コンテンツ目次

インサイド アウトの ゴルフ スイング

このページのコンテンツ
• はじめに
• 肩のラインとグリップの位置関係
• 体の前のスペース
• スイング軌道とフェースの向き
• 飛ばせる ゴルフ スイング
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


多くの ゴルファーが必要と感じていることの一つに スライスしないボールの打ち方を身につけることがある。スライスする原因は (i) インパクトで フェースが開いてしまうこと、そして、(ii) スイング軌道が アウトサイド インのカット軌道になることで それらを直す必要がある。

肩のラインとグリップの位置関係


トップ・ビュー理想のゴルフ スイングは 良く インサイド ストレート イン のスイング軌道だなどと言われるが、アウトサイド インのカット軌道を修正するには その真逆のインサイド アウトのスイング軌道で インパクト時に フェースが スイング軌道に対して開かないボールの打ち方を習得するのが良いと言われている。スイング軌道を インサイド アウトにするためには まず グリップの軌道を 図 - 1 のようにする必要がある。このようなグリップ軌道にするための最大のポイントは トップにおける 上半身(肩のライン)とグリップの位置関係だ。

多くのアマチュア ゴルファー、特に、スライサーのグリップの位置は 左腕とクラブをインサイドに(上半身に対して左肘が 体に くっ付くような方向に)引くから、体は 回転しないし、グリップの位置は トップで より右耳の近くに来る スイングになる。そのような位置にグリップがあり 肩が十分に回転していなければ、インパクトで ボールを打とうとするプロセスで 肩は 腕が落ちる前にターンせざるを得ず、インパクトでは 肩のラインがオープンになって 必然的に アウトサイド インのスイング軌道でボールを打たざるを得ない。

体の前のスペース


正しいグリップの位置一方、左腕を 左肩の付け根から 図 - 2 のように 若干 インサイドにはなるが、ほぼ真上に上げるように振れば、グリップ (G) と肩のラインの位置関係は フォワード スイングで グリップを 図 - 1 のグリップ軌道のように振るのに都合の良い形が出来上がる。体を確り回転させ、腕の振り方を このようにすれば フォワード スイングで 右肘 (e) が通るスペースを十分に確保できるので 体の回転は 驚くほど 楽に なるし、腕を縦に振り易い形が出来上がるだろう。腕の動きに合わせて 体を回転させるバック スイングではなく、体を回転させて 腕を フォワード スイングがし易い位置に上げて行く と言う感覚で 図のような トップの作り方を 研究して欲しい。

左腕を高く振り上げれば グリップの位置は より頭の真上に近い所まで行くことになるが、体の柔らかい人は そこまで上げても良いだろう。但し、左腕は それを素直に落とせば 図 - 1 の望ましいグリップ軌道を動くポジションを 常に動くようにすべきで、無理に高く上げてバランスが悪くなるようでは 問題だ。また、バック スイングを コンパクトにするのなら 体の回転を抑えるのではなく、トップでのグリップの高さを応分に低くすべきである。このトップの形からは フォワード スイングで 左腕をスムースに落として行けば 図 - 1 のグリップ軌道のスイングが無理なく出来るが、それは 肩のラインを インパクトで スクウェアにしても 右肘 (e) が 体の前をスムースに通過するのに十分なスペースがあるからである。

スイング軌道とフェースの向き


スイング軌道とフェースの向きスイング軌道が インサイド アウトであれば フェースは スイング軌道に対して クロースドであっても ターゲット ラインに対しては 右図のように スクウェアになる。こうしたスイング軌道とフェースの向きの組み合わせになれば 間違いなく ドロー系のボールになるが、場合によっては、曲がりの大きな フックボールになるかも知れない。軽いドローボールを打つのに 好ましい スイング軌道とフェースの向きの組み合わせは ターゲット ラインに対して フェースは 少しオープンだが、スイング軌道に対しては クローズドである。

次に、フォロースルーでのグリップの動きは それまでの軌道を大きく変えることなく、腕を前方上に時計の振り子のように 動かした方が 意識して 左横に インサイドに振るよりも、フェース面やスイング軌道の動きを安定したものにし易いはずだ。従って、インサイド インを意識して腕を振るより、メカニズム的に シンプルな インサイド アウト もしくは インサイド ストレートの意識で クラブを振ることが オススメである。それでも、フィニッシュまでには グリップも スイング軌道も 自然とインサイドに入っていくだろう。つまり、インパクト後 直ぐに インサイドに腕やクラブを入れるように意識して動くのではなく、インパクト後も 暫くは フェースがターゲットの方を向き続けるよう、インサイドから アウトサイドに抜けるような感覚のスイングをする方が 無理のないスイングになると言えよう。

飛ばせる ゴルフ スイング


ところで、ボールの先に スイング軌道の最下点がある必要のない ドライバーでは インサイド アウトのイメージで 頭を残して スイング軌道の最下点をボールの手前にして、少し アッパーブローに ボールが打てれば 飛距離が伸びるのである。最新の測定機器(Trackman)を使った検証実験によれば ドライバーの飛距離は アッパー ブローに打つことで 概ね 15ヤードから 25ヤードは伸びるそうだ。以下は 異なるスイング スピード下のそうした スイング パターンの違いと 飛距離(キャリー + ラン)の関係を調べたデータの抜粋である。

(mph = mile per hour; mps = meter per second)
スイング・スピード 5° ダウンブロー レベル(0°) 5° アッパーブロー
75 mph (33.5 mps) 178 yds 191 yds 199 yds
95 mph (42.5 mps) 226 yds 240 yds 250 yds
105 mph (46.9 mps) 269 yds 285 yds 296 yds
120 mph (53.6 mps) 315 yds 330 yds 343 yds
(Source: Optimal Club Delivery for All Golfers. Frederick Tuxen)

因みに、アメリカのデータだが ドライバー ショットに限ってみると 女子のツアープロは 平均で 3° アッパーブローに、また。男子は 1° ダウンブローに打っていると言うことだ。然程 スイング スピードの早くない女子プロが 飛ばせる理由は ミート率が良いことにもあろうが このアッパーブローのスイングにも 起因するのである。

一方、男子は アッパーブローに打って飛ばす選手も居るが 平均的には 少し ダウンブローに打っているようで 方向性を より重視した結果のように思える。つまり、仮説ではあるが 方向性を重視するのであれば 多少 ダウンブローに フェード ボール、距離を重視するのであれば アッパーブローに ドロー ボールを打てば 良いと言うことになる。但し、アッパーブローに フェードボール、また、ダウンブローに ドローボールが打てない訳ではないので その点は 間違いのないよう。

いずれにしても、スライスしないボールの打ち方を身につけたいと思っている人は 上述の上半身の回転と腕の振り方を じっくり研究して下さい。インサイド アウトのスイングが身につけば スライサーだった人は 当然 飛距離が 大幅に伸びるだろう。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP