グレーシャー国立公園
グレーシャー国立公園 (1910年創設) は モンタナ州の北西部、ロッキー山脈の真っ只中にあって、そのほとんどが森林、山、そして、川と湖という所で 氷河の作った美術館と呼ばれるほど 美しい公園だ。その北端は カナダのウォータートン・レイクス国立公園 (Waterton Lakes National Park) と接し、面積は東京都の約 2倍 (4,054 km²) という大きさである。19世紀末には 鉄道が開通し、観光地として早くから開発されたところだが、近くに大きな都市はなく、飛行機と自動車で訪れるには、ややアクセスの悪い国立公園と言え、その景色が素晴らしい割に 観光客は少なく、落ち着いたムードを楽しめる国立公園だと言えよう。2010年からは エア・カナダのカルガリー直行便が飛ぶようになったので、カナダ経由 この公園を訪れるのも一案だ。西のマクドナルド湖 (Lake McDonald) と東のセントメリー湖 (St. Mary Lake) とを結び、公園を東西に横断する約 85 km の山岳道路 (Going-to-the-Sun Road) がオープンしている夏季の晴れた日には そこからの素晴らしい眺望も楽しめる。また、ウエスト・グレーシャーに近いアプガー (Apgar) から眺めるマクドナルド湖の眺めは 幻想的で この世のものとは思えないほど 美しい。


見所

公園の東側には 南のイースト・グレーシャーから カナダのウォータートン・レイクス (Waterton Lakes) 国立公園に向かって走る走る道路 US-49/US-89/US-17/CA-6 沿いに 多くの見所がある。グレーシャーが作り出した縦長の形状の湖と渓谷、そして、その周りの険しい山々と森林とのコントラストが見物だ。何と言っても 公園の見所は、セント・メリー (St. Mary) から西に ローガン・パス (Logan Pass) を抜けてウエスト・グレーシャーまでを横断しているゴーイング・トゥー・ザ・サン・ロード沿いの景勝地である。


(A) ウエスト・グレーシャー 周辺 (West Glacier/Apgar)

公園の西の玄関となるのが ウエスト・グレーシャーだ。ジェネラル・ストアー、土産屋、さらに、カナダ観光局のインフォメーション・センターなどもある。そして、公園のゲートを入るとすぐのところにあるビレッジがマクドナルド湖の南に位置するアプガー (Apgar) である。そこから見たマクドナルド湖 (Lake McDonald) とその背後にそびえる山と渓谷の景色は圧巻。朝、昼、夕方、絶え間なく変わる空と背景の山々の色、そして、それを映す湖面の姿は、何度見ても見飽きることのない絶景だ。夕べには アルペンホルンの響きが湖畔に響き渡ることもある。

(B) イースト・グレーシャー周辺 (East Glacier)

一方、公園の南東の玄関は イースト・グレーシャーである。鉄道の駅のすぐ傍に建てられたグレーシャー・パーク・ロッジ (1913年創設) は、園内観光の拠点にもなっている。公園のすぐ外に位置する このホテルには ゴルフ場もある。イースト・グレーシャーとウエスト・グレーシャーを結ぶ ハイウェイ (US-2) 沿いには マウンテン・ゴートが生息しているところ (Goat Lick Overlook) があり、ほとんど常時、そこに姿を現しているマウンテン・ゴートやビッグホーン・シープを見ることが出来る。

(C) Going-to-the-Sun Road

公園の真ん中を東西に横切る道路が Going-to-the-Sun Road (1932年オープン) で、例年 6月中旬から 7月上旬にオープンするが、その最高地点 (2,025 m) が ローガン・パス (Logan Pass) である。左右に美しい山々を次々と見ながらのドライブは 絶対に見逃せないものだ。東のセント・メリー湖の眺めは、カナダのジャスパー国立公園のマリン湖 (Maligne Lake) の姿に似ているとも言われる美しいものだ。また、西のマクドナルド湖 (前述 A 参照) の景色も それに劣らない美しいものである。

(D) メニー・グレーシャー (Many Glacier)

カナダのウォータートン・レイクス国立公園から南下し、バブ (Babb) というところから西に入ると、まず、最初に見えるのがシャーバーン湖 (Lake Sherburne) で、その先にあるのがメニー・グレーシャーだ。名前の通り、近くに多くのグレーシャーがあるところであるが、スウィフトカレント湖 (Swiftcurrent Lake) の湖畔に建てられた古くて大きなホテル、メニー・グレーシャー・ホテルは 古き良きアメリカといった雰囲気を 残した魅力的な宿泊施設だ。ここを訪れたら 是非 立ち寄って欲しい。

(E) トゥー・メディシン (Two Medicine)

イースト・グレーシャーから セントメリーへの近道となる 細く うねった山道 (US-49) を 途中で西に折れ 20分ほどドライブすればトゥー・メディシンに到着する。ジェネラル・ストアーが一つあるだけで、他には、これといった施設はないが、グレーシャーが創った湖の眺めは、なかなかのものである。ここからセントメリーに向かう途中の山道は、細くうねっていて危険な観もあるが、そこから見えるルイス連峰の眺めは素晴らしい。


(F) ウォータートン・レイクス (Waterton Lakes) 国立公園

グレーシャー国立公園の北、国境を挟んでカナダ側は、ウォータートン・レイクス (Waterton Lakes) 国立公園だ。町のシンボルにもなっている プリンス・オブ・ウェールズ・ホテル は 湖を見下ろす高台にあるが、そこから眺めるアッパー・ウォータートン湖とグレーシャーで出来た湖 特有の 両側からせり出す山並みが幾重にも重なって、美しい景観を見せてくれる。アッパー・ウォータートン湖の畔にあるウォータートンの町が観光拠点で、そこからアカミナ・パークウェイを 30分ほどドライブしたところには、キャメロン湖 (Cameron Lake) というもう一つの美しい湖がある。
トップに戻る
mamejiten.com - all right reserved