ゴルフ豆辞典 メニュ メニュー
パインバレー

アメリカの二大ゴルフ雑誌である ゴルフ ダイジェスト誌 (Golf Digest) と ゴルフ マガジン誌 (GOLF MAGAZINE) では それぞれ 米国のトップ 100 コースを選定し 発表している。どちらも2年に1回、順位を見直して改訂するのが慣例で その都度 多少の順位の入れ替えがある。以下は その 2020年版から、それぞれのトップ 20 に入っているコースの一覧である。ご覧の通り、かなり類似した結果になっているが 中には 大きく見解が異なるものもある。

Golf Digest (2019-20) - US Top 100
1. Pine Valley G.C.
2. Augusta National G.C.
3. Cypress Point Club
4. Shinnecock Hills G.C.
5. Oakmont C.C.
6. Merion G.C. (East)
7. Pebble Beach Golf Links
8. National Golf Links of America
9. Sand Hills G.C.
10. Fishers Island Club
11. Winged Foot G.C. (West)
12. Seminole G.C.
13. Crystal Downs C.C.
14. Chicago G.C.
15. Friar's Head G.C.
16. Muirfield Village G.C.
17. Pacific Dunes
18. The Country Club
19. Los Angeles C.C. (North)
20. Oakland Hills C.C. (South)
GOLF MAGAZINE (2020) US Top 100
1. Pine Valley G.C.
2. Cypress Point Club
3. Shinnecock Hills G.C.
4. National Golf Links of America
5. Oakmont C.C.
6. Augusta National G.C.
7. Sand Hills G.C.
8. Merion G.C. (East)
9. Fishers Island Club
10. Pebble Beach Golf Links
11. Pinehurst Resort No.2
12. Los Angeles C.C. (North)
13. Friar's Head G.C.
14. Chicago G.C.
15. Winged Foot G.C. (West)
16. Crystal Downs C.C.
17. Riviera C.C.
18. Prairie Dunes C.C.
19. Pacific Dunes G.C.
20. Seminole G.C.

最も評価が分かれているのは ゴルフ ダイジェスト誌の 16位にランクされている Muirfield Village G.C.で、ゴルフ マガジン誌では 51位とかなり低くランクされている。逆に、ゴルフ マガジン誌で 11位と高い評価を受けている Pinehurst Resort #2 は ゴルフ ダイジェスト誌で 29位、また、ゴルフ マガジン誌で 17位の Riviera C.C. は ゴルフ ダイジェスト誌で 27位になっている。しかし、そうした例外はあるものの 両誌の評価が 大きく異なるものは そう多くない。例えば、Pine Valley G.C. は 殆ど常に 両誌の No. 1 である。また、Cypress Point、Shinnecock Hills の評価も然りだ。強いて言えば、Augusta National と National Golf Links of America の評価は 少し意見の分かれるところである。上位のコースの多くは 比較的歴史の長い名門クラブだが 中には 1995年オープンの Sand Hills (Private)、2001年オープンの Pacific Dunes (Resort) のような比較的新しいコースもある。近年は 誰もがプレー可能なアップスケールのリゾートコースが造られ、そうしたコースが 100位内にランクインしてくるケースが幾つも見られる。

アメリカには 17,000 以上のゴルフコースがあるが、その約 1/3 はプライベート・クラブで、かつては トップランク入りしているコースの多くが そうしたプライベート・クラブのコースだった。従って、メンバーの紹介がなければプレーできないコースが多かった訳だが、前述のように 近年は リゾートコースで 日本のゴルファーでも プレーすることの出来るトップ・コースが増えてきた。

なお、以上のランキングの評価基準は 次の 7項目をベースに 公平、且つ、的確に評価できる選者が可能な限り公平に評価した結果である。即ち、1) Shot Values; 2) Resistance to Scoring; 3) Design Variety; 4) Memorability; 5) Aesthetics; 6) Conditioning; 7) Ambience といった基準だ。 詳細

因みに、アメリカには 17,000 以上のコースがあるが、その他にある ゴルフコースの数は 概ね 世界 2位の英国に 2,750、3位の日本が 2,400、そして、4位のカナダに 2,300、5位のオーストラリアに 1,500 と言われており、数の上では アメリカにゴルフコースの過半数があるというのが実態だ。加えて、経済的に恵まれるプライベート・クラブの数が多いことも アメリカの特徴で、結果として、素晴らしいコースが アメリカに多くなることは ある意味 当然なことであろう。日本には 約 2,400 のゴルフコースがあるが、別途、ゴルフ マガジン誌がやっている World Top 100 - 2020 のリストに載るレベルに評価されているコースがある。廣野ゴルフ倶楽部(39位)、川奈ホテル富士コース(56位)だが、川奈は 何故か 2020年のリストで ランクを上げた。一方、かつては 90位台にランク入りしていた 東京ゴルフ倶楽部は 2020年のリストでは 100傑入りできなくなった。新しいコースで 100傑入りしてくるコースが出てくるのだから 当然の結果かも知れない。

ゴルフ用品|Online Shops
Copyright © 2004-2021 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP