コンテンツ目次

グリーンの コンディション|スピードと硬さ

このページのコンテンツ
• はじめに
• グリーンの速さ
• グリーンの硬さ
• アプローチ・ショットでの注意点
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


ゴルフ場に行って 着替えを済ませたら 直ぐに ドライビング レンジに行く人も居るだろうが、大方の人は まず 最初に行くのが 練習グリーンである。ウォーミング アップがてら グリーンの状態を見て 少し パットの練習をする。グリーンのスピードは ? 芝目は ? そして グリーンの硬さは? そんな グリーンの コンディションを ラウンド前に 確り チェックし、パットのタッチを確認してから 一日をスタートする。手を抜かずに 実行すべき ルーティーンだ。

グリーンの速さ


グリーンの速さは 基本的に 芝の刈り高を変えることで調整する。その日の朝に 確り 刈り込まれ 転圧ローラーがかけられて 綺麗に仕上がったグリーンでは 軽くタップしただけで ボールは スーッと転がっていくが、ゴルファーなら そんなグリーンで 何時もプレーをしたいと思うはずだ。

スティンプメーター
グリーンの速さは 通常 写真右の滑り台のような器具のスティンプメーター (Stimpmeter) と呼ばれる計測器で測って表記するが、7.5 以下なら 遅いグリーン、9.5 以上であれば 速いグリーン そして プロのトーナメントでは 11 〜 12 場合によっては それ以上のスピードにまで 引き上げられることも。しかし、芝を短く刈って 速いグリーンを長期間保つことは 芝の健康には 良くないので 通常 我々がプレーするコースでは 11 〜 12 といったスピードのグリーンにお目にかかることは あまり ないはずだ。因みに、スティンプメーターは それを考案した エドワード・スティンプソン (Edward Stimpson) という人の名前が付いた訳だ。以下は USGA が作成した スティンプメーター の動画(英語)で これが使われるようになった理由(どのグリーンのスピードも同じにするため)と 使い方などを説明している。


説明にもあるように 約 20° の傾斜で 一定の高さからボールは 転がり落ちるようになっているが 早いグリーンでは その転がりが 1/2 になる (2X) の面を使って測定出来るようにもなっている。平らなグリーン面の 相対する 2方向から それぞれ 3回づつ測定し その転がった距離 (フィート) の平均値を算出する。

グリーンの速さは 芝の刈り方に 大きく依存するが その硬さや 土に含まれる水分の量にも影響される。プロのトーナメントでは 速いグリーンにするために 芝をダブルカットした上に、さらに、グリーンを硬く、早くするために ローラーをかけるといったことが 一般的に行われる。しかし、乾燥しきったコースで そんなことをしたら 150ヤード以上あるようなショットで ボールをグリーン上に止めることは 至難の業になる。どのようなグリーンでも グリーンの硬さは プレーに 大きな影響を及ぼすが 速いグリーンでは その影響が 特に 大きくなるからだ。

グリーンの硬さ


グリーンや フェアウェイなど(土壌)の硬さは コンパクション メーターという 鉄針をグリーンに差して その時の負荷を(バネ仕掛けで)測定して表示する機器で計測され コンパクションという尺度で表示される。コンパクションの数値が大きいほど グリーンは 硬くなるが 日本のプロのトーナメントのグリーンでは 12 ~ 14 (単位は kg/cm2) 前後に設定されることが多い。コンパクションが 14 以上のグリーンになると ピッチマークがほとんど付かない。一般的には 11 ~ 12 程度のグリーンが多いようだが 10 以下のグリーンは 大きなピッチマークが出来る 軟らかめなグリーンになる。ただ、指数硬度 (単位は mm) の数値を コンパクションと言っている場合があり 12 ~ 14 kg/cm2 は 24 ~ 25 mm、8.5 ~ 10 kg/cm2 だと 概ね 22 ~ 23 mm になる。テレビの解説で 今日のグリーンのコンパクションは 24 と言っているとしたら それは 指数硬度の数値で 正しくは コンパクションが 12 kg/cm2 程度だから やや硬め と言うことになる。

晴れた日が続けば グリーンは 硬くなるし 雨の日の後は 柔らかくなる。アイアン ショットでグリーンをヒットした時に ボールマークが付かないようであれば 硬いグリーンということだが そうしたグリーンで プレーをする時は グリーン センターよりも少し短めに グリーンを攻めるのが 常套手段である。場合によっては、グリーンの手前から転がして乗せていくことも有効なアプローチになる。もちろん、グリーンが硬くなっているような時は フェアウェイも硬くなっているから そうしたコンディションも考えてプレーをすべきである。

アプローチ ショットでの注意点


グリーンの硬さは 短い アプローチ ショットにも 影響するものだ。硬いグリーンでのチップショットでは ボールが落ちてから どの位 転がるかの判断が難しくなるが、ボールを上げれば 上げるほど その傾向は強くなるから、そうしたグリーンでは 出来るだけ 低いボールで転がした方が 有利になる。また、グリーンの硬さは 風の強い 高台のグリーンが固くなる傾向にあるなど バラつきがあることも覚えておくと良いだろう。さらに、硬い下りのグリーンでは ボールが 非常に良く転がるから スピードのコントロールが 特に 難しくなる。つまり、硬いグリーンで 受けていない場合は グリーン オーバーをしないように 十分注意してプレーしなければならない訳だ。

ラウンドの前に練習グリーンで練習する時には グリーンの速さだけでなく 硬さや芝目のことも考えてグリーンのコンディションを良く観察しておくことがスコアメイキングの鍵になる。練習グリーンで チップショットが禁じられている場合などは ボールを手で投げてグリーンの感触をチェックしておくと良いだろう。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP