ゴルフ豆辞典 メニュ メニュー

アラインメント|ゴルフ教室

alignment
ゴルフのセットアップの基本は 特殊なショットのケースを除き 肩のラインをボールとターゲットを結ぶラインに対して平行になるよう 確りスクウェアに合わせることである。正しく肩のラインをターゲットの方に向けることは 多くの人が考える以上に重要なことだが それが出来ていない人は少なくない。ゴルフだけに限って使われる言葉ではないから ご存知の方も多いと思うが 方向や傾きなどを合わせるという意味の英語が align で その名詞形が アラインメント (alignment) そして ゴルフで "アラインメント" と言えば 通常は 肩のラインを中心に 構えをターゲットに合わせるという意味になる。

一方、スクウェアにボールの前に立って構えるプロセスで 多くのツアープロや上級者がやっていることは まず ボールの所に近づいて その前に立ったら 最初に ボールの後ろにクラブヘッドを置き 次に グリップをし(その順序が逆の人もいるが)そこで 肩のラインをスクウェアにし それから スタンスを取って 必要に応じて ワッグルをするなどをし流れを作り バックスイングをスタートさせる。概ね、そんな手順の中で アラインメントを行うことになる。

ターゲットを定め(心の準備をし)アドレスをしてから バックスイングに入る前までの 一連の所作は 毎回 同じように行った方が良い。その考え方で採用されるのが プリショットルーティーンの励行である。ショットの成功率を高めるために 極めて有効なものだと広く認知されていて これも 多くのツアープロや上級者がやっていることである。

パラレルレフト 他方、ショートゲームでのアラインメントにおいて 知っておいて欲しいのが パラレル・レフト (parallel left) という ゴルフ用語と その概念だ。ショットの時のアラインメントで 肩のラインを ボールとターゲットを結ぶラインに対して平行にするには 肩のラインをターゲットに向けるのではなく 右利きの場合 その少し左(30cm 程度)を指すようにする必要があると言うこと。(イラスト参照)ショートゲーム、特に、パットやチップショットのような距離の短いショットでは大切な概念だ。ただし、ドライバーやフェアウェーウッドで打つような 距離のあるショットでは 30cm程度のズレは無視しても良いものなので 上述のパラレル・レフトの概念は その必要性が殆どなくなる。

いずれにしても、肩のラインがボールとターゲットを結ぶラインと平行になるよう 確り合わせることは ショットの方向性を良くするという観点から 極めて重要なことで、それが 常に出来るようになるまで 友人にチェックしてもらうなり、ビデオでチェックするなりして 練習で何度もチェックをして欲しいことだ。自分では 肩のラインを真っ直ぐに合わせているつもりでも 肩が 左や右を向いてしまう傾向があったりするのは むしろ 普通だからである。

現実と自分の感覚 (perception) との間に乖離があれば 真っ直ぐにアラインメントすることは 難しくなる訳で、まずは 自分に その乖離があるかないかを知る必要がある。乖離があれば その乖離がなくなり 正しいアラインメントが何時も出来るようになるまで ショートゲーム、ロングゲーム、両方のショットのセットアップの訓練をする必要がある。

正しくアラインメントが出来るようになったら 次は ターゲットと肩のラインを強く意識して 自分の方向性が良くなるように 繰り返し 練習することである。そうすることによって、ショットの方向性が改善される可能性は高くなるだろう。大切なことは 肩のラインを強く意識して練習するということである。ただし、方向性ばかり意識した結果、他のことがお粗末になってボールをソリッドにヒット出来なくなってしまったのでは 何もならないから その辺りのバランスを取りながら 練習する工夫が必要なことは 言うまでもない。

また、どのようなショットをするにせよ、絶対に避けたいパターンは 正しいアラインメントが出来ていないという意識の下にショットをしてしまうことである。例えば、少し左を向いているな という意識を持ちながら それを ショットの時に(少し右に打つように)調整すれば良いという考え方である。そんなことをする必要性は セットアップをし直せば良いのだから 全くないし、それが良い結果をもたらすはずがないは誰の目にも明白なはずだ。

加えて、確りアラインメント出来ているかどうか自信を持てない時に、そうした心理状態のままショットをしてしまうようなことも避けるべきだ。それでは ミスショットの原因を解消しないまま ショットに臨んでいるのと同じだから やはり 問題である。そのような時も、仕切り直して、アラインメントを 確認してから ショットをすべきであろう。

以上のことからも分かるように、ショットの方向性は アラインメントで決まると言っても過言ではない。練習でも、本番でも、常に 細心の注意を払ってすべきことだから その意識をプリショットルーティーンのプロセスの中に取り込んでおくようにすると良いだろう。アラインメントに気を配り、繰り返し 繰り返し 練習して 肩のラインの意識が、自然と体を コントロールして方向性が定まるようになるまで 根気良く練習して下さい。

Copyright © 2004-2020 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP