コンテンツ目次

ゴルフと ビジネス|出世や成功に ゴルフは 役立つか

登山家 何故 ゴルフをするのか。そんなことを真面目に考えて見たことがあるだろうか。有名な登山家、ジョージ・マロリー (George Mallory) が 何故エベレストに登るのか (Why do you climb Mt. Everest?) と聞かれて そこに山があるから (Because it is there) と答えたのは 有名な お話だ。

一昔前のアメリカの話になるが「何故 ゴルフをするのか」の答えに関連する面白い記事が 米フォーチュン誌のネット版に掲載されていたので ここで ご紹介しよう。ある女性読者から ライターに寄せられた「昇進するために 私は ゴルフをしなければならないでしょうか?」という質問に対しての回答である。それによれば 最もパワフルな ビジネスと昇進のためのツールの一つが ゴルフ (one of the most powerful business and career-development tools) だと言う。ゴルフをするキャリア ウーマンに対するサーベイの結果で これもアメリカの話だが ゴルフが 今の自分の出世や成功に貢献しているかとの質問に Yes と答えた女性は 極めて 多かった。大手 コンサルティング会社 KPMG マーケティング部門の トップだった女性 Hilary Bruggen という人が キャリアやビジネス ディベロップメントのツールとして身に付けておきたい ゴルフの基本とマナーを教えるサービスを提供する会社を 前職を辞して設立したそうだ。 (www.strelmark.com) また、イギリスの London Business School では プロ ゴルファーで 2014年 ライダーカップ 欧州チーム キャプテンだった Paul McGinley 氏に MBA の学生に リーダーシップに係わる講義を依頼しているという話もある。日本と欧米のビジネス環境や 文化に差は あるものの 面白い話だ。



ゴルフ外交
日本において ゴルフが 最もパワフルな ビジネスと昇進のためのツールになるかどうかは 疑問も残るところだが ゴルフが ビジネスに役立つことは 多くの人が認めていることだ。最近の話では 政権について間もない トランプ大統領を訪ねた安倍首相が 米フロリダ州 パームビーチで トランプ大統領と 一緒に プレーをし、その後 日本を訪れた 同大統領が 東京オリンピックの会場となる霞が関カンツリークラブで プレーをするという 所謂「ゴルフ外交」が展開された。この二人の間で ゴルフが どんな役割を果たしているかは トランプ大統領と 安倍首相だけが 知る処であろうが その良好な関係の構築に 一定の役割を果たしているのは 間違いないことのようだ。

そして もう一つ 間違いのないことに ゴルフが ビジネスのパートナーや上司、部下などの性格を知る上で 非常に 役立つと言う事実がある。マナーが悪く、ルールを守らない人、それ以前に そうしたこと学ぼうともしない人も居ようが、そんな人達と ビジネスをして 成功するとは思えない。また、相手の立場や気持ちへの配慮が出きる人、出来ない人が居るが そんなことも ゴルフを一緒にすれば 大体分かる。さらに、プレー中やプレー後の言い訳と愚痴。誰でも 失敗や不運なこと そして 悪い結果には 遭遇するもので そんな時は ネガティブな人間性が出易いものだが、好感が持てる ポジティブな態度を見せられる人なら 一緒に ビジネスをしてみようかとも思うものだ。

いずれにしても、時々練習場でボールを打ったり ゴルフ場に行って ラウンドするだけでは なかなか上達しないのが ゴルフである。ビジネスでも ただ会社に行って 与えられた仕事を消化するだけでは 面白くないはずだし、その成果も大きなものは 期待出来まい。ゴルフが楽しいと感じる大きな理由の一つは 上達するプロセスにあるが 仕事も同じで そこには 何らかの工夫が必要だ。ゴルフを漠然と楽しめば良いと考えている人 また ラウンドをしたら ただ良いスコアを出すことばかり考えている人、何に どのくらい拘るかは 人 それぞれだと思うが漠然とゴルフをするだけでは 勿論のこと、スコアのことだけを考えてプレーをしても なかなか上達できないし、本当のゴルフの楽しさを味わうことは 出来ないはずだ。ゴルフの内容 即ち 自分のショット セレクションと エクセキューション (execution) に拘ってこそ ゴルフは 面白くなるし 上達も 望めるようになる。どんなクラブを使って どのようにショットを打てば 良いかを考えて そのイメージした ショットが 打てるように 最大限集中し 全力を尽くすこと。それこそが ゴルフの醍醐味である。

そして、そうしたことを ラウンド中に 常にやっていれば ラウンド後の反省も違ってくる。ラウンドが終わって 多くの人は その日の自分のゴルフを振り返ることと思うが、例えば、OB したホールや スリーパットのホール また バーディーがあれば そうしたホールのショットなど、失敗した場面と 成功した場面を思い出す。しかし、そこで ただ OB がなければとか、スリーパットをしなければといった タラレバの反省をしても ほとんど何の役にも立たない。何故、自分は そのショット セレクションをし どんなエクセキューション上の問題があったのかを考えるべきで そうした反省をしていれば 練習場で どんな練習をすべきかも 自ずと分かってくるし その内容も 変わってくると言うものだ。

実は ゴルフと ビジネスには 極めて類似する側面がある。ゲーム プランを立て 一つ一つのプレー 即ち ショット セレクションを考え その一打に 集中し ショットをする。エクセキューションに 全力を尽くす。さらに、その結果をフィードバックし 上達のために また 成功のために何が必要なのかを考える。そして 再び 新たなゲーム プランを立て 挑戦していく。無論 ただ 良いスコアや結果を出すことだけを望んでも 上手くは 行かないものだ。本来、ゴルフも ビジネスも自分の持てる能力や技を 如何に駆使して 結果につなげることが出来るのか ということに挑戦すべきものだから、そうした努力や工夫をして始めて(仮に 結果が 芳しくなくとも)ある意味、納得の行く ラウンドが出来るし 商売も出来るのだろう。 より良いショットをするために 自分は 何をすべきかを考えるプロセスと 一打一打への思い入れ、そして、そうした中でも 相手の立場や気持ちへの配慮ができる人間性が肝要。ゴルフを 出世や ビジネスの成功に役立てようと考えて ゴルフをすることが何を意味するかは 何とも言えないが ゴルフでも ビジネスでも 本当に大切なものが何かを見失わないよう 日々の努力と工夫をして行きたいものである。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP