チップ & ピッチ・ショットの基本 (レッスン動画)

pitch shot
上の動画は "Hank Haney: Basic Chip Shot" そして 下の動画は "Golf Tip: The Basic Pitch; Hank Haney" というタイトルで チップ・ショットと ピッチ・ショットの基本について 簡潔に 分かり易く 解説している動画だ。解説者の ヘイニー氏は チップ・ショットは ファーム リストで ストロークするショットで リストの動きを排除し アーム 即ち 腕で ストロークを コントロールし ボールを上げずに (minimum air time) 転がす (maximum ground time) のが基本だと解説している。その為に クラブは パターのグリップで良く使われる リバース オーバーラップのような持ち方をし ボールの位置は 右図 "CHIP" のように 狭い オープン スタンスの右足寄りを推奨している。また、体重は 左足寄り (weight forward) で 腕の振りは 抑え気味に 少しダウンブローに 確り (short firm stroke) ボールを打つ そして 常に 手が ストロークをリードする (hand leading through) ことがポイントだと説明している。彼の説明に 少し付け加えると 過度な ダウンブローにしない そして ほんの少しだが 軽く フットワークを使うと良いだろう。

一方、ヘイニー氏は 下の動画で ピッチ・ショットは グリーン周りから パットも チップも出来ない時の選択肢で サンド・ウェッジを使って打つショットだと 説明している。そして、サンド・ウェッジは 大きなロフトがあるクラブで ボールの下を クラブが滑り易くするための フランジ (バウンス) があるクラブで ピッチ・ショットでは それを使うのが基本。ボールの位置は チップ・ショットとは 異なり 上図 "PITCH" のように 少し広めのスタンスで そのほぼ中央に置き クラブを 少し 短めに持つ。彼は ボールの位置は チップ・ショットよりも フォワードにすると言っているが 体のセンター 即ち ボディーターンの軸のラインより 左には 行かないようにすべきだろう。クラブ・フェースは 最低でも 少しオープンにするが ボールをより高く上げたければ それを よりオープンに。最も 大切なのは バック・スイングで フェースを 少しオープンにすることで フォワード・スイングは (距離のないショットであるが) 体全体の動きを使って クラブを ボールの下に滑り込ませる (slide underneath the ball) ことだと説明している。難しいことは 考えさせない どちらも シンプルで 実用的な レッスンである。
はてなブックマークに追加
GOLF CONCIERGE


www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP