ゴルフクイズ

球のドロップ|ルールを学ぼう
ボール ドロップ
ゴルフのラウンド中は 様々な理由で救済 (relief) を受ける場面に遭遇するが、そんな時は ルールに従って 正しく球をドロップしなければならない。ご存知のように その球のドロップに係わる規則が 2019年から大幅に変更された。例えば、旧ルールの場合、プレーヤーは 右の様に真っ直ぐに立ち 球を肩の高さに持って 腕を伸ばしたまま球をドロップする必要があったが、新ルールでは ヒザの高さから球をドロップすることになった。その他にも、ボールのドロップに関しては クイズの回答と解説にその具体的な変更点を纏めているように 重要な変更が幾つかあるので 新ルールを早く覚えて 間違いなく対処できるようにして下さい。まずは 以下のクイズに答えてから その下の メニュ をクリックで解説をご覧下さい。
(1) ドロップした球がルールに定めるエリア内に止まっていないのに そのボールを打ってプレーをしてしまったら その時の罰は?
無罰 1 打罰 2 打罰
(2) 2019年以降、救済を受けてドロップした球は ルールに定められたエリア (area) 内に 止まらなければならなくなったが、そのエリアのことを言い表す新しいゴルフ用語は 次の内どれか?
リプレーエリア (replay area) ドロップエリア (drop area) 救済エリア (relief area)
(3) ドロップした球が ルールに定めるエリアの外に転がり出てしまった場合は ドロップをやり直すことになるが 2度目のドロップでもルールに定めるエリア内に球が止まらなかった時の処置は?
エリア内の好きな所に球をプレース 球が最初に落ちた所に球をプレース もう一度 球をドロップ
(4) ドロップした自分の球が 1 クラブレングスの計測に使用した自分のクラブに当たって救済エリア内に止まったが、その時はどうなるか?
2 打罰で そのままプレー 1 打罰で そのままプレー 無罰で リドロップ
答え メニュ 解説
ゴルフ場 検索 予約
★ 超!直前割 ★ 格安 (HOT PRICE)
★ 得割り (来月用) ★ 早割り (その先用)
Copyright © 2004-2020 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP