ピッチングウェッジを使ったアプローチ|レッスン動画

clock system
アプローチは サンドウェッジ 一本と言う人も 少なからず居るだろうが この動画は ピッチングウェッジを使ったチップショットのスローモーション ビデオである。そして、以下は そんなショットの有用性についての解説だが、まず、初めに 知っておいて欲しいことは 最近のピッチングウェッジ (PW) の多くは 42° 〜 46° というロフトで 56° 〜 58° のロフトのサンドウェッジ (SW) に比べると 10° 〜 15° ほど 立っているという事実である。グリーン周りのアプローチで使う時に SW は 球を高く上げたり バックスピンをかけるのに適したクラブなのに対し PW は 球の上がりを少し抑えて 適度に転がす使い方をするのに都合の良いクラブである。クラブヘッドの入射角とライの状態にもよるが ウェッジで チップショットをする場合 ボールの手前 0 cm 〜 2 cm くらいに クラブが入れば ボールは うまく転がってくれるのが普通である。一方、クリーンに上手く打てたと思ったボールでも SW の場合、ボールの挙動は 結構 違うものになる。出て行くボールの高さとバックスピン量において SW は そのバラツキの度合いが大きいと言うことだ。クラブがボールの手前何センチのところに どのように入ったかで かなりの差がでる。つまり、誤差が大きい訳だから どこにボールが落ちて どのように転がるかが予想通りにならないことが多くなる。深いラフにあるボールは 別にして グリーン周りにあるボールを SW で打って寄せるのは 他にもっと良い方法があるのに わざわざ 誤差が大きいクラブを選択していることになる。毎回 同じ様にボールを転がしたければ キッチリ 同じところに 同じように クラブヘッドを入れる必要性が高いからである。ボールをグリーン上に落とすように打って寄せようとすれば 高さを出して ボールを打ち出す必要があるから SW を使う。色々なクラブで距離感を養うのは 難しいから SW で 全て対応する。そんな考え方は 理解できる面もあるが 勿体無いと言わざるを得ない。そこで 考えて欲しい選択肢の一つが PW を多用するスタイルである。もちろん、8I や 7I で転がす方が より簡単な場合があるとも言えるが 色々なクラブでアプローチができる様になるのは それは それで簡単なことではないからだ。何れにしても、SW も PW も 打ち方の基本は 同じで PW は 同じ距離のアプローチであれば 少し軽めに打つことになる。そんな PW のアプローチショットをマスターする上でのポイントは リストレス (wristless) 即ち 手首の動きを抑えた打ち方で シャローにクラブを振ること、そして、腕の動きを積極的に使うのではなく ショルダーターンの力を利用して ボールを飛ばすことだ。また、クラブフェースが スイングを通して ボールを見るように 左手の甲が 切り返しで 少し下を向くように 腕とクラブを引けば フォワードスイングで 手がクラブヘッドをリードするように動き易くなり ソールが滑り易い 理想的な角度で クラブをボールにぶつけて行くことができる。手首の動きを完全に排除すべきとは言えないが PW を使えば 振り幅を抑えられるから それをミニマムにすることも容易になり スイング軌道は より安定し ショットの精度も高くなる理屈だ。そんな打ち方を意識して PW で 5 ヤード、10 ヤード先のターゲットに ボールを落とすショットを 繰り返し 練習して欲しい。グリーンの傾斜とスピードにもよるが キャリーとロールの比率は 1:1 とか 2:3 のような関係になるだろうから PW を多用するのであれば そのボールの転がり方の特徴を良くを理解しておくことが 当然ながら 大切である。以上、アプローチショットのレベルアップに 是非 参考にして下さい。

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP