コンテンツ目次

グリップの重要性について

このページのコンテンツ
• はじめに
• ストロング vs ウィーク グリップ
• スイング プレーン
• グリップの基本原則
• 深いラフからのショット
• 実戦での応用
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


グリップというと 初心者へのアドバイスという観もあるが 実は そんなに簡単に説明できるものではなく 上級者でも 知らないことが多々あるテーマである。グリップを変えるのは 距離調整のために 少し短めに持つ、そして、フックやスライスを打つためにグリップを変える程度と考えている人が殆どだろうが スイング プレーンと クラブヘッドの動きに 大きな影響を与えるものだから 見方によっては 極めて 奥が深いものだ。

ストロング vs ウィーク グリップ


グリップに関しては 手と指のどの辺りで クラブを握るか また 左右の手の接点を どのようにするかなど 様々なチェック・ポイントがあるが、ここでは まず ストロング vs ウィーク グリップという観点から話を始めることにしよう。右手の親指と人差し指は 下のイラストのように 逆 V 字を形成するが (A) のように その V が 右肩を指すようであれば ストロング グリップだし、(B) のように その V が顎(アゴ)を指せば ニュートラル グリップ、また、(C) のように V が 左肩を指すようであれば ウィーク グリップである。


(A) ストロング

(B) ニュートラル

(C) ウィーク

スイング プレーン


スイング・プレーンさて、グリップは 自分が考えている ショットのスイング プレーンと 腕の動かし方とのマッチングという視点から ベストな形にすべきだという考え方があるが、一般的には グリップがストロングになれば スイング プレーンは 寝てくるし、ウィークになれば 立ってくるというのが基本である。従って、グリップは なるべく意図したスイング プレーンに乗せ易いようにするのが正しい考え方だという理屈になる。例えば、ショート・ゲームでは かなり立ったスイング プレーンにクラブを乗せたい訳だが、それを実現させようとすれば ウィーク グリップでなければ やり難くなるし、肩の回転のプレーンと同じ もしくは それに近いプレーンに クラブを乗せて ドライバー・ショットを打ちたいと考えているのであれば ストロング グリップが適しているという理屈になる。もちろん、フック ボールを打ちたい時には ストロング グリップで クラブを持てば良く その逆も 然り。

グリップの基本原則


一方、グリップは 軽めに握ることで 不必要な体(特に 肩、腕と手首)の力が抜け 所謂 正しい脱力が出来、クラブヘッドを上手く走らせ易いので 効率の良いスイングになるという考え方が基本である。その観点から パワーを効率良く伝えられるように クラブを リリースしつつも それを上手くコントロールするには 何が重要なのかを理解する必要がある。

グリップ・プレッシャー・ポイントロングゲームでは フィンガー グリップで クラブを軽めに 小鳥を持つイメージに例えられるが そんな感じで握って欲しい。掌の方へ クラブがあまり行かないように 少し浅めに握るのがポイントで 中指、薬指、小指の 三本の指で やや軽めに握るイメージである。そうすることで クラブの感覚を失わずに クラブがコントロール出来るグリップになる。深く握れば クラブの先 即ち クラブヘッドの感覚がなくなり ヘッドを走らせることが出来なくなるし その動きを 上手くコントロールすることも難しくなくなるだろう。左右の手のグリップ プレッシャー ポイント(クラブを握った時に圧力のかかるポイント)は それぞれ 右のイラストのようになる。

他方、左手のグリップを少し深めに クラブを下から握るようにすると グリップは よりウィークになるが、リスト ターンを押さえたい時やスライス・ボールを打つために クラブ フェースを大きくオープンにしたい時などは そうした握り方が効果的になる。逆に、スライスが出ないようにしたい人は 左手のグリップを少し浅めに クラブを上から 左手のナックルがよく見えるような形で 握り、そして、その時の左手の V に対して 右手の V が同じ方向を向くように 右手を添えることで スライスの出難い ストロング グリップになる。

パター以外のクラブの握り方は すべて一緒というゴルファーも少なくないだろうが、ショートゲームは クラブフェース面を あまり変えずに ある意味 クラブの リリースを抑えて 飛距離が出過ぎないようにしつつも なるべく大きな筋肉の動きを利用して ボールを飛ばしたいショットだと言うことを忘れないで欲しい。それに適したグリップは どうあるべきか という考え方をすれば、グリップは 基本的に ロングゲーム(パワーゲーム)、ショートゲーム、パッティングで 三種三様のグリップをするのが理想と言うことになる。勿論、それ以上に考えるべき点、工夫すべきことはあるだろうが、まずは その観点から 自分のグリップを見直してみると良いだろう。

深いラフからのショット


深いラフにあるボール例えば、ラフからのショットは グリップとスイング プレーンを工夫することで成功率が高くなる。深いラフからのショットは 難しいショットの一つだが、その打ち方の基本は クラブフェースを 少しオープンにして ボールをスタンスの中央か それより やや右寄りに置いて 普段より 少し ダウン ブローに打つこと。そうすることで 芝の抵抗を最小限にすることが出来る。

そこで 試して欲しいのが グリップを普段より 少しウィークにして、スイング プレーンを立てて ダウン ブローに ボールを打つテクニックである。この時、注意して欲しいのは クラブフェースの向きが芝の抵抗に負けて変わらないように 確りと 強めに グリップすることである。前述のクラブを軽く握るというグリップの基本に反する発想であるが 状況に応じては そうした対応が必要になることもある。何が優先されるべきかは 置かれた状況によって 異なる訳だが、まずは 深いラフを想定したショットの練習で そのテクニックを学んで欲しい。マット上のボールしか打つことが出来ない練習場では 色々と試しながら 練習できないが ウィーク グリップで フェースを開き気味に構えて クラブを強めに握り ダウン ブローに ボールを打つテクニックを とにかく 研究してみよう。ボールがどのように出て行くか、弾道や飛距離は どうなるか などが理解できるまで練習し そうしたショットの特徴を理解し なるべく何時も 同じ打ち方が出来るようになるまで練習しておくことである。

実戦での応用


もちろん、ラフの状態によって 出るボールも異なってくる訳だが、基本的には クラブフェースを開いていれば ボールは 最初から右へ出て行くし、フェード系のボールになって 飛距離も応分に落ちるだろう。ただし、深いラフの場合は 芝がボールと クラブフェースの間に入って 然程 サイドスピンは かからないから フェードの度合いも 少なくなるという現象も見られるので ラフから出るであろうボールの軌道を予測して 狙いを定めて行くということが実戦では 必要になってくる。ご存知のように、ラフの状態によっては フライヤーになる(普通より飛び過ぎる)可能性もあるので ライを見て どのように判断するかが 結果を大きく左右することになるだろう。

いずれにしても、ラフからのショットに限らず グリップを変えて ショットをするようなテクニックは 実戦から 少しずつ学ぶべきことがあるのは言うまでもない。自分が置かれているライからは どんなスイング プレーンでボールを打つのがベストか、そして、そのスイング プレーンのショットをするには どんなグリップが適しているのか。まずは、そんな考え方が出来るようになるまで グリップの研究をして欲しい。ただ、知識も意識もないまま プレーをしていたのでは 何時まで経っても 学ぶことの出来ないテクニックだから 様々なショットの対応力を上げたいのであれば 今回の知識をベースに 上述したことを意識して 色々な打ち方を研究して下さい。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加

www.mamejiten.com - all rights reserved

TOP