コンテンツ目次



スイング・プレーン (Swing Plane)

このページのコンテンツ
• はじめに
• スイング・プレーンとは
• 二つのスイング・プレーン
• 理想のゴルフ・スイング
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


スイング・プレーン (swing plane) とは ゴルフ・スイングのメカニズムを説明するために用いられる仮想の面 (imaginary plane) のことで 右下のイラストのようなものである。ここでは そのスイング・プレーンという概念について 詳しく解説することにしよう。

スイング・プレーンとは


スイング・プレーンベン・ホーガン (Ben Hogan) が その著書 モダン・ゴルフ (英語版: FIVE LESSONS - Modern Fundamentals of Golf) で ゴルフ・スイングの説明をするにあたり このプレーンの概念を持ち込んで 以来 仮想プレーンの上を クラブヘッドが動くように スイングするという説明が 様々な ゴルフ教本や レッスンで 度々使われるようになったが、スイング・プレーンの概念と 体の各部位の動きとの関係を良く理解することが より良いゴルフ・スイングを身に付けるためには 大変 有益なことだと言われている。» ベン・ホーガンのゴルフ・スイング

スイング・プレーンは ボールと ターゲットを結ぶ直線 (T) と 両肩を結ぶ直線 (S) を通る平面が基本であるが、アドレスでボールの前に立って構えた時に 右利きの場合は 右手が下に来るように クラブを握り 背骨は 多少 右に傾くことになる。従って、右肩が 左肩に比べて 少し下がる構えになるから 正確には 直線 (T) と 直線 (S) は 平行になる訳ではない。

一方、実際のスイングは クラブヘッドがインサイドから入って(インサイドからクラブを振れない人も 少なくないが)途中で スクウェアになり その後 インサイドに抜ける訳だから 平面上を動くのではなく 曲面上を動くことになる。近年は 弾道解析機器が進歩したことで スイング・プレーンの概念では 説明のつかないデータが 計測されるようになっているが それでも ゴルフ・スイングのメカニズムを説明する上で スイング・プレーンは 都合の良い概念なので 現在も ゴルフのレッスンでは この概念を使って様々な説明がなされている。

二つのスイング・プレーン


スイング・プレーン (2)
ゴルフのスイングは アドレスの状態から 肩を 回転軸となる背骨に対して 直角に プロペラのように 回転させることで 最も効率良く 体が回転する力を 腕を通して クラブの動きに伝えることが出来る訳だが、その肩の動きをイメージにすると 右イラストの (A) のようになる。一方、クラブヘッドが動く軌道であるスイング・プレーンは (B) になるが、図のように (A) と (B) は 前傾姿勢を 45° 前後まで 大きくしない限り 異なるプレーンになる訳だ。

しかし、実は バック・スイングと フォワード・スイングで クラブヘッドが通る軌道は 通常 異なるもので、そうした意味からは それぞれ異なった二つのスイング・プレーンが存在することになる。つまり、正しいメカニズムのスイングを考える上で基本となるのは 肩が 背骨に対して直角な位置関係になるプレーン (A) の上を 回わることだが、クラブヘッドは 基準となる スイング・プレーン (B) の上を 必ずしも 通る必要はないと考えられている。むしろ、 スイング・プレーン (B) に対して このように動いているから良いとか、悪いとか と言った具合に レファレンス的に使われることが多い。とは言え、ベン・ホーガンは このプレーン (B) が バック・スイングのスイング・プレーンとなるべきで、加えて、それよりも 少しフラットで インサイドから クラブヘッドが落ちるプレーンが フォワード・スイングのスイング・プレーンになるべきだと説明した。つまり、以下のようなイメージである。
スイング・プレーン
実際のツアー・プロのスイングを見ると (1) ベン・ホーガンの教えに近いスタイル、即ち、B/C プレーンの傾斜角の差が 比較的 小さなスタイルの打ち方か、(2) バック・スイングのプレーンが それよりも アップライトだが フォワード・スイングのプレーンは 同様に フラットで インサイド・スクウェア・インのプレーンになる、つまり、B/C プレーンの傾斜角の差が大きなスタイルの何れかである。アマチュアには 良く見られるが C が B よりもアップライトなプレーンになるプロは 皆無である。

フォワード・スイングは 腰のスライドと ターンという動きによって 始動するから 頭を動かさないようにすれば 必然的に その体の回転軸となる背骨は 上のイラストのように(青から赤へと)多少 右に傾斜する。従って、スイング・プレーンは 最低でも その分 フラットで インサイドからの軌道になる必然性がある。


理想のゴルフ・スイング


体を 回転させ 所謂 ボディーターンのパワーを 効率良く使って ボールを打つのが 理想のゴルフ・スイングの姿だが、そのために どのように 腕とクラブを振れば良いのかを考え、試行錯誤するためのガイドラインになるのが 上述のスイング・プレーンの概念である。足・腰の力も 十分に利用し、肩を回転させ、その力でボールを飛ばすことを意識すれば まず バック・スイングで 手と腕は スイング・プレーンより アップライトに 自然と体から離れるように動かさなければならず、また、フォワード・スイングでは 手、腕、クラブヘッドが ほぼ 同じプレーン上を動くことが望まれる訳だから、結果として、フォワード・スイングのスイング・プレーンは バック・スイングのプレーンより フラットなものになる理屈で 二つのプレーンを念頭に スイングする必要が生じる。

スイングをする時に、まず、最初に注意しなければならないのが 腕をどのように動かし クラブを引けば良いのかと言う ことである。テイクバックで クラブヘッドを 飛球線上に真っ直ぐ 遠くに引いた後に クラブを立てて上げて行けるように 工夫することがポイントである。クラブヘッドを すぐにインサイドに引く人は その点を変更すべきである。クラブヘッドを 真っ直ぐ 後方に 引いてから 上げる感じでも 肩がインサイドに 回転するから 相殺されるような形になり そのスイング・プレーンは ちょうど良くなることが 多いはずだ。 そうすれば、前述の手と腕が 体から少し離れる感じになり、大きなスイング・アークの上を手が動くようになり、楽に ヘッド・スピードを上げることが出来るようになるだろう。バック・スイングで 手、腕、クラブヘッドを 好ましいプレーンに乗せるには 腕を 少し ローテート 所謂 プロネートさせる必要がある。

肩が上図 A のプレーンの上を回るように動かしながらも B/C のプレーンの上にクラブヘッドを乗せるためには 腕の上げ下げと ローテーションの仕方を研究すれば良いことになる。ただし、前傾角度(45°前後)の大きなフォームの場合は(A と B/C が ほぼ同じプレーンになるから)手と腕を アップライトに 引き上げなくとも良いし プロネートさせる必要もなく、それでも クラブは スイング・プレーンに乗ることになる。つまり、前傾姿勢の程度次第で 腕の振り方も 変わってくるという考え方で その辺りのバランスについては 十分に研究する余地があるだろう。




www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意