ゴルフ豆辞典 メニュ メニュー

女子ゴルフ|メジャー大会

男子ゴルフ・メジャー大会のマスターズ、全米オープン、全英オープン、全米プロゴルフ選手権のスケジュールは 2019年から 全米プロが 5月に行われるようになると言う変更はあったが その4大会が変わることはないし 知名度も極めて高い。

女子ゴルフ
一方、女子ツアーのメジャー大会の歴史は 男子のそれに比べ短いことに加え 何度も変わった過去がある。そうしたこともあり、それらの大会の権威や知名度、注目度は 残念ながら 低いと言わざるを得ない。そもそも 女子は メジャー大会が 近年は 年間5つもある。ゴルフファンの多くは 女子のメジャー大会の名前をすべて言うことが出来ないだけでなく、5つあることの事実さえ知らない人が少なくない。実は 1994年からフランスで行われるようになった欧州女子ツアーのエビアン マスターズが 2013年からは メジャーに昇格し 名称も エビアン チャンピョンシップとなって 年に 以下の5回のメジャー大会が行われるようになったのだ。

• ANA インスピレーション
• 全米女子プロゴルフ選手権
• エビアン選手権
• 全英女子オープン

5つのメジャーという問題もあるが、女子ゴルフのメジャー大会の運営方針には 疑問が残る。それは 全米女子オープンを除く、全ての大会にスポンサーの会社名が付いていることである。つまり、日本で全米女子プロゴルフ選手権と言われている大会の正式名称は KPMG LPGA 選手権|KPMG LPGA Championship で、全英女子オープンも AIG 全英女子オープン|AIG Women's (British) Open が正式名称だ。1990年代には ナビスコ・ダイナ・ショア、全米女子オープン、マクドナルド LPGA チャンピオンシップ、デュモリエー・クラシックの4大会がメジャー大会だったが それを知る人が殆ど居ないことからも分かるように その歴史や威厳は 男子とは比べようもない。ここで 全米女子プロゴルフ選手権|Women's PGA Championship の名称変更の経緯を見てみよう。

全米女子プロゴルフ選手権の名称の変遷
1955–1970年 LPGA Championship
1971–1972年 Eve-LPGA Championship
1973–1986年 LPGA Championship
1987–1993年 Mazda LPGA Championship
1994–2000年 McDonald's LPGA Championship
2001–2003年 McDonald's LPGA Championship presented by AIG
2004–2009年 McDonald's LPGA Championship presented by Coca-Cola
2010年 LPGA Championship presented by Wegmans
2011–2014年 Wegmans LPGA Championship
2015年 〜 KPMG Women's PGA Championship

実は 2015年に LPGA は PGA とのパートナーシップを結び これが 男子の PGA の姉妹イベントになったのと同時に KPMG をスポンサーに迎え、NBC との放映権契約を新たに結んで 名称が KPMG Women's PGA Championship に代わったという経緯がある。この時に 大会の元々の名称である LPGA Championship にできたら良かったのだろうが、近年の流れを見ると むしろ 当然の結果だったのだろう。日本語にすると どちらも全米女子プロゴルフ選手権だが、LPGA Championship と Women's PGA Championship には 大きな違いがある。そもそも LPGA Championship は PGA Championship がそうであるように プロの選手しか出場できない大会だったが 2005年に 当時 アマチュアだった ミッシェル・ウィーを(お金のために)ルールを曲げて 出場させたこともある組織で 規則や伝統 ましてや 大会の名称に拘るような組織ではないようだ。LPGA のアイデンティティーなど 意に介さないのであろう。

アマチュア・スポーツの祭典だったオリンピックが 今のような「お金第一主義」のイベントになってしまったのだから、ゴルフの大会に会社名を入れて より多くのスポンサー料を獲得しようとする女子プロゴルフ協会の姿勢を 一概には 非難できないが メジャー大会に スポンサーの会社名を入れることには 大きな疑問を感じざるを得ない。資金力のある USGA が後ろ盾だから 全米女子オープンだけは 社名抜きの大会にできるのだろうか? 社名が出なくても 一定額のスポンサー料を払ってくれる複数のスポンサーを探し そのスポンサーからの資金と放映権料などをベースに 大会を運営することも可能なように思えるが そもそも そうしたことに拘っていないのかも知れない。女子プロゴルフの歴史の浅さ、人気、興行資金獲得の難しさ、そして、組織幹部の報酬体系などが「花より団子」的な運営を後押しさせたのだろうが、女子のプロゴルフが人気も実力もアップした訳だから 新たな歴史を作るくらいの気概を持って メジャー大会の名称から社名をなくすことを考えて欲しいものである。

因みに、日本の航空会社 ANA がスポンサーの ANA Inspiration 大会の前身は ダイナ・ショア|Dinah Shore で クラフト・ナビスコ・チャンピオンシップと呼ばれていた時代もある。ダイナ・ショアは 女性歌手の名前で 彼女が出演するテレビ番組をプロモートする目的で その名前がつけられ 始められた大会である。最初の名称は Colgate-Dinah Shore Winners Circle だったそうで、それが Colgate-Dinah Shore、Nabisco Dinah Shore、Nabisco Championship、Kraft Nabisco Championship となり、2015年に現在の名称 ANA Inspiration になったという経緯がある。もう一つ、忘れられないのが デュマリエ クラシック (du Maurier Classic) である。1979年 〜 2000年まで 女子ゴルフのメジャー大会だったトーナメントで 現在は カナディアン女子オープンになっているが、2001年からは (RICHO) 全英女子オープンが これに代わって メジャーになったのだ。余談になるが、全英女子オープンは AIG Women's Open と名乗っているが 男子の The Open が British を入れずに名乗っているのとは 状況が違う。大会組織委員会は そのことを理解しているのだろうか。大会名の深い意味を考えずに ゴルフの大会が開催されているとしか思えない状況である。

このように 女子のメジャー大会には 残念ながら 歴史が浅いこともあり 格式を感じることもできない。そして、覚え難い大会名称もある。そうした意味で 男子の4大メジャー大会は 完璧である。また、準メジャーと言われるプレーヤーズ・チャンピオンシップ、そして、シーズン最後のツアー選手権にもスポンサーの名前は出て来ない。大会の運営資金を獲得するための手段であったことは 理解できるにしても 女子ゴルフのイメージを変えていくためには(50年、100年後のことも考えて)メジャー大会を まずは4つにして 大会名からスポンサーの名前を消すことから初めて行くべきではないだろうか。

女子ゴルフ メジャー優勝者|2010年 〜

Kraft
Nabisco
Champ.


ANA
Inspiration

2021年 パティ・タバタナキット (Patty Tavatanakit) 於 Mission Hills C.C.
2020年 ミリム・リー (Mirim Lee) 於 Mission Hills C.C.
2019年 コ・ジンヨン (Jin Young Ko) 於 Mission Hills C.C.
2018年 パニラ・リンドバーグ (Pernilla Lindberg) 於 Mission Hills C.C.
2017年 ユ・ソヨン (Ryu So-yeon) 於 Mission Hills C.C.
2016年 リディア・コー (Lydia Ko) 於 Mission Hills C.C.
2015年 ブリタニー・リンシコム (Brittany Lincicome) 於 Mission Hills
2014年 レクシー・トンプソン (Lexi Thompson) 於 Mission Hills C.C.
2013年 朴仁妃 (Inbee Park) 於 Mission Hills Country Club
2012年 柳先暎 (Sun Young YOO) 於 Mission Hills C.C.
2011年 ステイシー・ルイス (Stacy Lewis) 於 Mission Hills C.C.
2010年 ヤニ・ツェン (Yani Tseng) 於 Mission Hills C.C
U.S.
Women's
Open
2020年 キム・アリム (Lim Kim) 於 Champions Golf Club
2019年 李晶恩 (Jeongeun Lee) 於 C.C. of Chareston
2018年 アリヤ・ジュタヌガン (Ariya Jutanugarn) 於 Shoal Creek G.C.
2017年 パク・ソンヒョン (Park Sung-hyun) 於 Trump National G.C.
2016年 ブリタニ―・ラング (Brittany Lang) 於 CordeValle G.C.
2015年 チョン・インジ (In Gee Chun) 於 Lancaster C.C.
2014年 ミッシェル・ウィー (Michelle Wie) 於 Pinehurst Resort (No. 2)
2013年 朴仁妃 (Inbee Park) 於 Sebonack Golf Club
2012年 チェ・ナヨン (Na Ya Choi) 於 Blackwolf Run G.C.
2011年 リュー・ソヨン (So Yeon Ryu) 於 Broadmoor G.C.
2010年 ポーラ・クリーマー (Paula Creamer) 於 Oakmont C.C.
KPMG
Women's
PGA
Champ.
2020年 キム・セヨン (S.Y. Kim) 於 Atlanta Athletic Club
2019年 ハンナ・グリーン (Hannah Green) 於 Hazeltine Nat'l G.C.
2018年 朴城炫 (Sung Hyun Park) 於 Sentosa G.C.
2017年 ダニエル・カング (Danielle Kang) 於 Olympia Fields C.C.
2016年 ブルック・ヘンダーソン (Brooke Henderson) 於 Sahalee C.C.
2015年 朴仁妃 (Inbee Park) 於 Westchester C.C.
2014年 朴仁妃 (Inbee Park) 於 Monroe Golf Club
2013年 朴仁妃 (Inbee Park) 於 Locust Hill Country Club
2012年 フォン・シャンシャン (Shanshan Feng) 於 Locust Hill C.C.
2011年 ヤニ・ツェン (Yani Tseng) 於 Locust Hill C.C.
2010年 クリスティー・カー (Cristie Kerr) 於 Locust Hill C.C.
The
Evian
Champ.
2020年 中止
2019年 コ・ジンヨン (Jin Young Ko) 於 Evian Resort G.C.
2018年 アンジェラ・スタンフォード (Angela Stanford) 於 Evian Resort G.C.
2017年 アナ・ノードクビト (Anna Nordqvist) 於 Evian Resort G.C.
2016年 チョン・インジ (Chun In-gee) 於 Evian Resort G.C.
2015年 リディア・コー (Lydia Ko) 於 Evian Resort G.C.
2014年 金 孝周 (Hyo-Joo Kim) 於 Evian Resort G.C.
2013年 スーザン・ペターセン (Suzan Pettersen) 於 Evian Resort G.C.
AIG
(Richo)
Women's
British
Open
2020年 ソフィア・ポポフ (Sophia Popov) 於 Royal Troon G.C.
2019年 渋野日向子 (Hinako Shibuno) 於 Woburn G.C.
2018年 ジョージア・ホール (Georgia Hall) 於 Royal Lyntham and St Annes
2017年 キム・インキョン (In-Kyung Kim) 於 Kingsbarns Golf Links
2016年 アリヤ・ジュタヌガン (Ariya Jutanugarn) 於 Woburn G. & C.C.
2015年 朴仁妃 (Inbee Park) 於 St. Andrews Old
2014年 モー・マーティン (Mo Martin) 於 Royal Birkdale Golf Club
2013年 ステイシー・ルイス (Stacy Lewis) 於 Royal Liverpool G.C.
2012年 申 智愛 (Jiyai Shin) 於 Royal Liverpool
2011年 ヤニ・ツェン (Yani Tseng) 於 Carnoustie Golf Links
2010年 ヤニ・ツェン (Yani Tseng) 於 Royal Birkdale G.C.
ゴルフ用品|Online Shops
Copyright © 2004-2021 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP