コンテンツ目次

正しい ヒットダウンのメカニズム

このページのコンテンツ
• はじめに
• スイング プレーン
• 腕の旋回と リストターン
• ヒット ダウン
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


スイング プレーン正しい スイング プレーンに クラブヘッドを乗せ シャロ―に インサイドから インパクトゾーンに ヘッドを入れることが ボールを確りとらえて打つためには 大切なことだが それには 正しい腕の旋回と リストターンによって可能になる ヒットダウンのメカニズムの習得が不可欠である。その ヒッティング ダウンのメカニズムについて 以下に 順を追って 詳しく解説する。

スイング プレーン


二つのプレーン
スイング プレーンとは クラブヘッドが動く パス 即ち 軌道のイメージのことである。ただ 写真 ① のように スイング プレーンには バック スイングのプレーン B と フォワード スイングのプレーン F のように異なるプレーンがあること、そして、F は B よりも 必ず寝たプレーンになるべきだと言われている。それは トップで切り返した後に 腰をターゲットの方に スライドさせながら 体を回転させるため 背骨の傾斜角が 少し変わること、また、右肘が 右の横腹に 落ちるような形で 腕とクラブを落とす動作が入ることなど、好ましい ゴルフスイングをする上で必須と言われる動作を入れれば クラブヘッドの軌道は プレーン B から F のように 移行せざるを得ないからである。殆どのプロのフォームで プレーン F の角度は ドライバー ショットで 45° 前後(40° ~ 50°)で B と F のプレーンの角度差は 5° ~ 15° のレンジに入るというデータがある。このプレーン F は ボールと 肘 (elbow) を結ぶ面と 一致するものでもあり エルボー プレーンと呼ばれることもあるが、ウェッジや ショート アイアンでは シャフトが 10インチ前後も短くなるので このプレーンは 応分に立って 55° 位までになる。ただし、ハンドダウンで クラブヘッドを ボールの位置に合わせて置く訳だから 腕と地面が成す角度は 90° に近い 85° とか 80° の様な値になり、腕は スイング プレーン F より急角度な プレーン上を動く。下は ルーク・ドナルド選手のスイング動画であるが 以下の説明を読む前に まずは それを見て欲しい。


腕の旋回と リストターン


さて、プレーンの概念は 以上の説明の通りであるが、それだけを学んでも ゴルフボールを上手く打てるようになる可能性は 低いと言わざるを得ない。それは 腕の旋回と リストターンの仕方 そして フェース コントロールと言う問題があるからだ。クラブヘッドを適切に加速させるには 体の回転、腕の振り、腕の旋回とフェースターンという 3つの パワーソースを 効率良く 組み合わせる必要があるが、同時に ターゲットの方に ボールを飛ばすために クラブフェースを インパクトの時に スクウェアにする必要がある。つまり、クラブヘッドを加速させる 腕の振りと旋回の機能を十分に発揮させつつも 方向性が確保されるように それを行う必要があるのだが 実は それが上手く出来ないから スイングが安定しないと言う人は 非常に 多い。

Hip-high 1
腕の旋回と リストターンと共に クラブフェースは 通常 スクウェア - オープン - スクウェア - クローズド と言う具合に動く。ゴルフクラブを振ると 利き腕の掌 (パーム) と クラブのフェース面は 概ね 同じ方向を向くことになるが、それを スイングの最初から 最後まで 即ち アドレス - ヒップハイ - トップ - ヒップハイ - インパクト - ヒップハイ - フィニッシュ の手の位置に対する パーム (palm) の動きで見てみよう。右利きの場合、アドレスでは 自分の左側 (left) にあるターゲットの方を 利き手のパームは 指す。つまり、palm left である。その後は palm left - palm front - palm up (clubface open) - palm front - palm left - palm down (clubface closed) - finish となる。ここで 注目して欲しいのが palm front という状態である。プロ ゴルファーのスイングで 手が ヒップハイに来た時に 共通してみられる パームと クラブフェースの状態で 写真 ② の形である。これは フォワード スイングの ヒップハイの写真であるが、フェースの位置と向き、手の位置 (懐が広く 自分の横ではなく 前にある イメージ) を 良く見て欲しい。

Impact
そして、重要なのは ここから インパクトへの動きである。ここから 左腕をターゲットの方に引きながら 体を回転させて インパクト ③ では palm / clubface left (square) の形になる訳だが 体が回転する中 右腕を伸ばしながら 左腕をターゲットの方に引くように動かせば 左の前腕は 必然的に それを active に旋回させなくとも 旋回する仕組みである。結果的に インパクトゾーンでは 腕の旋回と リストターンを passive に行っても 体の回転と腕の引きの動きと遠心力を利用した ある意味 フェース スクウェアの腕の旋回と クラブヘッドの リリースが出来ることになる。どんな人でも クラブを振れば そのプロセスの過程で フェースを開いて 閉じる訳だが そのやり方は 千差万別である。プロ ゴルファーは 相対的に インパクト ゾーン 即ち ヒップハイ - インパクトでの クラブフェースの開閉の効率が良く、大きな筋肉を使った開閉がなされ フェースの動きが 上手くコントロールされているのに対し、アマチュアの場合は その多くが その開閉を 大きくし過ぎたり 小手先で行なうなど、効率が悪く フェース ローテーションの量も タイミングも 合理性に欠けるスイングをしているのである。それは 多くの場合 ヒップハイ の palm front の正しい形が出来ていないからである

Hip-high 2
アイアンの フル スイングでは インパクトから フォロースルーで 引き続き 体を回転させ 同時に 左腕を引いて 右腕を押し込むようにしながら 右手の palm down (clubface closed) の動きに移行する。それが 写真 ④ である。つまり、ボールを打った後も 腕の旋回 リストターン そして フェース ローテーションは 行われる訳だが、ウェッジで ボールを柔らかく 高く上げたい時などは その腕の旋回と リストターンを palm up (clubface open) になるようにすれば良いし、スライス系のボールを打ちたければ ③ palm left の時に 若干 clubface open になるようにし ④ palm down の動きを抑えるように クラブを振ってあげれば良い理屈になる。

ヒット ダウン


ところで、アイアンは 払い打ちではなく 打ち込めなどと言うが そうした発想で スイングをしている人の中には しばしば ダフる人が 少なくないと思う。それは 腕を縦に振り終えた所に インパクトがあるという考えで ボールを打っている人に 良くあるパターンである。確かに、腕は 縦に 上下に 右の写真 ⑤ の G の軌道を 1 ~ 2 と動く訳で 見方によっては ヒットダウンであるが グリップが 2 に落ちた時に クラブヘッドは まだ ヒップハイから ニーハイの高さの所にある訳で そこから 手は ほぼ 水平に 右のヒップの前から左のヒップの前までを 動くのである。つまり、インパクト ゾーンで クラブヘッドを下に落とす 所謂 ヒットダウンする動きは 腕を水平に動かしながら旋回させ リストターンすることで 行うもので 腕を下に振ることで 行う訳ではないのだ。従って、それを正しく行うことが出来れば クラブは インサイドから シャロ―に インパクト ゾーンを動き、結果として ソールが ボールの前後の 比較的 長い間の芝をブラッシングするように 動くことになる。だから ダフリ難く ボールをクリーンに 芯で捉え ターゲットの方へ飛ばすことが 容易に出来る スイングになるのだ。クラブを インサイドから シャロ―に インパクト ゾーンに入れる秘密は ヒップハイ の palm front の正しい形と 大きな筋肉の動きと遠心力を利用した効率の良い 左腕とリストのターンにあると言えよう。手と クラブのグリップは フォワード スイングで クラブヘッドが動く スイング軌道 F より 立ったものになるが ヒップハイ ~ インパクト ~ ヒップハイ で 腕は 縦ではなく 横に動いて クラブヘッドは 腕の旋回と リストターンによって 下に落ちることになる。従って、クラブヘッドの軌道は ほぼ U シェイプになる。かつて 史上最強のボール ストライカーと呼ばれた モー・ノーマン (Moe Norman) は 貴方のマスター ムーブは と聞かれ "vertical drop, horizontal tug" と答えたそうが 彼の信じた スイングのエッセンスは まず vertical drop 即ち 腕とクラブを垂直に落とすこと そして horizontal tug つまり 水平に 引くこと と表現したのである。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加
コンシェルジュコンシェルジュ
オススメ 一覧
新着・更新情報新着・更新情報
アーカイブス





www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP