コンテンツ目次

ビジネスレター・メールの書き方

emailインターネットの発達により 電子メールでのコミュニケーションが普及し、地球の裏側との交信もスムースに出来るようになって久しい。退社前にメールで アメリカのサプライヤーに依頼をしたら 翌朝 出社した時には回答が来ているなんてことも 今日では当然のこと。従って、上手に英語のメールが書けると海外との仕事がどんどん出来るような時代である。 ところが、あるサイトに英語のメールの書き方の解説で 次のような例文が紹介されていた。

Dear Sir or Madam,
I saw your products on the website. I would like to know the price of the products. Could you send me a price list including shipping costs?

英語は間違いなく プライス・リストが欲しいという意図の伝わる文章になっているが、これでは 回答が来ない可能性が高い。何故だろうか? 価格表が出てくることも稀にあるだろうが、一般に価格情報というのは 企業秘密に近いもので 必要な時以外には そう簡単には出さないのものだ。

つまり、商品の価格が知りたい時は、消費者、もしくは、バイヤーであるということが、相手に明確に分かるような聞き方をしないと 思ったような回答はもらえない可能性が高い。また、送料は どこまでの送料なのか 書く必要があることは言うまでもない。常に 相手の立場を良く考えて文章を作ることが 上手なビジネス英語 (日本語も同様) を書く基本だ。英語になると、つい、そうした点に気が回らなくなる人がいるようだが、気を付けなければなりません。さて、先ほどの例文 (本文のみ) を書き換えて見よう。

I am interested in buying xxxx and/or yyyy listed on your Web site. Please let me know the price - including the shipping costs to Tokyo, Japan.

xxxx, yyyy は きちっと 相手が分かるように記述する必要がある。また、お願いすることが 一つ以上の場合は 箇条書きにするなどすれば 相手に間違いなく対応してもらえる可能性が高くなるだろう。 微妙なニュアンスを伝えるとか 相手を説得する必要がある場合などは 日本語を 直訳したような英語では うまく行かないものだ。

本サイトでは 以上のような ビジネスの目的を達成するのに重要なポイントを 十分に考慮した英語の例文を 簡単な解説と併せて 載せているので 参考にして欲しい。左のコンテンツ (例文集) 目次から 興味のあるアイテムを クリックするとそんな英語の例文と解説が参照できるので ご利用下さい。
www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意