低価格の レーザー式距離測定器

Introduction
2019年のルール改定後は GPS 式、レーザー式に拘わらず コースの高低差に係わる情報を取得しないことを条件に 公式競技でも 距離測定器が使用できるようになる。そうした中、ピンなど ターゲットまでの正確な距離を知るという機能に優れる レーザー式の距離測定器は 競技 ゴルフをする者にとっては 必需品になるだろうが 高価なものばかりが 目立つ。そこで ここでは 一万円前後で買える 低価格の レーザー距離計の選択肢を紹介し、そうした製品を購入する時の 注意点ついて 解説する

レーザー式 距離測定器の選択肢


レーザー式 距離測定器には ゴルフで 使用することを大前提に製造されている 右の写真のような 高級専用モデルと ゴルフにも使える的な 低価格の汎用モデルとがある。高級な ゴルフ専用モデルが 好ましいのは 言うまでもないが、汎用モデルの多くは 一万円前後と 低価格なものが多く ゴルフで 使用することを 十分配慮した製品の中には 魅力的なものも少なからずある。高級専用 モデルは その殆どが ピンのような 細い棒が ターゲットでも それに照準を合わせて 素早く 距離を計測するのに便利な 手振れ対応機能が付いているのが特徴だが 価格が高いのが難点。一時は 比較的 リーズナブルな価格帯の ニコンのような 一流メーカーの ゴルフ専用モデルの選択肢も増えたが、競技で距離計が使えるようになる今になって そうした選択肢が 逆に 少なくなりつつあるように思える。手振れは 個人差があり それが大きい人にとっては 手振れ対応機能のないモデルを使うのは ストレスになるかも知れないが、それが少ない人は その機能のない 低価格な 汎用モデルで 十分と感じる人も 少なからず居る訳だから 高いからという理由だけで レーザー式 距離測定器の購入を断念している人は そうしたモデルを買うことを考えてみることも 一案であろう。

低価格モデルの性能と選択肢


一万円前後で買える
低価格 モデル
Huepar レーザー距離計
Pinty レンジファインダー
SW-600A
Posma GF300
フラグポールアイコン
LERVING ゴルフ距離計
レーザー式 距離測定器は 光学機器だから 低価格と言っても 安いものではない。右の写真は 一万円前後で買える製品のサンプルだが 販売店が投げ売り的な形で売る商品を除けば 所謂 最も コンペティティブな価格である。どの製品も 写真をクリックで その詳細をチェック出来るので 興味のある方は 参考にして下さい。一方、これらの低価格な製品でも 測定可能距離 5m ~ 600m、望遠倍率 6 ~ 7 倍、測定距離誤差 ±1m 以下、測定単位 Meter & Yard 程度の機能と性能を持つものが中心で、さらに、高低差情報を提供してくれるものも多く ある意味 ゴルフで使用するのに 十分な機能を有するのが 一般的だが グリーン上の ピンをターゲットにして 距離を Yard で 測定したい ゴルフでの使用において 難点があるのも 事実である。ある低価格モデルを購入した人が投稿した 商品レビューのコメントが 大変 参考になるので ここで それを紹介しよう。

「100y 以下のアプローチで重宝。150y 以上では 手ブレで 測定困難。|ゴルフ場では 旗程度では なかなか測定が 難しいでした。ロックオン機能がないと駄目かもです! 自宅で 早速 チェックしましたが、6Y の距離で 何度測っても 同じ数値でした。ちょっと遠い部分でも 再現性 ありました。高低差なども きちんと表示してくれています。ちょっと残念なのは 20 秒後に 自動オフし、再度オンしたときには M (メートル) 表示になってしまいます。ゴルフ使用では いちいち Y (ヤード) にしないといけないのが手間ですね。なお、取説に記載の通り、電源投入後、M (メートル) 表示の時 モードボタンの長押しで Y (ヤード) 表示になりました。数秒が 勿体ないときは M 表示のまま 暗算で 1.1 倍するしかないですね。ほとんどの購入者は ゴルフ用?だと思いますので、デフォルトは Y (ヤード) もしくは 電源オフ後は 前回の設定になっていて ほしいですね。」

以上の様に グリーン上の ピンをターゲットにして 距離を Yard で 測定したい ゴルフで サクサク使える 高級モデルとは 使い勝手において 明らかな 違いがある。そうでなければ 高級モデルの存在意義がなくなる訳で そんな違いをどう評価するか そして それでも低価格モデルを購入する場合は そうした難点が ミニマムのモデルを その使い方も考えた上で どのように選択するかが ポイントになる。グリーンまでの距離は グリーン上に居る人までの距離を計測しても 出来るから そうしたケースは ヤード杭や ピンシートの情報と そうした使用方法で ある程度 対応可能であることに加え、200 Yard 前後のショットで ピンまでの距離を 正確に 知る必要性は 一般のゴルファーにとって 然程 高くないのも事実である。一方、中級以上の ゴルファーにとって 150 Yard 以下の距離のショット、特に、100 Yard 以下の距離を 正確に知りたいと言うニーズは 高いにも拘らず ヤード杭や GPS の距離計では 十分な精度の情報が得られないことを勘案すれば 低価格の レーザー式 距離測定器の利用価値は 150 ヤード以上の距離測定に難があっても 存外 高い と言う評価の下に 低価格モデルを購入するという選択肢も 悪くはないはずだ

その他の選択肢と注意点

型落ち モデル
Nikon COOLSHOT 20
Nikon COOLSHOT 40
高級モデルは 5 万円前後、モデルによっては それ以上の価格で販売されている一方で 低価格モデルは 上述のように 一万円程度で購入できる訳だから 価格において 極めて 大きな違いがある。他方、右の写真のような 手振れ対応機能の付いた 中級モデルを購入すると言う選択肢もあるが、そうしたモデルの新型は 何故か 市場に投入されてこない。性能的には 低価格モデルより 優れているが 価格的には 所謂 型落ち と言うこともあり 1.5 ~ 2.5 万円程度と 両者のちょうど中間で ある意味 魅力的な商品である。しかし、在庫がなくなれば、当然ながら、そうした商品を購入することは 出来なくなるので、興味があるのであれば 早めに 購入した方が良いだろう。なお、競技で使用することを考えているのであれば、高低差の情報は 表示されないモデルか、モードの切り替えで 間違いなく その機能を使用しないことが確認できるようなモデルを選ぶべきである。また、商品に付いてくる 持ち運びに便利な キャリー ポーチ の使い勝手(別売りで 良いものがあれば それでも可)なども チェックした方が良かろう。


はてなブックマークに追加
Copyright © 2004-2018 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP