ゴルフ豆辞典 トップ > ゴルフ用品メーカー > ピン (メーカー・製品情報) サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約




ピン (メーカー・製品情報)
Ping Logoピン (Ping Company) は創業者のカーステン・ソルハイム (Karsten Solheim) によって 1959年に創設された米国のゴルフ用品メーカーである。その原点は ピン・タイプ と呼ばれるパターの第一号になった アンサー (Anser) パターにある。当初 GE の社員だったソルハイム氏は 自宅ガレージから パートタイム・ベースで パターの製作を行っていたが、1966年にアンサー・パターを発売すると同時に ピン社の前身である Karsten Manufacturing Company (KMC) という株式会社を設立し、GE を退社して、本格的に その事業運営を行うようになった。因みに、ピンという名前は、そのパターで ゴルフボールを打った時の音 (擬音) に因んで付けられたものである。

同社が成し遂げた偉業の一つは このタイプのパターを世に広めたことであるが、同様に、ロスト・ワックス精密鋳造法で作るキャスト・アイアンを世に広めたことでもある。その製造方法の特徴は 鍛造では 成型できない比較的複雑な形状のクラブを低コストで製造出来ることであり、ソール幅が広く スイート・エリアの大きい、低重心のキャビティー・バックのアイアンの量産に適していたため、ピン・アイ II のような、より フォーギビングな (芯を外しても 距離のロスが少ない) クラブの普及を可能ならしめた。また、ピンは クラブのフィッティングという概念を世に広めたメーカーでもある。かつて、異なるライ角から自分に合ったアイアン・セットを選ぶことが出来るのは ピンだけであったが、現在では その概念を さらに進化させ、シャフトの長さ、硬さ、スイング・ウェートなど、総合的に自分にベストなスペックのクラブが 手軽に選べるようなサービスなど、特徴のある製品とサービスを提供している。 » 公式 ウェブサイト 日本 / アメリカ

製品ライン


今日、同社は ドライバーから、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン、ウェッジ、パターに至るまでの製品を製造、販売しているが、G シリーズ、I シリーズ、RAPTURE、SERENE、そして、アイアンでは (KARSTEN / ANSER / Sシリーズ)、パターにおいては ANSER シリーズに代表される ピン・タイプの各種モデル (SCOTTSDALE / KARSTEN ) 以外に マレット・タイプ (KETSCH / NOME / SERENE など) のパターなども提供している。 » ピンの各種製品を見る

ピン ゴルフクラブ 製品ライン (現行モデル - 2014)
i25 Driver
ドライバー
フェアウェイウッド ユーティリティ
FW ウッド/Util
S55 Iron
アイアン
Tour Wedge
ウェッジ
Anser
パター
G30
i25
G25
SERENE
G30
G25
i25
RAPTURE
SERENE
KARSTEN
i25
G30
S55
ANSER
G25
SERENE
TOUR
ANSER
EYE2 XG
SCOTTSDALE
KARSTEN
KETSCH
NOME
ANSER MILLED
SERENE

ピンのクラブと言えば、EYE II や ZING などの流れを汲む、所謂、ゲーム・インプルーブメントのための易しいクラブという コンセプトに基づいたデザインであるが、易しさと言う意味では、G シリーズが突出していると言える。I シリーズも 難しいクラブではないが、どちらかと言えば、より中・上級者を意識したデザインのクラブだと言えよう。なお、SERENE はレディース用クラブである。

アイアンにおいては G/I シリーズ以外に KARSETN (初心者向けのオーバーサイズ・クラブ)、また、ANSER (ミッドサイズの中・上級者向けクラブ)、さらに、S シリーズ (ヘッドの小さな上級者向けクラブ) がある。S シリーズを除けば、どのモデルも ピンのトレード・マークとも言える キャビティー・バックのデザインで 芯を外したショットでも 飛距離があまり落ちない 易しいクラブだ。

ここまで読んで G シリーズは初心者向けと思った人が多いと思うが、ピン所属のツアー・プロの多く (例えば、リー・ウエストウッド、ババ・ワトソン、ハンター・メイハンなど) が G シリーズのドライバーやフェアウェイウッドを使用しているという事実がある。また、アイアンにおいても S シリーズだけでなく、I シリーズを使うツアー・プロも多い。つまり、ピンのクラブは初心者からツアー・プロまでが使える優れたクラブだと言える訳だ。 » 女子プロによる ピン G25 アイアンのレビュー

ウェッジは TOUR / ANSER の他に、EYE2 XG というラインアップだが、EYE2 XG は EYE2 の復刻版というイメージで 56/60°のみの新溝規格のクラブである。TOUR モデルのスペックが ソール形状と言う意味では最も選択肢が多く、充実している。フォージド・クラブの ANSER との違いは然程ないように思えるが、どちらかと言えば、ANSER の方が易しいスペックだと言えよう。

パターヘッドの構造さて、ピンのパターと言えば、ANSER を思い浮かべる人が多いと思うが、マレット・タイプのパターもある。一方、ピンの トレード・マークとも言える ANSER パターと一言に言っても 実は ヘッドとフェースの構造と言う意味で 現在は 3種類ものモデルがあることを ご存知だろうか。(1) SCOTTSDALE TR は フェースに (TR) グルーブのあるエラストマー・フェース・インサートがはめ込まれており、フェースはヘッドと一体の金属ではない構造である。その打感は基本的にエラストマーの柔らかさがあるモデルだ。一方、(2) KARSTEN TR は ヘッドのフェース全面に ミルド加工で (TR) グルーブを入れたもので、そのフェースの裏側には ロゴを兼ね エラストマーのプレートが (打感を改善する目的で) 取り付けられている。つまり、ブラックのスコッツデール・モデル、そして、ゴールドのカーステン・モデルの違いは、ただ単に色だけではないと言うことだ。ババ・ワトソン、ハンター・メイハンなど、ピン所属のツアー・プロの多くが使用するのが、このフェースが メタルのカーステン・モデルである。他方、(3) ANSER MILLED は、昔のピン・アンサー同様、ヘッドには一切グルーブやインサートがないオールド・ファッションなパターであるにも拘らず、何故か、最も価格の高いモデルになっている。なお、現在のピンのパターは全てシャフトの長さが 31 - 38 インチの範囲で調整できる可変式になっているのも特徴だ。

» ピンの各種製品を見る


ゴルフ豆辞典トップ   トップに戻る


 


ゴルフ・カフェ
G25 Irons - Review

www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意