オデッセイ O-WORKS パター

フックボールの打ち方
革新的なフェース面の構造で 圧倒的なボールの転がりを生むパターが オデッセイ O-WORKS だ。その秘密は「マイクロヒンジ・インサート」と言う 仕掛けにある。フェースに 2種類の素材を使って 一体成型したインサートが組み込んであるのだが ヒンジとは 英語で蝶番(ちょうつがい)を意味する言葉で ステンレスの 謂わば 爪状のヒンジの表面が ウレタンの隆起した突起物上に数多く顔を出す形状で それが右図のように 順回転のボールの転がりを生む仕組みになっている。従来のパターでは インパクト後に ボールが跳ねたり 滑ったりして 転がり方が その都度 変わってしまったが O-WORKS は インパクト後 すぐに ヒンジがボールに順回転をかけるので ボールの転がりが安定し 方向性や 距離感の コントロールが容易になる。下の動画は インパクトの瞬間を 従来モデルのオデッセイ・ワークスと比較したものなので O-WORKS の方が ボールが早く順回転に移行することを確認して欲しい。なお、マイクロヒンジ・インサートは WHITE HOT インサートと同等のフィーリング、ボール初速となるよう 作られているそうだ。» 各種モデルをチェック
従来モデルとの転がりの差を比較

GolfTec

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP