後方線上の救済|ゴルフルール解説

Introduction

2019年のルール改定によって救済の受け方がかなり大幅に変更されたが、その中でも気をつけなければならないのが、ペナルティエリア (旧 ウォーターハザード) とアンプレヤブルの救済の選択肢の一つである後方線上にボールをドロップする時の規則である。ここでは その具体的な規則の詳細について 新旧ルールの違いが分かるように 詳しく解説する。

旧ルールの方法

旧ルールで 1 打罰の救済措置を受ける場合、例えば、ウォーター ハザードでは その境界線を最後に横切った地点とピンを結んだ線上で そのウォーター ハザードの後方線上と思われる任意のポイントに 肩の高さからボールをドロップし そのボールが落下したポイントから 2 クラブレングス以上転がらなければ そのボールをプレーするという選択肢があった。また、アンプレヤブルを宣言した場合も ボールがあった所とピンを結んだ後方線上と思われる任意のポイントに 同様に ボールをドロップして プレーをするという選択肢があった。しかし、その時には どちらの場合も 救済のニアレストポイントのような ボールをドロップできるエリアやポイントに目印を置くようなことはせず、ある意味、条件を満たしていると思われるところに 肩の高さから適当にボールをドロップすれば ことは済んだのである。


新ルールの方法と注意点

一方、新ルールでも ペナルティエリア (旧 ウォーターハザード) とアンプレヤブルの救済を受ける場合の後方線上のボールドロップの選択肢はあるものの そのプロセスは 旧ルールとは 少し異なるものになる。まず、最初に知って欲しいのは 右図のように ドロップの高さが ヒザの高さになったことと 救済の起点と救済エリアという新たな概念が導入されたことだ。後方線上と思われる任意のポイントに ニアレストポイントの時にティペッグを指すなどして そのポイントを決めるように 救済の起点となるポイントを決め そこから 半円形状の救済エリアにボールをドロップし それが そのエリア内にボールが止まらなければ リドロップが要求されるが それを 2 回やっても 救済エリア内にボールが止まらなければ 2 度目にボールが落ちたポイントにボールをプレースする。それが新ルールのやり方だ。なお、救済の基点には ティペッグなどでマークをし ドロップした球が救済エリア内に止まったか否かを判断できるようにして ボールドロップを行うことが推奨されるが そうした方法で行わずに 目視で その処理を行ったからと言って ペナルティーは 科されない。但し、目視で決めた救済の基点をベースに 救済エリア内に球が止まらなかったと判断される場合は 再ドロップが必要になる。規則 17.1d (2)/1 以下は そのやり方を含め ペナルティエリアからのプレーに係る新ルールの説明動画 (英語の音声入) だ。


はてなブックマークに追加
Copyright © 2004-2018 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP