アプローチの コッキング|ミスり難い 打ち方とは

Introduction
setup
通常、ゴルフ スイングを スタートさせる時は 腕を ターゲットと反対の方に 引くように振って それから クラブヘッドを上に上げて行くことになる。それが 所謂 テイクバックと バックスイングと呼ばれる動作だが アプローチ ショットでは 実は 腕を ほとんど振らなくとも クラブヘッドを 好ましい トップの位置にまで 上げることが出来る。えっと 思う人も居るだろうが、その理屈を良く理解することで アプローチ ショットの精度は 大幅に アップする可能性がある。

コックについて考える

クラブの動き
左右の手で クラブを握り、手首を折ったり 回したり 所謂 コックをすれば クラブは 右図の様に 左右の手の中間点 (C) の辺りを支点に 動くことになる。 例えば、クラブヘッドが A ~ B に 動くと グリップ エンドは その反対 A' ~ B' のように 動く。一方、この時 腕を 少し振ってやれば C は その分 動いて C2 に移動するから クラブヘッドは 応分に 左右に動いて B2 にまで動く。つまり、バック スイングで 腕を振って コックを入れれば スイングの幅(大きさ)は そのトータル A ~ B + C ~ C2 になる訳で、クラブヘッドが どこまで動くかは コックを どのように どの位するか + 腕をどの位 振るかによって決まる。

コックとは 手首を折ったり 回したりすることだが コックを入れて A ~ B のように クラブヘッドを動かそうとすると 金槌で 釘を打つ時のように 手首を 縦に折り曲げる 動きをする人が多い。しかし、単純に そのような方法で アプローチ ショットをすれば クラブヘッドは 比較的 急角度で 上がっていくことになるし、アウトサイド・インのスイング軌道で かなり急角度に クラブヘッドを ヒットダウンすることになる。また、バック スイングで クラブフェースを開くように 左手の甲が 空を指すように クラブを振ることも出来るが その場合は インパクトまでに フェースを スクウェアに 戻してやる必要が生じるので 極めて 複雑で タイミングがクリティカルな 動きになる。どちらの コッキングの打ち方 をしても ある意味 ミスは 出易くなる。

グリップ エンドを コントロール

トップの形
一方、左手の甲が ボールの方を指すように 前腕を 軽く回旋させながら その手首を 少し外側に折るようにクラブを引き上げてやれば そのトップでの手首の形を そのままに 体を回転させて クラブヘッドを落とせば ボールを クリーンに ヒットできる可能性の高いスイングが出来る。アプローチ ショットでは そんな コッキングをすることで ミスは 出難くなるが、その時、腕や手で クラブヘッドの動きを コントロールしようと意識すれば するほど ミスの可能性は高くなるだろう。しかし、図の A ~ B2 へと クラブヘッドを 腕と 手で動かす意識で 動かせば B2 ~ A でも 同様の意識が働くのは 当然である。また、クラブヘッドを そのように動かそうとすると グリップ プレッシャーが 急激に アップする可能性が高く、そうなれば その後の動きは ぎこちのないものになり 意図した力加減で クリーンに ボールを ヒットできる確率は 低くなってしまう。 そこで クラブを引く時に クラブヘッドではなく グリップ エンド B' を コントロールする意識で 腕と 手首を動かし クラブヘッドは むしろ それで 動いて行く方に 自由に 勝手に 行かせる イメージで スイングするのである。グリップ エンドの動きを コントロールする意識だと スイングを始動する時のグリップ プレッシャーの変化を 小さく抑えつつも クラブヘッドを A ~ B2 へと動かせるだろう。さらに、手元の方に 意識を払う中 B' ~ B2' と 僅かに 動いた グリップ エンドが 自分の左前腕の方にあることを確認している状態だから そこから B2' - B2 の角度を そのままに キープするイメージで 体の回転する力を利用して 手を C2 ~ C3 と 動かせば 無理なく タメを キープした打ち方が出来るだろう。フォワード スイングでは フットワークも使って 体を回転させ その力で ボールを飛ばしてやるイメージで 手と腕は 体の動きに逆らわないように 動かすだけで ボールを飛ばすための役割を担わないようにすれば 意図した力加減で クリーンに ボールを ヒットできる確率は 格段に 高くなるだろう。そんな 発想で ボールを打つことを試して欲しい。

再現性が高く ミスり難い 打ち方

グリップ エンドを コントロールする意識の下に ボールを打ち ナイス ショットが打てた時に 前腕と 手首 そして グリップ エンドが どのように動いたのかを まずは 確り 認識することが大切だ。そして、そんな コントロールが 繰り返しできるようになれば しめたものである。コックの仕方や 大きさ そして 腕の振り方と グリップ エンドの コントロールとを リンクさせて 距離 コントロールの感覚を覚えて行くのである。

右利きの人は アドレスで ターゲットの方を指している 左手の甲が ボールの方を指すように 前腕を 軽く回旋させながら その手首を 少し外側に折るようにしてやれば クラブフェースも 左手の甲のように ボールの方を指すような形で 動くことになるが、そんなボールの打ち方のアドバンテージは クラブフェースが 常に ターゲットに対して スクウェアになるから ボールを ヒットするタイミングで 手や腕の動きを コントロールしようとする意識が少なくなり、スムースに クラブが振れることである。加えて、ハンドファーストに フェースを 少しシャットにして シャロ―な スイング軌道で ボールを打てるから ダフリ難い と言うメリットもある。ハンドファーストに ロフトを立てて打つ訳だから 比較的 低弾道の強いボールになるが、高い弾道で フワーッとボールを上げる必要がなければ 距離のコントロールがし易い ボールが打てることも魅力である。高い弾道の柔らかいボールは リストコックを抑えて 大きく腕を振って打つ必要がある ある意味 ミスの出易い 難しいショットである。つまり、高い弾道の柔らかいボールを打つ必要がない時は 再現性が高く ミスの出難い フェースを 少しシャットにして シャロ―な スイング軌道で ボールを打つ方法を使うべきなのである。


はてなブックマークに追加
Copyright © 2004-2018 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP