最初のゴルフセット|初心者へのオススメ

Introduction

ゴルフを始めたいが どんなクラブを買えば良いのか? 良くある質問である。ゴルフクラブには 男性用、女性用、ジュニア用などの分類があるが 一方で 上級者用、中級者用、初心者用という概念もある。それは 個々の技術 レベルに合った スペック (仕様) の クラブがあると言う考え方に基づくものである。そうした中、ゴルフを始める時には 初心者用のクラブを買えば良い と考える人が少なからず居るだろうが、実は 必ずしも そうとは言えない。ここでは 初心者用クラブが どんなもので どんなことに 注意して クラブを選ぶべきかについて 少し詳しく 説明する。

初心者用 ゴルフクラブ?

ところで 初心者用のクラブって 一体 どんなもの。一般的には クラブヘッド (ボールを打つ部分) が 大き目で ボールに 当て易く、ミスを クラブが 最小限に カバーしてくれる クラブなどと説明される。何割かの人は そのような説明をされれば それが良さそう と考えるだろうが 中には 将来の上達を見越して その時点で より使い勝手の良いクラブを買いたいと考える人も居るだろう。どちらの考え方が 妥当なのだろうか。ゴルフの練習をし、ゴルフ場に何回か行ってみると 大多数の人は どんなクラブが自分に 向いているのかと言うことを感じたり、考えたりするようになる。しかし、それまでに どんなクラブを使ったかによって その感じ方や 考え方は 大きく左右される可能性がある。例えば、初心者用と言われる ゴルフセットを買って ゴルフを始めた人と 上手な人に その人の古いセットを譲ってもらって ゴルフを始めた人。そして、その時点で 初心者用のセットで ゴルフを初めて良かったと感じる人、一方、古い上級者用のセットを使った人は もっと簡単なクラブが欲しいと感じるかも知れない。そんな話を聞けば やっぱり 初心者用のセットが良いと思う人が増えるだろうが、気を付けて欲しいのは 簡単と言われるセットで 身に付く ゴルフ スイングは 往々にして 手打ちと言われる 体の大きな筋肉を有効に利用しない 打ち方になり易いと言う 落とし穴があることだ。それは 好ましくない打ち方でも ある程度 ボールを上手く打てるクラブが 初心者用のクラブであることが (そうでないクラブもあろうが) 多いからである。

ここで 初心者用と言われるクラブの特徴を 所謂 標準的なクラブと比較しながら もう少し 詳しく説明しよう。初心者用は 軽量で アイアンであれば ソールの厚い低重心、グースネック、そして、大き目なヘッドが主流である。軽量は 手打ち、そして、ソールの厚い低重心は 払い打ちを助長する可能性の高いものである。また、グースネックは 手打ちでも 球を捕まえ易くするデザインの一つであり、大き目なヘッドは 打ち損じのダメージを ミニマムにしてくれる 利点がある。ただし、ミスが出難くなるデザインとは 言い難い。100ヤード 飛ばそうと思って ミスったショットが 40ヤードしか飛ばないのと 50ヤード飛ぶので どれだけの違いがあるのか。その利点に 意味がないとは言えないが その価値については 他の側面も含めて 総合的に判断して欲しい のである。

初めてのクラブ - 選択のポイント

どんな考え方に基づいて どの位のお金を クラブに投資すれば良いのか。実は、その答えは 人 それぞれと言うことで 一つではない。しかし、知識も 経験もないのであれば 特定のブランドや モデルに拘らないことで まずは 自分の体力に合った 標準的なクラブの中から 割安に買えるものを選ぶことを オススメ したい。それが 9 割方の人にとっては 良いアドバイスになると思う。2 ~ 3 ヶ月後に どの様に感じるかと言うこともあるが もう少し長い期間 例えば 1 ~ 2 年後に 後悔しない買い物を意識して欲しい。場合によっては、そのセットを 10年以上使うことになるかも知れないが 2 ~ 3 年後に どんなクラブが自分に適しているのかを判断する知識と経験が付いて 少し値の張るセットに買い替えたとしても それまで使ったクラブは 良かったと思える買い物をすべきだろう。繰り返しになるが、最初のセットを買い揃える時に、第一に考えるべきことは 自分の体力に合ったクラブを ゲットすべきと言うこと。最近は 軽量のクラブが 比較的 多くなっているが 体力に自信のある人は 特に そうしたクラブは 避ける。ただ、あまり重い ハード ヒッター用のクラブなども 避けた方が無難で そうした意味で 標準的なクラブという言い方をした訳だ。そうした観点から ブリヂストン TOURSTAGE V6000 クラブ 11本 セット (右上写真参照) は これから ゴルフを始めようと言う 一般成人男性向けのセットとしては 標準的なクラブで オススメだ。実際の商品 詳細は こちら。

ゴルフ道具を揃えるための予算

前述のような ¥79,800 で揃うセットの購入でも 偶々 自分のニーズに ピッタリな商品があれば良いが、それがない場合は バラバラにクラブを購入してセットにする必要がある。そうした場合、最近は 中古のクラブの選択肢も広いので そうしたものでも良いし、新品のセール品にも 一定品質以上の中古クラブ並みの予算で買えるものもあるので どちらの選択をしても良いだろう。いずれにしても、取り敢えずは 10 ~ 12本程度のセット (14 本が許される最大本数) で スタートすることを考えてみよう。そうした観点から 2018/4/16 現在 成人男性が 一定の品質を確保した新品のクラブを 出費を出来るだけ抑える形で 揃えると仮定して GDO (ゴルフ ダイジェスト オンライン) で リサーチをしてみたが 以下のような クラブが オススメになる。(各商品の詳細は 以下のリンクをクリックで。)

• ドライバー: 本間 TW727 455 VIZARD YC65 税込 ¥17,107
• スプーン (3W - 14°)): ロイヤルコレクション SFD X7 ATTAS RC W50 税込 ¥14,800
• ユーティリティ (4U): ロイヤルコレクション 506V RC 95HB 税込 ¥9,800
• アイアン (6I ~ PW ): 5 本 セット ロイヤルコレクション SFD X7 税込 ¥26,784

一方、ウェッジ は 50° / 56° のクラブを それぞれ ¥10,000 以下、パターを ¥10,000 前後を目安に 物色したが その予算内では あまり 魅力的なものが 見つからなかった。しかし、セールを上手く利用すれば そうした予算でも 比較的 良いものが見つかる可能性は 高いので 場合によっては 少し時間をかけて クラブを買い揃えて行くのも 一案であろう。また、全部新品ではなく 中古クラブを 適宜 入れることで 予算を抑えつつも 品質を確保するというアプローチもある。ところで、上述のクラブ 8 本の総額が ¥68,491 になるから 11本では プラス 3 万円位で 総額 10万円程になり、さらに、キャディーバッグ (¥10,000) と ゴルフ シューズ、その他 ラウンド用品を購入すると ¥120,000 位にまでなる計算だ。前述のセットと比べると 多少 高額になるが 自分に合ったクラブを揃えるという観点からは このように バラバラに クラブを購入するアプローチの方が好ましい結果になる可能性が高いとも言えよう。勿論、中古クラブで 一定の品質を確保しながら もう少し 出費を抑えることも可能である。以上、これから ゴルフ道具を購入しようと考えている人に 参考にして欲しい ポイントと 予算のアイデアでした。

はてなブックマークに追加
Copyright © 2004-2018 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP