コンテンツ目次

腕のローテーション|プロのスイングの秘密

このページのコンテンツ
• はじめに
• モダン・ゴルフの解説
• 望ましい トップの形
• タメが作れるスイング メカニズム
• 力強い ゴルフ スイングの完成
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


ベスト ボール ストライカーと言われたベン・ホーガン (Ben Hogan) は その著「モダン・ゴルフ」の中で前腕のローテーション 即ち プロネーション (pronation) と スーピネーション (supinateion) と言う 少し 分かり難い概念について言及しているが、ここでは その内容を紹介し 併せて その効用について 少し詳しく解説する。

モダン・ゴルフの解説


モダン・ゴルフよりモダン・ゴルフでは この概念を 右図を使って解説しているが、このように ドア ノブを回転させるように 手と腕を フォワード スイングの時に動かすのが 好ましいスイングをする上での鍵だと説明している。(ベン・ホーガンの モダン・ゴルフ より)そのためには バック スイング時に 右利きの場合 左手の甲が上を向くように 腕を 回転させ(その動きをプロネーションと言う)それを フォワード スイングで 右図のように戻して インパクトでは 左手の甲がターゲットを指すようにし さらに そこから フィニッシュにかけて その甲が下を向くように回転させる(その動きがスーピネーション)ことで クラブ ヘッドを 効率良く走らせることが出来る訳だが プロは それを絶妙のタイミングで行っている。

この動きを 自分のスイングの中にどのように取り入れるべきか については様々な考え方があるが、それによって 腕の振り方、リスト(手首)のコックとクラブのリリースのメカニズム 加えて スイングのタメのメカニズムは 大きく影響される。

望ましい トップの形


左腕の引き方と ローテーション そして それにマッチした 右腕の 右肘が トップで地面を指すような動きは クラブ ヘッドを 望ましいスイング プレーンに乗せて スイングするために 欠かせないモーションである。(» 詳細)シャフトの傾きと クラブ フェースの向きは この腕の動きによって大きく左右されるが そのために必要とされる 微妙な前腕のローテーションは 前傾姿勢の角度にも左右されるもので 大きな前傾姿勢の構えであれば ローテーションは 大き目に、その逆であれば、小さ目で良い理屈になる。

スイング・プレーンと腕の動きの関係このように 腕とクラブのシャフト 及び フェース面をスイングを通じて 望ましいスイング プレーンに乗せるためには 前述の腕のプロネーションが必要になるが、それが必要以上であれば トップで シャフトは寝て 所謂 レイド オフの形になってしまうし、不足していれば クロスする(クラブヘッドが ターゲットの右を指す)形になる訳で どちらの場合も クラブは プレーンからは外れることになる。その理屈を念頭に 右のイラストを見てみよう。トップのポジションで 左腕と シャフトの傾き 及び フェース面が理想のスイング プレーンから外れていれば フォワード スイングで それを好ましいスイング面に戻してあげる必要が生じるから 腕の動きは 勿論のこと 体の動きも 非効率で 不安定なものにならざるを得ない。つまり、まずは バック スイングから トップにかけて そうした観点から その腕の振り方(左腕を引く方向と そのローテーション)がどうあるべきかを学ぶ必要がある。同時に、その時の リスト コックの仕方についても コントロールし どのように 腕全体を動かすのが良いのかを その角度や量 そして タイミングの面から 十分に研究する必要があろう。

多くのアマチュア ゴルファーは (a) 腕をインサイドに(フラットに)引き過ぎるか、(b) 左腕の肘を曲げることによってクラブをスイング プレーンに乗せようとするが 腕を正しい方向(多くの人が思っているよりは アップライト)に そして 肘を曲げないように 腕を振って クラブを好ましい スイング プレーンに乗せるには 前述のプロネーションが不可欠になる。左腕を 飛球線の後方に 出来るだけ 真っ直ぐに 引き 肘を曲げずに クラブを トップの位置にまで 上げて行けば 左腕は 必然的に プロネートするし 逆に言えば そうしなければ 肘の曲がらない トップの形は 完成しないのだ。

プロネーションと スーピネーション それに リストのコックとアンコックという観点から腕の動きについて考えたことのなかった人は その動きを改善することによって スイングの感覚とメカニズムが大きく変わる可能性がある。色々なパターンを試行錯誤的に試して欲しいが プロネートさせるタイミングと その量 そして リストのコックについても そのタイミングと量を変えて 最もスムースにクラブを振ることが出来るパターンを探すことである。

タメが作れる スイング メカニズム


いずれにしても、このプロネーションを導入した腕の動きをすることで その量は 僅かであっても 体、腕、クラブの位置関係、さらには 肩の回転、腕とクラブを振る感覚に大きな違いが出るはずで 違和感を持ち 自分には 不向きな概念だと感じる人も居るだろうが、これで 上手くできなかった スイングのタメも出来るようになって スイングの大幅な改善につながる可能性があるものだ。

スーピネション望ましい トップの形が出来たら そこから フォワード スイングでは 右図 (b) の腕が右脚の太もも前に落ちてくるまで トップの位置で作った腕とシャフトの位置関係(角度)を維持する感覚で 肩を回転させて クラブを落とし そこから (c) に向けて スーピネートしながら アンコックして クラブをリリースさせるスイングが出きれば 必然的に スイングには タメが生じるはずだ。ただし、スーピネーションも アンコックも それを無理やり意図的に行っても 上手く行くものではなく ある意味 位置のエネルギーを利用する感覚で 自然に行えるようにすべきものである。

クラブのリリースに タメが生じれば (b) の段階で ほぼ地面に対して シャフトが平行な状態から クラブは インパクトの直前にリリースされる訳だから クラブ ヘッドは よりダウン ブローに ボールを捕らえることが出来るようになり、特に、アイアン ショットでは ボールを よりソリッドに打つことが出来るようになるだろう。この (b) の感覚が理解できるようになれば しめたものである。インパクト前後の ヘッド スピードは 無理なく 非常に効率よく アップすることになるだろう。

力強い ゴルフ スイングの完成


左腕の動き一方、(c) 以降は 右図のように 左肘が下を向くようにしながら 左腕のスーピネーションの動きを最後まで完結させることになる。腕を ここでの説明のように ローテートさせることは 方向性に悪い影響を与えないか と心配する人も居るだろうが この動きは クラブ フェースを インパクト後もスクウェアに維持する効果のあるもので むしろ 積極的に取り入れることによって(腕をアップライトに振れる効果も手伝って)方向性が 逆に 良くなる可能性の高いものである。従って、その点については 恐れずに試して見るべきだろう。ただ、最初は 腕の振り幅を小さめにして 腕の振りと ローテーション、コックの入れ方、また、肩の回転と腕の動きとのバランス、そして、(b) の形の作り方、さらには (c) (d) (e) の左肘の返し方、左腕のたたみ方などについて 色々試して欲しい。

腕のローテーションによって クラブヘッドが 効率良く走るのは それが正しい肩の回転を促す効果もあるからだとも考えられるが トップでの腕のプロネーションと コックの状態を フォワード スイングでは (b) の状態まで あまり変えることなく 維持するようにして腕を落とし そこから 遠心力の力を利用して 一気に スーピネションと アンコックをするように スイングすれば 腕を大きく振り上げずに 腰の高さくらいで 抑えるイメージでも ヘッド スピードは 驚くほど上がるはずだ。意識的には 腕の力でボールを飛ばすというものから この腕の動きと体の回転とをシンクロナイズさせることで ボールを飛ばすというものに変えて欲しい。プロネーションと コック、スーピネーションと アンコックを セットで上手く行えるよう 体の回転と 腕の振りを バランスさせることで 自然と タメが生じ より安定していて しかも 力強い ゴルフ スイングが完成するはずだ。

最後になったが、他にも ベン・ホーガンの「モダン・ゴルフ」には 大変参考になる概念が数多く説明されているので 読んだことのない人は 一度 チェックして下さい。 » 詳細

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP