バック スイングの チェック ポイント

Introduction
バック スイングの時に ちょっと変だ と思って スイングをした時に ナイス ショットになることは 殆どないだろう。フォワード スイングから インパクトで クラブヘッドが 上手く動きさえすれば 良いとは言え バック スイングの良し悪しが ショットの良し悪しに 直結する と言われて その通り と思う人は 大勢居ると思う。そこで ここでは バック スイングで どの様なことがなされるべきかについて 三つのポイントを挙げ それぞれのポイントについて 少し詳しく解説する。

チェック ポイント #1

まずは チェック ポイント #1 だが 下の連続写真の (1) の段階で クラブヘッドを インサイド (N) の方に すぐに引かないと言うことだ。インサイドからクラブを落としたいと思っている人は ここで インサイドに クラブを引きがちだが 連続写真のように 腕とクラブを引いて 上げていくのが好ましい。

(1) の正しい形を作るには テイクバックで クラブヘッドを 飛球線上に真っ直ぐ 遠くに引けるように 工夫することが ポイントで、クラブヘッドを 多少 アウトサイドに アップライトに 引き上げる感じで(肩がインサイドに回転するから 相殺されるような形で)ちょうど良くなることが 多いはずだ。 その時、手と腕は 体から少し離れる感じになるが そうしなければ 大きなスイング アーク上を 手が動くことはない。ただし、体全体が 大きく右へ移動して 所謂 スウェイをしないように注意しよう。

チェック ポイント #2

チェック ポイント #2 は 連続写真 (3) の腕が地面とほぼ平行になる高さまで上がった状態で グリップ エンドがボールと自分の足の間のポイント (S) を 指す形になることである。シャフトが寝れば グリップ エンドは ボールの外側を指すが そうならないよう注意すべきだ。この形が出来上がれば 好ましい トップの形を作り易くなるだろう。このように 腕と クラブヘッドを動かすことは スイングの安定性や再現性を確保する上で 極めて 有益なことである。ベン・ホーガンが ゴルフ スイングの説明に プレーンの概念を持ち込んで以来、仮想プレーンの上を クラブヘッドが動くように スイングするという説明が 多くのゴルフの教本やレッスンで 使われるが この形と バック スイングの スイング プレーンのイメージを 一致させるようにすれば バックスイングの スイング プレーンは フォワード スイングのプレーンより 少し立っている位で良い という考え方になる。

チェック ポイント #3

さて、連続写真 (3) から 体を もう少し回転させ 腕を さらに上げれば (4) から (5) で トップの形が出来上がるが この連続写真 (5) の時に 右肘が 右図のように 地面 (E) の方を指すようにすることが チェック ポイント #3 である。この形が出来れば トップで クラブヘッドは ターゲットを指す形になるはずだが、そのためには 腕の振りを シャフトが地面と平行になるポイントを越えない所で 止める必要がある。オーバースイングになったり、脇が開いて 肘が 下を指さずに (F) の方に行く形になると トップで クラブヘッドは ターゲットより 右の方を指す形になって 続く フォワード スイングを 好ましい スイング プレーンに乗せ難くなるだろう。シャフトが地面と平行になるポイントは 大抵の場合 自分が思っているよりも 腕の振りを早く止めるくらいで ちょうど良くなるものである。個人差はあろうが バック スイングは 小さく、フォロスルーは 大きく という気持ちで フォームを作ってみよう。

GDO Sale望ましいトップの形が出来れば、肩、腕、クラブヘッドの動きのベクトルを 一致させつつも クラブヘッドを 望ましいアングルから インパクト ゾーンに入れ、絶妙なタイミングで クラブを リリースさせることが出来る。つまり、右肩、右腕、クラブヘッドが全てインサイドから ヒッティング ゾーンに入ってくるから ボディーターンのパワーを 無駄なく利用できると言うことだ。加えて、右肘が脇腹について インサイドから入ることによって 右腕の力を有効に利用できるだけでなく、リスト ターンを遅らせて タメが利いたスイングをすると同時に クラブヘッドが 腕と 手の動きに対して遅れて インパクト ゾーンに入ってくるから ボールを よりクリーンに打てる アングルで クラブヘッドを ボールと コンタクトさせることができる などの効用が生じるのである。

以上が バック スイングの チェック ポイントであるが 自分に出来ていない点がないか 是非 チェックして欲しいチェック リストである。


はてなブックマークに追加
Copyright © 2004-2018 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP