ゴルフ豆辞典 メニュ メニュー

フェース面を変えない打ち方

Introduction

チップ・ショット成功率の高いチップショットやピッチショットの打ち方を自分のものにしたければ スイングを通じてフェース面のターンが少ない、つまり、フェース面を変えないようにボールを打つテクニックを学ぶ必要がある。それはコックをあまり使わない技だが、腕でクラブを引くのではなく、利き腕側の肩でクラブを引くイメージでバックスイングをスタートさせる要領で打つフィネス(微妙なタッチが要求される)ショットである。ダウンスイングも腕でボールを打ちに行くのではなく、体の回転がスイングをリードするように ゆっくりクラブを振ることがポイントだ。クラブヘッドのリーディングエッジではなく、ソールの中央が芝と軽くコンタクトする 所謂 ブラッシングショットの感覚で打つショットだ。

大きな筋肉を使え

大きな筋肉を使ってクラブを動かすことで インパクトは点のイメージではなく、より線のイメージに近くなるが、そうして ダウンブローながらクラブの入射角を少しシャローにしてやれば、ボールをクリーンにヒットできる確率は高くなる。このテクニックでは、ボールを飛ばすために 腕力を使うのではなく、体の回転する力を上手く利用する訳だが、その体の動きと腕の動きのコンビネーションを学ぶことこそが このテクニックを学ぶ上での最重要ポイントだと言えよう。

比較的 距離の短いアプローチでは バックスイングが応分に小さくなるから手打ちになり易いが、それは バックスイングで体の回転がまったくない打ち方をした時に起き易い現象である。利き腕側の肩、つまり、右利きの人は右の肩でクラブを引くイメージでバックスイングをスタートさせ、右肩でボールを打つ意識でスイングをすれば、手打ちにならずに、体の動きと腕の動きが調和したバランスの良いスイングが出来るだろう。

コックは小さくソフトに

もう一つ注意して欲しいポイントは 手や腕は なるべくパッシブに使い コックは小さくソフトに入れるように(意識的にはリストレスに近い形に)して、ソールを上手に使うコツを学ぶことだ。まずは アドレス時の手の位置とヘッドの置き方を工夫してみよう。あまりハンドファーストにならないこと、そして、トーが浮かないようにすることなどを意識して試行錯誤してみると良いだろう。ソールの中央を芝に軽く当ててブラッシングをする(線の)イメージで打つ。クラブを芝にぶつけるポイントでボールを打つ(点の)イメージではないことを意識してみる。以上のようなポイントを色々と試して欲しい。

テクニックの応用

ところで、より距離のあるハーフショットやスリークオーターのショットでも フェース面を変えない打ち方を応用することは有効である。実は スティンガーも このショットの応用だ。手首のコックを最小限に抑えて、ボディーターンをベースに(肩と腰の回転を使って)腕の三角形が崩れないようにクラブを振り、クラブフェースのターンを抑えるようにして 低いフィニッシュを取る打ち方である。ラインを出し易いショットだから方向性が重視される時には 特に有効なショットになる。

なお、距離のあるショット、ないショット、どちらの場合も研究して欲しいのがボールのポジションである。右利きの人の場合、ボールの位置は背骨の前(体の回転の中心でスイングの最下点になる所)か、それよりも少し右に置くことが原則で、弾道の低いボールにしたい場合は、ボールを右側に置くようにすれば良いが、そうすることによって、バックスピン量が多くなることも覚えておこう。上級者の人は、特に、このバックスピンへの影響なども注意深く観察し、そのプレーへの影響についても考えてプレーをして欲しい。距離の短いアプローチショットからスリークオーターのアイアンショットまで、フェース面を変えない打ち方は応用範囲が広く、利用価値の高いショットだから 是非 研究してレパートリーに加えて欲しいテクニックである。

商品リンクウェッジ
Copyright © 2004-2020 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP