コンテンツ目次

首都圏ゴルフ場ガイド

ゴルフ スイングには 二つのタイプがある|The Plane Truth for Golfers

このページのコンテンツ
• はじめに
• 異なる 2つのスタイル
• 2つのスタイルの対比
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


The Plane Truth for Golfers という ゴルフの教本が出版されて久しいが 一時 注目された理論で その著者であり アメリカでは トップ ゴルフ インストラクターでもある ジム・ハーディー (Jim Hardy) によれば、ゴルフ スイングには 1 プレーン スイングと 2 プレーン スイングという 2つのタイプのスイングがあると言う。どちらのスイングにも 素晴らしいゴルファーがおり どちらにすべきかという事ではないが、その 2 つのスタイルには 決定的な違いがあり、それぞれで すべきことは 根本的に 大きく異なることが多く それらが混同されると良い結果につながらないと言うことである。例えば、ベン・ホーガンのスイングは 1 プレーン スイングで、ヘイル・アーウィンのスイングは 2 プレーン スイングだと言うのだ。

異なる 2 つのスタイル


1 プレーン スイングと 2 プレーン スイングさて、1 プレーン スイングは 前傾姿勢のポスチャーで 肩の回転と腕の回転が 1 つのプレーン(面)の上を動くもの 即ち 体の回転と 腕の回転が同じ面にあって 所謂 ボディーターンのモダン スイングである。一方、2 プレーン スイングは ボールの比較的近く立ち ポスチャーでの前傾が少なく 肩は ほぼ水平に回転し、腕は アップライトで 肩とは 異なったプレーン上を回転して フィニッシュは リバース・C のフォームで高く取る 所謂 クラシック スイングである。以下は その 1 プレーン スイングの動画が 二つのスタイルの対比の説明を読む前に この動画のスイングを良く見て欲しい。


2 つのスタイルの対比


体重移動や肩、腕、腰などの役割は この 2 つのタイプのスイングでは 驚くほど異なる。下表に挙げた両タイプの特徴とやるべきことを見ると 中間のフォームでは 上手くスイングができないことも分かってこよう。自分のスイングがどちらのタイプなのか、または 近いのかを考えて 下記のチェックポイントからフォームを分析して欲しい。どこかで 間違った考え方をしていたのかも と気付く可能性があろう。

  1 プレーン スイング 2 プレーン スイング
アドレス
1. ニュートラル/ストロング・グリップ
2. 広いスタンス
3. 左足は (30°-45°) 開く
4. ボールは遠目
5. より前傾姿勢 (35°-45°)
6. 重心 50/50(左右)、少し トー(前)寄り
1. ニュートラル/ウィーク・グリップ
2. 狭いスタンス
3. 左足はスクウェアー
4. ボールは近目
5. 前傾姿勢は 少なく(10°-20°)
6. 重心 40/60(左右)で右肩下がりの構え
バック
スイング
1. 肩(プレーン上を)は フル回転
2. 腕は肩と同じプレーン、左脇を締める
3. 左腕の肘は曲げず プロネートする
4. 腰は動かさず、回転を抑え上・下半身間のテンションをつくる
5. 前傾姿勢は崩さず
6. 重心は中心か少し 左より (60/40 - 50/50)
7. クラブはインサイドに引く
8. クラブフェースは腰の位置でややクローズド
1. 腰と肩は、ほぼ同じプレーン
2. 腕は アップライトなプレーン
3. 左肘は多少曲げても良い、プロネート不要
4. 腰は肩と一緒に回転し、上半身と下半身のテンションは必要はない
5. 前傾姿勢を維持
6. 重心は右足より (40/60)
7. クラブヘッドは真っ直ぐに引く
8. クラブフェースは腰の位置で ややオープン
ダウン
スイング
1. ダウン・スイングは肩の動きが支配的な役割
2. 腕はパッシブに肩の動きに付いて動く
3. 腰は、よりも先にスタートし、トリガーの役割を果たすが、
パワーのソースではない
4. 前傾姿勢は崩さず維持すること
5. 重心は中心 または 若干左寄り
6. トップでのポーズはしない
1. 腰が並行に少し左へ動き、ダウン・スイングのトリガーに
2. 同時に腕を落として行くが、その動きが支配的な役割を果たしパワーのソースになる
3. 腰は腕の動きに合わせて回転開始
4. 肩はパッシブに腕の動きに付いて行く
5. 重心は右から左に (20%程度) 移動
6. トップでのポーズが有効
イン
パクト
1. 肩はオープン(20°-30°)
2. 左腕は伸び、右腕は リリース直前に伸びる
3. 腰は肩以上にオープン(35°-50°)
4. 前傾姿勢は崩さず
5. 重心は中心 または 若干左寄り
6. クラブフェースはスクエアー
1. 肩はスクエアーだが、多少オープンでも可
2. 腕はアドレスのポジションに
3. 腰は肩と同じで、スクエアー
4. 右腰が左腰より低くく、背骨は右に傾く
5. 前傾姿勢はアドレスと同じ
6. 重心は 60/40 で左(前足)より
7. クラブフェースはスクエアー
フォロー
スルー
1. 肩と腰の回転は フルに (個人差あり)
2. 重心は左に移動
3. 上体が起き上がり 前傾姿勢はなくなる
4. やや低めなフィニッシュ
1. 肩と腰の回転は 1 プレーンより少な目
2. 重心は左に移動
3. 上体が起き上がり 前傾姿勢はなくなる
4. 高いフィニッシュ
パワー
ソース
1. ボディーターン
2. 上・下半身のテンション
1. 腕の振り
2. 下半身も回転し、上・下半身のテンションなし
3. タイミングがクリティカル
» The Plane Truth for Golfers - 詳細に興味のある方は こちら。

最後に、この二つのタイプの ゴルフ スイングの違いについて 大雑把ではあるが 解説した(英語音声)動画があるので 併せて ご紹介しよう。


はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加
コンシェルジュコンシェルジュ
オススメ 一覧
新着・更新情報新着・更新情報
アーカイブス
ロングゲーム
オススメ・コンテンツ
正しい
右腕の使い方

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP