2017 全米オープン (U.S. Open)

Tee
1
2
3
4
5
6
7
8
9
Out
B
615 363 478 439 507 236 605 490 165 3898
1
613
330
497
451
514
252
604
490
150
3901
2
597
360
515
456
498
249
578
487
153
3893
3
609
331
516
432
504
239
613
499
123
3866
4
605
329
484
399
500
199
632
486
172
3806
Par
5
4
4
4
4
3
5
4
3
36
Tee
10
11
12
13
14
15
16
17
18
In
B
504 409 466 215 609 370 200 481 660 3914
1
514
451
448
227
599
368
179
526
632
3944
2
525
468
437
198
603
348
179
512
676
3946
3
521
467
465
208
599
288
214
523
667
3952
4
492
452
433
216
588
356
184
513
681
3915
Par
4
4
4
3
5
4
3
4
5
36
Erin Hills Score Card & US Open Yardage
上の動画は 2017年 全米オープンに優勝した ブルックス・ケプカ (Brooks Koepka) の最終日の様子を映した約 8分のハイライト動画である。1990年 フロリダ州 West Palm Beach 生まれのケプカは ゴルフの強豪校 Florida State で プレーし プロに転向したのが 2012年。体格は 180cm - 84kg と平均的だが 2016-17 シーズンの平均飛距離は (307.4) で 全米オープン終了時のスタッツで ツアー 5位の飛ばし屋である。右のテーブルは エリン・ヒルズの 黒 ティ (B) のヤーデージと 全米オープン (青 1~4) のヤーデージを表にしたものだが 距離の長いこのコースは 飛ばし屋が有利と言われたが ケプカにとっては やはり それが アドバンテージだったのであろう。最終日は 7721ヤードの設定だったものの その他は 7800ヤード以上の設定で 競技が行われた。ただし、ダスティン・ジョンソン、ローリー・マキロイなどランキング上位の飛ばし屋の多くが 予選落ちしたのは 意外な結果だった。因みに、2位タイと言う好成績を残した日本の松山英樹選手の 2016-17 シーズンの平均飛距離は (301.8) で 全米オープン終了時のスタッツで ツアー 21位。その前年の (294.5) 65位からは 大幅にアップしており 今シーズンの好成績の一因になっていると考えられる。ところで、この大会で 注目されたのが 3日目に 全米オープン史上 ベスト・スコア (-9) を記録した ジャスティン・トーマス (Justin Thomas) だが、下は その様子を映したハイライト動画 (約 3分) である。» エリン・ヒルズ Hole by Hole コース・レビュー




www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP