トレイル アームの動かし方

スロット
トップ
悪い例
これは Trail Arm Rotation Drill と言うタイトルが付いた動画で バック スイングで クラブを引く腕 即ち トレイル アームの動かし方について解説し それを学ぶための ドリルを 紹介した動画である。まず、アドレスで 右の写真 (1) のように 左手の甲を 右腕の肘の少し上に当て 押すようにして 構える。左腕は そのまま 右腕の下に入れた形で バック スイングを始め トップ (2) の形を作る。そうすると 右肘は (2) のように 地面を指す形が出来上がるが そこから 軽く フットワークを使って 腰を回転させつつ フォワード スイングを スタートさせ 右肘が 脇腹の前に入る形 (3) になるように 体をターンさせ 右手とクラブを落とす。この時の右肘の動きと 下半身が リードして フォワード スイングを 始動させる動きが出来れば (3) で クラブヘッドは 写真の青○のような所から ボールに対して 落ちて行くから 極めて 効率の良いスイングになると言うことだ。アウトサイド・インのスイング・パスで 球筋が どうしても スライスになる人には 是非 試して欲しい ドリルである。トップ (2) での右腕の形が抑えるべきポイントであるが その時の 右手首の形についても 注意を払って欲しい。写真では 右の手首が折れて その掌が空を指すような形になっているが 右の手首は 真っすぐか 多少 写真のように折れるのが良いだろう。右手首が 写真とは 逆方向に折れれば シャフトは 背骨と平行になるような形になるが そうなると クラブヘッドを インサイドから落とすことは 難しくなる。また、下半身が リードして フォワード スイングを 始動させることが出来なければ 同様に クラブヘッドを インサイドから落とすことは 難しくなるだろう。因みに、(4) と (5) は 悪い例で クラブヘッドを インサイドから落とすことが出来なくなるような動きの典型を示したものである。テイクバックの時に 直ぐに 右肘を折って 手をインサイドに引いて行く動作を示したのが (4) である。また、(5) のように 右脇が開いて 所謂 フライング・エルボーになっても クラブヘッドを インサイドから落とすことは 難しくなるだろう。こうした問題を抱えている人に 試して欲しいのが 今回紹介した トレイル アームの動かし方の ドリルである。
はてなブックマークに追加
GOLF CONCIERGE


www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP