ゴルフ豆辞典 メニュ メニュー

ゴルファー保険のお話

事故による怪我ゴルファー保険というとホールインワン保険を思い浮かべる人も少なくないと思うが、ホールインワンやアルバトロスを出した時に必要となる(祝賀会やギフトなどの)費用が(第三者の証人がいる場合に限り)カバーされるのが一般的だ。しかし、ゴルファー保険の役割は、それだけではなく、プレーに伴って発生し得る損害、即ち、ゴルフ道具の破損や盗難、また、プレー中の事故による怪我の治療費用などをカバーするものだから、良くゴルフをする人にとっては そちらの方がむしろ本当に保険をかける価値のあるものだと言える。

最近のゴルフ道具は 高価なものも少なくないが ゴルファー保険に入っていれば、破損や盗難に遭遇することをさして心配しなくても良いし、また、万一、他人に怪我をさせてしまったり、自分で転んで怪我をしたりしても 費用面での負担は 大抵の場合 ほぼ全額カバーしてもらえる訳だ。

ここで 過去に 買って 1年半ほど経ったアイアンを破損し ゴルファー保険のお世話になった時の経験を少しお話ししよう。ボールの下にあった石を叩いて 写真のように 6番アイアンのヘッドが傷付いてまったのだが、その修理(ヘッドを新品に交換)費用全額 ¥17,600 を保険会社の三井住友海上支払ってもらった。以下は、その傷付いたアイアンと保険金請求書である。
“損傷したクラブヘッド”
“申請書”
ただし、その手続きは かなり面倒である。少額の費用請求であれば 躊躇する人も少なくないだろう。また、古いクラブなどの場合は その程度によって(減価償却の概念に従って)支払額の上限が低くなるとの説明も聞いた。いずれにしても、実際の手続きは まず 電話で事故の状況を保険会社の担当者に説明することから始まる。そこで、保険の対象になる場合は 保険会社から 保険請求を行うのに必要な書類一式が送られてくる。それから、事故証明書(事故の状況説明)、損傷したクラブの写真、クラブの修理費用の見積もりを提出することになった。見積もりの取得は 修理をやっている工房などにお願いすることになるが、場合によっては 見積もってくれない店もある。そんな時は 何店か損傷したクラブを持って回る必要が出てくることもあろう。見積書をもらうことなどは 破損事故の費用を負担してもらうということを考えると、むしろ、当たり前のプロセスと言えるだろうが 手間のかかる作業である。もし、費用が小額であれば、その手間を考えると、申請する価値があるかどうかは 疑問が残るだろう。とは言え、前述の事故の場合は 申請して 1-2週間で 2万円近い金額であったが 銀行に振り込まれた。

以上が ゴルファー保険が損害を保証してくれた時の一例であるが メリットは 当然ながら 安心と損害の補填である。但し、手続きが面倒なので小額な損害のカバーには 不向きかも。上述の事故をカバーしてくれた保険は 掛け金が 6000円/年で、賠償責任は 障害が 600万円、ゴルフ用品、道具が 27万円、さらに、ホールインワン、アルバトロスが 20万円という内容だったが、多くの人が加入する保険は 類似の内容だろう。

キャディーなしでプライベートのゴルフをしている人にとって、ホールインワンやアルバトロスのカバーは 然程 意味がないが (キャディーや公式競技の同伴競技者なしの場合は 第三者の証人なしということで 認められないのが一般的だから)各種事故に係わる費用のカバーは ちょくちょくゴルフをしている人にとって 大変意味のあるものだと思うので オススメしたい。

ゴルフ用品|Online Shops
Copyright © 2004-2021 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP