毎年開催されている。

関連リンク

GDO

二ヤレスト ポイント (Nearest Point of Relief)

正確には Nearest Point of Relief つまり 救済の二ヤレスト ポイントと言うが 慣用的に 単に 二アレスト / ニヤレスト ポイント とも言われる。修理地や カジュアル ウォターにあるボールは そのボールを拾い上げて「ニヤレスト ポイント」から 1クラブの範囲内で ホールに近づかない所に ドロップ出来る などといった使われ方をする言葉。

関連リンク

Copyright © 2004-2018 mamejiten.com. All Rights Reserved.

索引