グランドサークル 真っ只中

Introduction

アメリカの大自然の象徴と言っても過言ではない グランドキャニオン (Grand Canyon) や モニュメントバレー (Monument Valley) がある一帯は グランドサークル (Grand Circle) と呼ばれ 毎年 世界中から大勢の観光客が訪れる所だが その中心にあるのが レイクパウエル (Lake Powell) と その湖畔の町 ページ (Page) で そこに造られた 18 ホール (7064 yards) の本格的なパブリックコースが レイクパウエル ナショナル (Lake Powell National) ゴルフコースである。

グレン キャニオン

グレンキャニオンダム

グランドサークルを横断するコロラド川をせき止めて 岩山と砂漠の荒野の中に巨大人造湖を出現させた グレン キャニオン ダム (Glen Canyon Dam) は 1956年に着工され 1966年に完成したが、それと同時に出現したのがレイクパウエルとダムの南東側に広がる町 ページである。 この町に居住する人の数は 僅か 7000人ほどだそうだが グランドサークル観光の最大の拠点の一つで 夏を中心に年間約二百万人もの観光客が訪れる所である。従って、宿泊施設の選択の幅は 広いが ピークシーズンである夏のホテル料金は 田舎町にしては かなり高いのが難点だ。ページを中心とするこの一帯は グレン キャニオンと呼ばれるが 実に 見どころ満載のエリアで アトラクションには 事欠かない。岩と光の芸術で知られるアンテロープ キャニオン (Antelope Canyon)、蛇行して曲がりくねったコロラド川を眼下に見下ろすビューポイントのホーシューベンド (Horseshoe Bend)、レイクパウェルのボートツアーやコロラド川の川下りなど 当に 選り取り見取りだ。

岩山と砂漠の荒野のオアシス

そんなページの町のほぼ中心に位置し ダムと湖を望む小高い丘を中心に造られたのが レイクパウェル ナショナルである。1995年にオープンしたコースだが アップダウンのある本格的なデザートコースで この地域に住む ゴルファーにとっては 当に オアシス的な存在だ。フロントナインは 比較的 フラットなホールが続くが バックナインは丘の上に登って降りてくる レイアウトで アップダウンが大きくなる。

最寄のゴルフ場は 100km 以上 西に離れた町 (Kanab) にある 9 ホールのゴルフ コース (Coral Cliffs Golf Course) だったが、そのコースが封鎖されてしまったので 現在は 当に このエリアにある 唯一のゴルフ場である。都市から遠く離れた小さな町にあるこのコースに ゴルフだけを目的に訪れる人は少ないだろうが ラスベガス経由 グランドサーク巡りをしつつ ゴルフも少し楽しみたいという日本人には オススメなコースである。岩山と砂漠の荒野ばかりを見た後にするゴルフは 格別だからだが、それに ラスベガスから車で I-15 を北東に 2時間ほどの所にあるセントジョージ (St. George) 周辺のゴルフコースでのプレーを組み合わせれば 完璧なグランドサークル + ゴルフという旅になる。

グランドサークル

アンテロープ
ページを中心とする 半径 230km の円 (サークル) の中には グレン キャニオンに加え グランド キャニオン、モニュメント バレー、ザイオン、ブライス キャニオン、キャピトル リーフ、キャニオンランド、アーチーズなどを始めとする 10 の国立公園と 16 の国定公園、19 の国立モニュメントや州立公園がある。この町に滞在して観光したいのは レイクパウエル以外にも グレンキャニオン ダムの下流のコロラド川が折なす景色、そして、アンテロープ キャニオン (Antelope Canyon)に代表される 岩と光の芸術 スロット キャニオンなどがある。

ホーシューベンド
日本に居ては 決して見ることの出来ない景色が これでもかと言わんばかりに続く所だが 実は 茶褐色の岩ばかりを 毎日 見ていると 神経が疲れてしまう。そんな時、緑の中 ゴルフで汗をかけば 心身ともに リフレッシュされるのは間違いない。少し時間的余裕のあるグランド サークル観光を考えている人は ここで トワイライトのゴルフといったような計画も悪くないだろう。

Copyright © 2004-2019 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP