ゴルフ豆辞典 メニュ メニュー

スティンガーショット

Introduction

ご存知のように スティンガー (Stinger) は タイガー・ウッズの十八番とも言えるショットで 通常は(他のクラブで打つこともあるが)スプーンや ロングアイアンで打つ 地上すれすれに低く飛んでいくミサイルの弾道のようなショットの総称である。(下の動画参照)低空を飛んで 敵を攻撃する携帯式防空ミサイルの名にあやかったものだが 距離を出せるコントロールショットで タイガーは フェアウェイをキープすることが重要なホールのティーショットに多用している。

スティンガーの特徴

スティンガーショットの特徴は 前述のように低い弾道であることから 風に強いコントロールショットと言うことだけでなく 距離を出すことも出来るから利用価値の高いショットだが、特に、曲げたくないショットでは そのショットの弾道のイメージが安心感を与えてくれる というメリットがあるのも特徴の一つだと言えよう。ボールが落下してから転がって距離が出るので ダウンヒルの硬いフェアウェイでは 特に その特徴が生かせるはずだ。

スティンガーの打ち方

スティンガーの打ち方は アドレスで 少し(最大 10センチ程度)スタンスのセンター寄りに ボールを置くか 左足に対するボールの位置は普通通りで スタンスを狭くするかして 多少 ハンドファーストに構えて 左腕とシャフトがほぼ直線になって 腕が "y" の形になるようにセットアップする。そこから、バックスイングは 通常のフルスイングのように肩を確り回転させるが、腕の振りは抑えて コンパクトになるよう(但し、インサイドには引かないよう)にし、スイングを通じて、この y の形がキープされるようにボールを打つのがコツである。

腕の動かし方この時、オン・プレーン (on-plane) スイングを 心掛けると同時に 左の手首を固めて 手の甲がインパクトでは ターゲットの方を指すよう(右図 4)スイングすること。さらに、フォロースルーにかけては 左手の甲と肘が地面を指すようにして(右図 5 - 6)腕の振り幅を狭くして、低いフィニッシュを心掛けよう。要するに、クラブを完全にリリースさせないまま(腕の振り幅を小さくして)フォロースルーに入るような打ち方になると言うことだが、腕の力やリストのリリースではなく、ボディーターンでボールを飛ばすイメージでボールを打つショットである。腕を低い位置で止める、所謂、アブリビエイテッド (abbreviated) フィニッシュの形になる訳だ。腕の振りは ゆっくり 体の回転は早く と言う組み合わせである。

練習ドリル

スティンガーショットの練習ドリルとしては 5番アイアンで 100ヤード程度のショットをし そこから徐々に距離を伸ばすショットを打ち、上述のスティンガー独特な腕の振り方、フォロースルーからフィニッシュの取り方、ボディーターンの仕方などを 学習してみて欲しい。それが上手く出来るようになったら そのイメージで 3番アイアンやスプーンなどで スティンガーショットを打ってみよう。スティンガーは 体の回転だけで打つイメージのショットだから これを練習することで ゴルフスイングの正しいボディーターンに対する理解が深まる可能性も高いと言えるから そうした観点からも 一度 ジックリ 研究して欲しいショットである。

Copyright © 2004-2020 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP