グリーン上のプレーに係わる新ルール

2019年に導入予定の新ルール(案)では グリーン上のプレーに係わる規則が大幅に変更される見通しだ。以下は その変更をまとめ USGA の動画入りで解説したものである。ルール変更の全容については ... More
ピンを残したままでのパット
理由の如何を問わず 自分に有利と考える時や時短になる時など グリーン上からのプレーで ピンを 抜かなくとも良くなる。勿論、抜くことは 出来る。
キャディのボール・ピックアップ
キャディが プレーヤーのボールをマークしたり、ボールを リプレースする行為が プレーヤーの了解をなしに行えるようになる。
ボールを動かしても無罰
パッティング・グリーン上では 誤って ボールを動かしてしまっても 無罰。上の動画は その無罰のケースの具体例を 示したもの。
ボールが動いた時の処置
グリーン上のボールが動いた時は その理由に拘わらず ボールを元の場所に戻して プレー。旧ルールの知識があると 間違い易いので 要注意。
グリーン面の傷の修復
パッティング・グリーン上のダメージは どのようなものでも修復可能になる。スパイクマークや動物が付けた傷なども含まれる。
パットの線に触れる行為
パットの線 即ち グリーン上で ボールを打った後に そのボールが転がると思われるラインに触れることを禁止するルールがなくなる。
はてなブックマークに追加
GOLF CONCIERGE


www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP