コンテンツ目次

ダフり難い ゴルフ スイング|タメと シャロ―ネス

このページのコンテンツ
• はじめに
• ダフる原因
• ダフりを激減させる メカニズム
• その他の注意点と研究課題
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


ゴルフの ミス ショットにも色々あるが 最もガッカリするし 自信を失くしてしまうものの一つが ダフり である。因みに、ダフったショットのことを英語では fat shot と言うが ボールの手前の芝や地面にクラブヘッドが先にあたり ボールに 最初に クラブヘッドが当たらないから ダフりの程度にも依るが 距離が(応分に)ショートすることになる。トップしたショット (thin shot) で運良く グリーンにボールが乗ることはあるが ダフりのショットで そうしたことが起きることは 殆どない。フル スイングのショットにせよ ハーフ ショットや チップ ショットなどのアプローチ ショットにせよ スコア的に そのインパクトは 非常に 大きなものだ。

ダフる原因


右肩の位置ダフる原因には (1) 体が左右に大きく動く、(2) 体が必要以上に上下に動く、(3) ボールの位置が悪い などがあるが、加えて、(4) 肩の回転と腕の振り方によって決まる スイング軌道と クラブをリーリースするタイミングがある。つまり、(A) ダフり難い打ち方と スイング軌道、(B) ダフり易い打ち方と スイング軌道 というものがある訳だ。

右図 - 1 は インパクトの状態を示したものだが この形に注目して欲しい。インパクトまでに トップから肩は 90°ほど回転するが 下半身が フォワード スイングを リードする形になれば 背骨が図のように 右に傾くため 右肩は 少し下に沈み込む。その状態で 右肩 (S) を必要以上に下に沈み込ませないことが大切だ。沈み込みの量 (α) が必要以上に 大きくなれば ダフり易いスイングになるのは 想像に難くないであろう。クラブを インサイドから振る必要はあるが その意識が強い人は 右肩が必要以上に 下がる傾向があるので要注意。また、フォワード スイングでは ゆっくりクラブを落とし行くこと、そして クラブより 腕と手が先行して動いて インパクトで タメが作れて 適度なハンドファーストの形になれるかと言う点も ポイントである。

ダフりを激減させる メカニズム


ダフり難いスイング次に着目して欲しいのが クラブを リリースするタイミング 所謂 タメと シャロ―ネス (shallowness) と言う概念である。インパクトのタイミングに対して 効率良く クラブヘッドをリリースさせながら 下半身、上半身、腕の順に 体を動かせば ボールを 適度にダウンブローな ダフり難い 右図 (A) のような スイング軌道で ボールを打つことが出来る。適度なダウンブローとは 浅く シャロ―に クラブが落ちると言う意味だが それが出来ていないスイング軌道は (B) のようになり ソリッドに ボールを打てるゾーンが狭い スイングになってしまう。図 - 2 の緑のラインは 前述のタメが上手く作れて シャロ―に ダウンブローな インサイド - スクウェア - インサイドの スイング軌道で ボールを打てている時に得られるものだが これがあることによって ボールを ソリッドに打てるゾーンが 大幅に広くなるのだ

スイング軌道と ヘッドスピードは 主に (a) 手首を中心とする ゴルフクラブ(シャフト)の円運動、(b) 左肩の付け根を中心とする左腕の円運動(それを助ける 右腕の役割)、(c) 首の付け根を中心とする肩の回転運動などの組み合わせによって 決まるが、実は それを上手く行うために 絶対に必要なのが 下半身のスイングのリード そして 上半身の回転が少し遅れる形で インパクトの時に 肩がターゲット ラインに対して ほぼ平行になる形である。それが出来れば 図 - 1 の右肩がインパクトで下がる量 (α) は 比較的 小さくなり、右肩の付け根からボールまでの距離は より一定になるし イラストでも示しているような (i) シャロ―に ダウンブロー(ii) ボールを ソリッドに打てるゾーンが長い スイング軌道 即ち ダフり難い打ち方が出来るのである。ヘッド スピードを 効率良く上げるような打ち方は 好ましいスイング プレーンに クラブヘッドを乗せると同時に ダフり難い スイング軌道で ボールを打つことを可能せしめるから その点にも着目して 下半身の使い方、肩の回転と腕の振り方を 研究して欲しい。

ダフり易い打ち方の一つで 多くのアマチュア ゴルファーが犯している間違いは フォワード スイングで 右肩が早く突っ込む アウトサイド・インのスイング軌道で ボールを打っていることである。また、左右の肩の上下動が シーソーのように 大きくなる。そして、クラブヘッドが ボールとコンタクトする前に 左肩は 開いて右肩が突っ込む状態になるから 図 - 2 の緑のラインのない スイング軌道、即ち、スイング アークの最下点に近い部分が短いスイング (B) のようになる。ボールを クリーンに打とうとして 鋭角で ダウン ブローなスイング軌道のスイングを上半身の動きだけでしようとすれば その傾向は 益々強くなり ボールを ソリッドに打てるゾーンは 狭くなるから ダフる確率は 高くなってしまうのである。 加えて、右肩が 突っ込むような打ち方になれば ダフる確率は 更に 高くなるだろう。

右肩の動き一方、下半身がスイングをリードする形で、肩の回転を少し遅らせて タメを作り 右肩がなるべく インサイドから レベルにゆっくり回転し、ボールを打つ直前から直後にかけて 大きく 肩を 回転させれば クラブは 自然と インサイド - スクウェア - インサイドに シャロ―に 振り抜けるから ボールを ソリッドに打てるゾーンは 広くなるという理屈である。右図 - 3 の腰と肩の動き、そして、ハンド ファーストの形が出来上がる様子、さらに、大きなフォロースルーに注目して 自分のゴルフ スイングと比較し その違いについて 考えて欲しい。大きなターフが取れるような ダウンブローのスイング軌道で ボールを打つことが 正しいアイアンの打ち方だと考えている人が多いかも知れないが、ターフは 取れても薄くなければ ダフり難いスイングが出来ているとは言えない。それが 正しい「シャロ―ネス」の概念である。

その他の注意点と研究課題


また、ダフり は多くの場合、ボールをすくい上げようとする体や腕の動きが原因になっているものだ。チップ ショットでも アイアンのフル スイングでも、ボールを右手ですくい上げようとすれば 前述のハンド ファーストの形を作ることは出来ず、ダフりか トップになる可能性が 極めて 高くなるだろう。ボールをすくい上げようとするのではなく、肩をレベルに回転させながら 腕をゆっくり 円運動させる意識で振って、クラブのロフトで ボールを上げるイメージを 常に 持つようにすると良いだろう。

アイアン ランキングボールを アイアンのフェースの芯で捕らえるためには ボールを インパクト時の背骨のラインに合うような位置に置いて、肩が地面に対して より平行に 右肩が下がり過ぎないように 構えると良いだろう。シャロ―な スイング軌道で クラブが振れれば ボールを 右足寄りに置く必要はない訳で ソリッドに ボールを打てる ヒッティングゾーンを有効に使える所に ボールは 置くべきである

一方、ボールを上げたい時に ボールを スタンス中央より 左に置く人も居るだろうが それも 正しいボールの位置とは 言えない。ロフトのあるクラブで アプローチ ショットをする場合などは 手でボールを上げようとする意識が強くなるので タメを作れなくなる可能性が高くなるが ロフトを使って ボールを上げるという意識を持てば そうした問題は 発生しないはずだ。チップ ショットや ピッチ ショットのダフりを減らすためにも ハンドファーストと スイング軌道のシャロ―ネスの概念は 極めて 重要だが アプローチ ショットの基本の構えや動作については 本サイトのアプローチ ショットの基本が参考になるはずだから アプローチ ショットで ちょくちょく ダフる人は その内容も 一度 チェックしておくと良いだろう。

なお、ダフるのではないかという失敗のイメージを持ってスイングをすれば、失敗する可能性が 益々 高くなるのが ゴルフであるから、ダフりで悩んでいる人は その失敗のイメージが脳裏から消えるまで練習するつもりで、前述の点に注意を払い 納得が行くまで 練習をして欲しい。ダフりが激減すれば ゴルフの内容も 楽しさも 大きく改善するはずだから 是非 時間を割いて ダフり難い ゴルフ スイングのメカニズム|タメと シャロ―ネス と言う概念について 研究して下さい。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP