フラッグ ゴルフ場 検索 超!直前割り

ゴルフ豆辞典・スマホ版の使い方

はてなブックマークに追加

スマートフォン用のページ(スマホ版)による コンテンツ配信を 2015年 6月より 開始: スマホ版は ゴルフ豆辞典のコンテンツをスマホでも快適に ご覧頂けるように配慮したものだが その PC版との大きな違いは ナビゲーション方法。PC版は ページの左コラムに ナビゲーション バーがあるが スマホ版は ディスプレーのスペースに制限があるため 1コラムで ナビゲーション バーがないデザイン - その結果 - サイト内のナビゲーションは メニュー ページを基点に コンテンツを見つけるシステムです。

メニューボタンメニュー ページは 各ページの右上に設置された メニュー ボタン をクリックで開く システムで サイト内のナビゲーションは 常に そのボタンをクリックして行います。メニュー ページは (1) 総合 メニュー(トップ ページ)、(2) セクション メニュー、(3) サブセクション メニューの三階層から成る構成。1章 ~ 9章の コア コンテンツは 二階層までのメニューで閲覧できるが 用語辞典、読書室、動画記事などのコンテンツは 三階層のメニューまで使ってナビゲートすることになる。例えば、読書室のルール (ロストボール) に関するコンテンツを見るには (1) トップ ページで "読書室" → (2) 読書室 メニューで "ルール" → (3) ルール メニューで "ロストボール" をクリックという手順になる。

一方、スマートフォンで PC版のページを閲覧することも可能。現在は スマホ版が存在しない PC版のページが幾つかあるものの 多くのページは スマホ版と PC版が並存する構成で スマホで PC版のページにアクセスをすると 下のような "スマートフォンサイトに移動しますか?" のサインが出るが "OK" をクリックすれば スマホ版、"キャンセル" をクリックすれば PC版が開くようになっている。

選択可能

ページによっては PC版と スマホ版のコンテンツが多少異なる場合もあるが(例えば、ゴルフ豆辞典のトップページ)スマホ版は PC版のミラー ページになっているのが基本。一方、一部のページは レスポンシブ デザインで 共通で使用するものだが いずれのバージョンも ゴルフ豆辞典は「学べる辞典型・総合ゴルフ情報サイト」として 初心者から上級者まで 幅広いレベルのゴルファーに対し 質の高い情報提供に努めており コンテンツは 大きく以下のような 構成である。

コア
コンテンツ
1 ~ 9章
ゴルフを知り 学ぶ上で役立つ知識を 体系的に 纏めたセクション - スマホ版サイトのトップページにあるメニュー または コア コンテンツ一覧テーブルから アクセスするのがオススメで 基礎知識 ~ 専門知識までが 丁寧に 解説されています。
用語辞典 ゴルフ用語の意味を簡潔に説明 - 対応する英語も併記 - 更に 関連する概念や理論、記事などのページへのリンクも - 詳細を調べ、学んだりするのに便利な機能です。
読書室 ゴルフを深く学び もっと楽しむ上で 読みたくなるような内容の短編記事、読み物が多数 - インデックス ページの アーカイブ リストから閲覧で
動画記事 世界中の ゴルフ動画から厳選して - 多くは 英語の動画ですが - 日本語の解説を付けて 紹介中 - インデックス ページから
ゴルフ入門 これから ゴルフを 始めようと思っている人や ゴルフ初心者のために役立つ情報を 一通り 入門コース的に 編集
ゴルフコース 首都圏 ゴルフ場ガイド(ゴルフ豆辞典で取材した日米 ゴルフコースの紹介ページがありますが スマホ版では 現在 提供していません)
便利ページ 厳選リンク集(日米男女ツアー トーナメント年間競技日程表、用具メーカーサイト リンク集などは PC版のみ)
索引ページ コンシェルジュ(人気ページ紹介)読書室 インデックス動画記事 インデックスコア コンテンツ 一覧表

以上のような構成で ゴルフに係わる様々な情報が 迅速に 容易にゲットできるよう その利便性に 配慮しています。以下は そんな ゴルフ豆辞典を お楽しみ頂くために役立つ 使い方についての追加の説明です。

まず、新しいコンテンツは トップページの「新着・更新 ゴルフ情報」のコラムに そのページのタイトルが表示されるので 関心のある方は そちらを 定期的に チェックして下さい。また、新着・更新 コンテンツ アーカイブスのページには 各ページの コンテンツ概要を記述し 月別のアーカイブスの形で 少し前の新着・更新ページに どのようなものがあったのかも チェック可能です。なお、ご覧になりたいページや コンテンツを見つけ出すには 次の ① ~ ④ の使い方も オススメです。

オススメ 利用法
① 用語辞典を インデックスとして利用し 用語辞典経由 探している情報を見つける(詳細説明 後述)
② 1章 ~ 9章までを (1) トップページ 1st メニュー、(2) セクション メニュー経由 興味のあるセクションを拾い読みする。なお、各ページ 左上に 常設した ゴルファー画像のゴルフ豆辞典・スマホ版 ロゴを クリックすれば トップページに
③ 各ページのサイト内検索窓に キーワードを入れて 探している情報を見つける方法: 各ページの メイン コンテンツの後 商品リンクの上に「サイト内検索」窓が 設置されているので そこに 検索ワードを打ち込んで クリックで
④ サイト内人気ページだけを紹介した「ゴルフ コンシェルジュ」から 興味のあるページを見つけて 拾い読み - 各ページの概要と いいね獲得数 (読者評価レベル) が確認できる 一覧表

用語辞典に関しては 例えば 「ドライバー」とか「ストローク・ゲインド」という言葉に関する情報や意味が知りたいのであれば その「と」または「す」のページを開き「ドライバー」もしくは「ストロークス・ゲインド」を引くと .....

ゴルフ用語辞典・参考例

ドライバー(Driver) ドライバー
ボールを 最も遠くへ飛ばす目的で使うクラブ。ドライバーで打つショットを ドライバー・ショットと言う。
関連リンク
• ドライバー(ゴルフクラブ選びの知識)
• ドライバー ショット(打ち方の基本と注意点)
• ドローボールの打ち方
ストローク・ゲインド(Strokes Gained)
日本では ストローク・ゲインドと 単数形で言われるが 英語では 複数形で ストロークス - これは PGA ツアー プロ ゴルファーのスキル レベルを ジャンルごとに より正確に示す スタッツを意味する接頭語のようなもので ストロークス ゲインド パッティング (strokes gained putting) と言ったら 選手のパッティング力 或いは パッティング貢献度を示す スタッツ 即ち 統計データである。選手のスキルを評価する統計データとしては 平均パット数のような 単純で 分かり易いデータだけが 昔は 用いられたが 近年は より高度なデータ処理をし より正確に選手の能力を評価できる このようなデータが用いられるようになっている。詳細は 以下のリンクを クリックで。他にも strokes gained tee-to-green (off-the-tee, approach-the-green, around-the-green) などのスキル別の能力を示すスタッツがある。
関連リンク
• ストロークス・ゲインド (Strokes gained)
» 用語辞典のサンプルを見る

各用語の説明は 上の二つの例の様に 用語により 簡単な説明のものもあれば 比較的 長めで 詳細な説明がなされているものもあります。ただし、どちらの場合も 説明文の下に「関連リンク」がリストされているので その関連リンクを クリックすれば 更に 詳細な情報がゲットできるスタイルに(一部 例外は あるが)なっていて より詳しい情報が得られる仕組みです。

なお、ゴルフ読書室ゴルフ動画記事 のセクションでは ルールや ゴルフのテクニック、マネジメントなどに関する情報を中心に 色々なゴルフに係わるコンテンツを テーマ別に 短編読み切りのアーティクルにして 紹介中。ゴルフ読書室 / ゴルフ動画記事 の索引 インデックス ページ経由 そのコンテンツを チェックの上 ご利用下さい。

はてなブックマークに追加

TOP