コンテンツ目次


ゴルフの歴史: ゴルフ クラブの進化

昔のゴルフクラブゴルフの普及はガッタ(パルチャー)ボールが発明されてから急速に進んだようだが、クラブのデザインもボールの進化に大きく影響されたようだ。ガッタボールは 皮のボールに比べて硬いこともあって、その出現によって 鉄製のクラブが使えるようになった訳である。昔は ウッドが中心のセットの構成であったが(例えば、ウッド 7本 とアイアン 3本、そしてパターというセットの構成)、ボールの変化がゴルフをターフを取って打てるアイアンを多く使うゲームに大きく変えて行ったのである。

ゴルフボールの表面のメッシュやクラブフェースの中央が高くなった(ギア効果 を生む)形状などは、19世紀に思わぬことから発見された知恵だと言われている。

ゴルフ道具進化の歴史
1848年 ガッタ パルチャー ボール (別称 Guttie)
1901年 ゴム製糸巻きボール(Haskell rubber-core ball)
1912年 スチール シャフト
1928年 サンドウェッジ
1963年 ゴム製グリップ (Golf Pride)
1967年 ツーピース ボール
1968年 キャビティーバック 鋳造アイアン(Ping)
1979年 メタルウッド(Taylor Made)
1991年 オーバーサイズ ドライバー(Callaway Big Bertha)
1995年 チタン ドライバー(Taylor Made Burner / Callaway Big Bertha)
1996年 多層構造ボール(Top-Flite)
1999年 ハイブリッド ユーティリティ クラブ(Taylor Made Rescue)
2000年 ウレタンカバー スリーピース ボール(Titleist Pro V1)

ゴルフクラブは 近年 大変な進化を遂げ、80年代後半までは ツアープロでもパーシモンのウッドをも使っていたものが 現在では 大きなチタン製ヘッドに(カーボン)グラファイト・シャフト装着という仕様に完全に変わっている。

ゴム製糸巻きボールの普及後は アイアンがさらに進化し 近年のアイアン中心のセット構成になった訳だが、最近は フェアウェイウッドやユーティリティ・クラブが多用されるようになり ロング・アイアンを持たない人の割合が多くなるなど セットの構成も また 少し変わってきた。

また、ウレタン・カバーの多層構造ボールの出現とあいまってドライバーのデザインも進化した訳だが、ヘッドの大型化など、ドライバーの進化も行き着くところに行き着いた観もある。10年先のドライバーのデザインは 一体 どうなっているのだろうか?



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意