ディボットのボールの打ち方(解説動画)

ディボット
これは Tips for Hitting out of a Fairway Divot というタイトルの動画で フェアウェイのディボットに入ってしまったボールの打ち方を解説したものである。そのまま放置されたディボットと 目砂されたディボットとの二通りの説明をしているが 前者の場合は ボールを スタンスの右寄りに置いて ディボット跡の方向に沿って スイングすること と説明している。一方、目砂されたディボットの場合は フェアウェイ バンカーからのショットの要領で ボールをスタンスの右寄りに置いて 一番手上のクラブを持って 下半身の動きを抑えて スムースに スイングすれば良いと言うことだ。ボールの位置については どちらも スタンスの右寄りである。つまり、上から打ち込んだ方が良い訳だが 動画では そうは言っておらず 打ち込む意識が強くなると 逆効果になり兼ねないのだろう。何時も通りに スイングすることがポイントのようだ。動画では 説明してはいないが ディボットが深い場合 また ボールがディボットの何処にあるのかによっては 出来ることは 限られてくる。グリーンまでの残りの距離にもよるが 置かれた状況を総合的に判断して グリーンに乗せるのを諦めた方が 賢明なケースもある。難易度によっては 次のショットをし易い所に 安全に ディボットから脱出することを考えたショットをすることも考えるべきだろう。いずれにしても、芝の上からショットの練習ができる機会があれば ディボットからのショットの練習も 機会を見つけて して欲しい。また、ディボットのショットで 注意して欲しい点は 取れかかった芝が邪魔でも ルール上は それを取れば ペナルティが科されるので 要注意。最後に 蛇足であるが ネイティブ・スピーカーには ディボットと言っても通じないので 覚えておこう。Divot 発音


www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP