ゴルフ豆辞典 メニュ メニュー

ゴルフ場での事故

事故による怪我ゴルフ場で起きる事故には様々なタイプのものがある。しかし、楽しいはずのゴルフも そうした事故がひとたび起きれば 一転してしまう。大きな事故には ゴルフカートによる事故やゴルフボールが人に当たる事故があるが、その他にも、素振りの時に ゴルフクラブで人に怪我をさせたり、転倒、転落で捻挫、骨折、擦り傷、また、スイングをした時に ぎっくり腰になるなどの事故もある。さらに、貴重品、ゴルフクラブなどの 所謂 盗難事故も。また、これを事故と呼ぶか否かは定かでないが、ゴルフ場で心筋梗塞、心不全、脳卒中などで倒れ、場合によっては、突然死というようなケースもある。

ゴルフ中の事故については その状況を良く把握できる統計データが見当たらず、古いデータになってしまうが、2001年、西日本 158ヶ所のゴルフ場で発生した事故というデータを見ると怪我の総数が 466件で、その内訳は ボールやクラブによるものが 235件、カートが 119件、転倒・転落が 112件で、加えて、急病が 47件(内 26人が 突然死)というデータがある。全国には 2,000以上のゴルフ場があるから 単純に計算すれば 怪我の総数は毎年 6,000件以上に上ると推定される。

一方、近年はセルフプレーが主流になっており、カート使用率の上昇、キャディー使用率の低下などがあるから 事故率は 増加傾向にあると推測される。また、日本のゴルフ場の多くは 山岳部に作られた丘陵コースで そこには急峻なダウンヒルの急カーブがあることも珍しくない。カートパスの上を ゆっくり自動走行するコースでは良いが 自分でアクセルとブレーキを操作して運転するゴルフ場の場合は 操縦性能に優れた車のような運転は 絶対に避けるべきだ。

因みに、近年、アメリカでは ゴルフカートによる怪我が年間に 13,000件も起きていると言う。ゴルフカートの事故やゴルフボールに当たる事故は 死亡事故や取り返しの付かない怪我に繋がることもあるから 十分に 注意する必要がある。

事故は 不注意によることが多いが ゴルフカートでの事故は クラブを片手で持っていた為の運転ミス、カーブでスピードが落とせずに大事故になったケース、また、カート上でスコアをつけていて振り落とされる事故もある。中には ハーフの休憩時にお酒を飲み、かなりの酒気帯び状態でカートを運転したりする人も居るだろうが、それが事故の原因になっていることもある。自動車同様、お酒を飲んだら(特に、その量が多めな時は)カートの運転は 差し控えるようにすることだ。

豆介の豆知識
交通事故は 全国で多数発生するが その死者数は 1970年の 16,765人(46人/日)をピークに年々低下し、2012年には 4,411人(12人/日)、2019年には 3,125人(9人/日 以下)にまで減少した。これには自動車の性能の向上や道路など インフラの整備が大きく寄与していると思われるが 一方で 厳しい酒飲み、酒気帯び運転への規制による効果もあると思われる。他方、世界における お酒と車の運転に対する考え方は 日本に比べ緩やかなものが圧倒的に多く、血中のアルコール濃度が一定水準以下の運転は法的に許される国が多い。具体的には、アルコールの血中濃度で 0.02% 〜 0.08%(0.05% が最も一般的)をその上限としている国が多く、缶ビールであれば 1 〜 2本、ワインでもグラス 1杯 程度は問題ないとしているのが現状だ。 参考|日本は 自動車の制限速度においても 時速 40km、50km の道路が多く、諸外国に比べ 極めて 安全重視の傾向にある。お酒のない 車がゆっくり走る社会が安全なのは言うまでもないが、一方で 成熟した大人の社会がどうあるべきかについては もう一度 良く考えてみる余地があるようにも思える。そんなことを言うと 日本では 顰蹙を買い兼ねないが ... ?

ゴルフ場の事故だけに限ったことではないが、事故には訴訟が付き物である。中でも、人にゴルフボールを当ててしまった場合は 被害者として訴えられるケースもある。そうした訴訟での判決では ゴルファーは自分の技量に応じ、打球が飛ぶ可能性のある範囲の安全を十分に確認する義務があるというのが基本的な考え方だ。そして、それを怠った場合は 過失責任が生じることになる。従って、そうした場合は 賠償金の支払いが命ぜられるのが 一般的である。前の組のプレーが遅いからといって 打ち込む可能性のあるタイミングでティーショットをするのは 絶対に避けるべきだ。

ホールインワン(という事故 ?)用に ゴルフ保険をかけている人も居ると思うが、ゴルフ保険の最大の価値は むしろ 過失責任やゴルフ用具の盗難、損傷に対する費用をカバーしてくれるところにあると言える。いずれにしても、ゴルフ場での事故は 交通事故ほど多くないと思っている人も少なくないだろうが、それが起きる確率は どちらとも言えないものである。ゴルフをすることのリスクと想定されるライアビリティについては 十分認識し 保険等でカバーすることをオススメしたい。以下は そんな(日常生活保険付きの)ゴルファー保険のサンプルなので 参考にして下さい。

ゴルフ用品|Online Shops
Copyright © 2004-2021 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP