究極のオープン・スタンス(レッスン動画)

clock system
この動画は ターゲットに正対して 究極のオープン・スタンスで ボール打つ アプローチ ショットの打ち方を紹介したものである。ボールの位置は 右の通りで 自分の前ではなく ほぼ 真横に置く。アプローチ・ショットでは スタンスを オープンにして構えるのは ある意味 常套手段だが 90° オープンと言うのは 前代未聞だ。スタンスを オープンにすることで 腕の振りや 手首の使い方に 影響が出るのが普通であるが ここまで オープンにすると 腕の振りを インパクトの時に止めるのは 殆ど 不可能で、そうしたことで ダフったり トップしたりする問題を抱えているのであれば 大きなメリットがある打ち方かも知れない。つまり、ボールを クリーンに ヒットするという観点から 動画の打ち方は 利点があるように思える。ただし、説明通りの打ち方で 必要な距離感と方向性が確保できるかは 少し疑問も残る。方向性に関しては 多くの人が 左に 引っ掛けるような ショットをする可能性が高くなるだろう。そこで そうした問題がある人は スライス回転をかけるようなイメージで クラブを振ることを試して欲しい。いずれにしても、この打法は 研究材料としての価値が高いものなので これを試しながら アプローチの時のスタンスの取り方、ボールの位置、腕の振り方などについて 自分のスタイルに改善の余地がないか研究して欲しい。即ち、どの位 スタンスをオープンにするか? また、ボールの位置を どの位 右足寄りにするか? そして、腕の振り幅やコックの入れ方など 腕の振り方をどうするか? それらを どう組合せれば 大きなミスを減らして 精度を高められるか。クラブヘッドのスイング軌道の最下点が どこにあるのか、そして どのような角度で クラブヘッドが ボールと コンタクトするのが好ましいのか? そんなことを考えながら研究してみたら チップ・ショットの精度を上げることに繋がるだろう。

GolfTec

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP