ゴルフ豆辞典 メニュ メニュー

一人ゴルフの魅力|楽しみ方と選択肢

Introduction

一人ゴルフの魅力は 何といってもその気軽さ、手軽さにある。疲れていたり心配事があったりで あまりゴルフがしたくない時でも 友人や会社の人達などとのゴルフの約束はキャンセルする訳には行かないから ついついゴルフをしたいという気持ちが盛り上がっていない時にゴルフをすることもある。結果は推して知るべし。そして、その結果、そんな約束には消極的になり、本来はゴルフが好きなのに あまりやらなくなった。そんなパターンにハマっている人も居るだろう。

一方、一人ゴルフはやりたい時にだけやれば良いものだし、気の知れた友人や仲間などとのゴルフの楽しさはない反面、ゴルフを楽しむという面では十分だから、前述のような理由でゴルフから遠ざかっている人には 魅力的なものである。しかし、どこかのクラブのメンバーであれば そんなアレンジもやり易いだろうが、そうでない人が 一人でプレー出来る所は そう多くなかったから それも出来ずに 二の足を踏んでいる人もいるだろう。しかし、最近は ネットの一人予約システムが普及したことで 状況は大きく変わっている。ただ、そうしたシステムを利用していない人は 意外に多いようだ。そこで、ここでは そうした一人ゴルフについて:それを楽しむために必要な知識と心構えについて 少し詳しく説明することにしたい。

一人ゴルフ

一人で行けるゴルフ場

日本のゴルフ場では 一人でフラッとゴルフ場に立ち寄って ゴルフをしたいと言っても プレーできないのが普通である。従って、一人ゴルフをしたければ そうしたゴルファーを受け入れるゴルフ場に行くのが まずは 大前提になる。そんな一人ゴルフの選択肢には 基本的に以下の三通りがある。

A 一人予約を事前に受けるゴルフ場(» 詳細 一人でも事前に予約を受けてくれる。直前でも予約可能なゴルフ場が少なくないのも魅力で これが最もオススメ。ネット予約システムで 一人予約のタブをクリック or タップして検索するだけ。
B 一人参加可能なオープンコンペ(» 詳細 一人でも参加できるオープンコンペに申し込む。ネットで予約可能なものが多いので予約は簡単だが、コンペなので手軽さは半減するし、直前のアレンジはできないことも多い。
C 一人でプレー可能なゴルフ場 ファーストカム・ファーストサーブ的に(組合せベースが基本で)プレーさせてくれる所。当日、フラッと行ってプレー可。予約は出来なくとも 電話で事前に空き具合などを確認すべき。

ビジターとして一人で行ってプレーの出来るゴルフ場は 以上のようなものであるが、日本には C のようなゴルフ場は(ショートコースでは 見られるが)極めて少ないので A のタイプのコースでプレーすることを考えるべきでしょう。アメリカン・スタイルなどと称しているゴルフ場には 一人ゴルファーを受け入れるタイプのゴルフ場が多いが、アメリカン・スタイルという言葉は 別の意味で使われることもあるので要注意。いずれにしても、自分にとって 考えられる状況別に ベストの一人ゴルフ用・ゴルフ場のリストを作ることをオススメしたい。つまり、時間的制限がある時はここ、そして、時間的にも予算的にも制限が少ない時はあそこ、といった具合に自分なりのゴルフ場の一覧のようなものを作っておくことだ。そうしたリストを作っておけば 一人ゴルフ予約システムで ゴルフ場を指定をして どんな一人ゴルフのティータイムがあるかをチェックすることも可能になる。

一人ゴルフの楽しみ方

一方、一人で ゴルフをするのに腕前を気にしている人も居ると思うが(平均を大きく下回る技量の人は 遠慮すべきとしても)その点はあまり気にしても仕方のないことである。まず、ゴルフの腕前と言う意味では 平均的なレベルであれば十分で それは 平均スコアにして 100-110 くらいということだ。また、マナーとプレーファーストさえ確り出来れば 多少平均に達していない人でも 一人ゴルフにチャレンジ可能と考えるべきだろう。ただし、逆に、スコアが平均より良くとも マナーやプレーファーストが確り出来なければ問題である。どんな所で誰とゴルフをするにせよ 正しいルールに則り 気持ちの良いマナーでプレーファーストが実践出来なければ ゴルフをする資格はないくらいの気持ちを持って欲しい。» マナーとルールの詳細

要するに、技術的には 110 くらいのゴルフの腕があれば 誰でも一人ゴルフは 問題ないのであるが、問題な人は マナーが悪く、プレーファーストの必要性を認識せずに キビキビしたプレーが出来ない人だ。つまり、一人ゴルフがしたければ ゴルフ練習場に通うだけでなく マナーとルール、そして、プレーファーストを確り学んで欲しいのである。» プレーファーストのコツ

アメリカン・スタイル

余談になるが、アメリカのパブリックゴルフ場の多くは ファーストカム・ファーストサーブ的にプレーさせる前述 C のスタイルの所が多く、一人でゴルフ場に来る人も多い。当然、行き当たりばったりの形で見知らぬストレンジャーと組まされてのラウンドになるが、そんなものだと思えば それもまたよしである。時々、マナーが悪かったり、まだ ゴルフ場でプレー出来る技量が身に付いていない人と組まされてしまうこともあるが、そんなマイナス面以上に 何時でも時間ができた時にゴルフ場に立ち寄れば ゴルフが出来るのは 大きなプラスである。日本にも そんなゴルフ場が沢山あれば良いと思うが、そうしたゴルフ場は少ない。

アメリカのパブリック・ゴルフ場アメリカ、ニューヨークのマンハッタンから車で 1時間程度のロングアイランドにある べスページ (Bethpage) ステートパークには 2002年と 2009年に全米オープンが行われた ブラック・コースをはじめ 全部で 90ホールのチャレンジングなコースがある。ブラック・コースだけでなく、どのコースもパブリック・コースとは思えない素晴らしさにも拘らず、以前には $20以下でプレーが出来たものだ。しかし、全米オープン開催以降は値上がりし 近年は 少々お高くなっているが、それでも コースの質を考えれば ニューヨーク近郊のゴルフコースとしては極めて割安なので 今でも大変人気が高く、朝には写真のように長蛇の列ができる。一方、待ち時間が短くなるので(二人や三人の組に入り込めるように)一人で来てプレーをする人が非常に多いコースでもある。なお、日本人を含む州外の人間のグリーン・フィーは ニューヨーク州の住民の倍である。

アメリカのように もっと気楽に思い立った時に行って(予約や確認なしに)プレー出来れば良いと思う方も居るだろうが、見方を変えれば、ある程度 事前に手配をする必要があると言うことは サプライズが少なくなるというメリットもあるのだから悪い面ばかりではないと言えよう。一人ゴルフに興味を持った方は 是非 自分にとってベストな一人ゴルフ用・ゴルフ場のリストを作るべく、これを機会に色々チェックされては 如何だろうか。

ゴルフ用品|Online Shops
Copyright © 2004-2021 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP